2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

「RNAすいすい」

2014年10月17日 (金)

RNAすいすい-S+LiCl沈殿法

RNAすいすいシリーズは、『LiCl沈殿法』と組み合わせることも可能です。

多糖類の残存が多い場合などに有効な方法です。

通常のプロトコルにある「イソプロパノール沈殿」の代わりに行うだけなので、

ステップ数が増えることもありません。

 

お客様からプロトコル送付のご依頼をいただきましたので、これを機にご紹介します。

(このときの材料は、オオムギの完熟種子です。

『RNAに多糖類が多く残存してしまう』、というお悩み相談を受け、

2011年に検討しました。)

 

【プロトコール】

まずは常法(「RNAすいすい-S」の標準プロトコル)です。

1.チューブに400μlRNAすいすい-S、4μl 2-MEを入れ氷上に置く。

2.オオムギ完熟種子2粒をアルミホイルでくるみ、ペンチでつぶして1に加える。

さらにペッスルでつぶして混合する。

3.200μl酸性フェノール、150μlクロロホルムを加えて混合、氷上15分。

4.15000rpm、10分遠心

5.上清300μlを回収

6.等量の冷イソプロパノールを加えて混合、-20℃、30分

7.15000rpm、10分遠心

8.沈殿を400μl 70%エタノールで洗浄 

9.50μlの水に溶解

次に、『LiCl沈殿法』を組み合わせる場合です。

 

1.~5.まで同じ

6.100μlの10M LiClを加え、-20℃、30分

7.15000rpm、10分遠心

8.沈殿を400μl 70%エタノールで洗浄 

9.50μlの水に溶解

 

・・・あっけないほど簡単です。

 

電気泳動するとこんな感じになりました。

1

左が通常のプロトコル、右がLiCl法を組み合わせたものです。

低分子量領域の太いバンドが消えて、

全体として泳動像がきれいになっています。

沈殿の状態も、白っぽくて大きくて溶解しにくいものから、

小さめで透明感があって溶けやすいものに変わりました。

水溶性の多糖類を、うまく除去できたようです。

 

ご参考になれば幸いです!

 

澱粉の多い植物材料からのRNA抽出がすいすいできる、

「RNAすいすい-S」の製品ご案内ページはこちらです。

http://www.rizo.co.jp/RNA-S.html

 

<蛇足>

泳動写真がなぜオレンジ色なのか?

それは、手製のゲル撮影装置で撮影したからです。

(オレンジ色のアクリル板を通してデジカメで撮影)

必要であれば、画像処理で白黒にすることも、もちろんできます。  

貧乏ラボのゲル撮影装置の作り方は、こちらの記事にて紹介しています。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/cat36785625/index.html

 

 

 

 

 

 

 

2012年7月20日 (金)

2-MEの代わりにDTTが使えます

RNAすいすい-Pをご愛用いただいているあるお客様から、

貴重な情報をいただきましたのでご紹介します。

RNAすいすい-PでのRNA抽出時に、RNase阻害剤として2-MEを使うのですが、

揮発性で臭気のある毒性物質は扱いにくい・・・ということで、

DTTが代用できないかを試してくださいました。

    

「先ほど、真菌(酵母)から抽出しました。

他のキットだと酵母用とされているものでも、高い専用酵素を必要としたり、

あまりきれいにとれなかったためスイスイ-Pを使用しています。

I液500ulに2ME 20 ulが標準ですが、これを2M DTT 10 ulに変えて抽出しました。

もちろん1M DTT 20ulでも大丈夫だと思います。

   

菌をI液で懸濁した後、1mm glass beadsで破砕し、フェノール抽出し、

遠心後にFarmingenのRNA用カラムで精製しています。

   

1 mlの菌液からRNAが

8.9 ug (DTT) 260/280 = 2.13

7.6 ug (2ME) 260/280 = 2.13

リボソームバンドもきれいに見えました。

収量の違いはサンプル量などの誤差だと思います。

  

結論としてDTTも同じように使えました

2MEの最大の問題点は数年前から毒物指定になり、管理がとても面倒な事です。

さらにサンプル数が多くなると刺激臭がきつくなるのも嫌なところです。

DTTならこれらが軽減されるはずです。」

  

ご報告くださったお客様、ありがとうございました。

さっそくリーゾでもDTTに切り替えるべく、試薬屋さんに注文しました。

念のため確認実験を行い、近日中に取説も修正したいと思います。

取り急ぎブログにて、皆様にお知らせいたします。

  

真菌からのRNA抽出にもお勧め!の、

「RNAすいすい-P」のHPはこちらです。

http://www.rizo.co.jp/RNA-P.html

  

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

2011年3月 2日 (水)

【特別企画】DNA/RNA抽出のオリジナルプロトコル作ります

研究対象となる材料から、DNAやRNAが取れなくて困っている研究者の皆様へ、

リーゾからの耳寄りなお知らせです。

 

4月で開業満2年。

すいすいシリーズのお客様のご愛顧に感謝しての特別企画、

  

DNA/RNA抽出のオリジナルプロトコル検討・作成

なんと無料で承ります!!

もうしわけありませんが、人員(=ふたり)と設備(=貧しい)の都合上、

先着10名様(10材料)限定とさせていただきます。

 

今までは、お問合せに応じて、随時対応、という形でやらせていただいていましたが(実はこれまでも無償)、

もしかして、こんなサービスがあったらぜひ頼みたい!という研究者が他にもいるのでは?

というあるお客様の声をきっかけに思いついた企画です。

 

DNAでもRNAでも構いません。

そこにあるなら、抽出してみせましょう!

いろいろとノウハウを蓄積してきたので、大概のものは何とかできるのではないかと思っております。

  

お客様にお願いするのは、材料のご提供のみです

その材料を用いてこちらで最適なバッファー組成とプロトコルを検討し、

確立したプロトコルによる実験結果等の詳細情報をお返しします。

(抽出した核酸そのもの、および材料の残りはこちらで破棄させていただきます)

 

基本的に、弊社の「すいすいシリーズ」を使っての抽出プロトコルをご提供しますが、

情報を見て気に入らなければ、お買い求めいただく必要もございません。

(「これは!」と思っていただけた場合には、お買い上げいただければうれしいです。)

必要に応じ、単品売りカラムなど他社製品との併用も検討いたします。

 

もしかしたら材料の種類によりお受けできない可能性もありますので、

(感染性のもの、非常に不安定なもの、臭気のひどいもの・・・など、弊社設備では対応できない材料)

まずはinfo@rizo.co.jpまでお問合せください。

 

ちなみにこれまでの実績としましては・・・

・エリオカリス葉(RNA)

・ヒメクグ葉・葉鞘(RNA)

・イヌホタルイ種子(RNA)

・タイヌビエ種子(RNA)

・色素米(DNA)

・オオムギ種子(RNA)

・イチゴ根(RNA)

・稲ワラ(DNA)

・アラビドプシス種子(RNA)

・金時草(DNA)

・オイルパーム木部(RNA)

・ナス科野菜の葉(DNA、フェノクロなし)

・マメ科野菜の葉(同上)

・ウリ科野菜の葉(同上)

・動物の鼻汁(DNA) 

・・・などなど、多岐にわたっております。

 

難しい材料ほど、チャレンジのし甲斐があるというものです。

(簡単なものも、もちろん歓迎です)

新たなお題を、お待ちしております!

 

 

いったい何をやってる会社なの?とお思いの方に。

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

  

 

 

2010年12月27日 (月)

すいすい+単品売りカラムでRNA抽出

以前ご紹介した、「単品売りミニカラム」のラインナップに、「RNA抽出用」が出たと聞き、

さっそくまた試供品をいただきました。

 

試したのは、「RNAすいすい-P」。

サンプルは、

「ローズマリーの葉」

「ダイコンの葉」

です。

 

プロトコルは、

①氷上で、RNAすいすい-Pにメルカプトエタノールを規定量添加したバッファーに

サンプルを加えてよくすりつぶし(ここまでは取説どおり)、

何も加えずそのまま遠心。

③上清に等量のエタノールを加えてカラムに通し、

③RNAすいすい-Pをベースに、エタノールと水を加えた自家製の「洗浄バッファー」を通して洗浄し、

④70%エタノールを通してさらに洗浄し、

⑤最後にRNase freeの水で溶出、

というものです。

(詳しいプロトコールはリーゾまでご請求ください)

 

酸性フェノール・クロロホルム抽出なしでどれだけきれいに取れるのか疑問でしたが、

泳動の結果はこちら。

Rna_2

左がローズマリーの葉、右がダイコンの葉です。

DNAの混入は全く見られません。かなりいい感じに取れました。

このほか、「ゴボウ」「ミントの葉」でも良好に抽出できることを確認しています。

 

カラムを利用する場合の利点は、

①短時間(1時間以内)でRNAが抽出できる

②フェノール・クロロホルムを使用しない

③ゲノムDNAがほとんど混入しない(電気泳動では見えないレベル)

です。

 

ポリフェノールの多い植物からRNAが取りたいけれど、

RNAすいすい-Pだとフェノクロが要るのがちょっとなあ・・・と思っていらっしゃる方、

試してみませんか?

コストは若干(180円/個)かかりますが、フェノクロよりきれいに抽出できるようです。

今ならチヨダサイエンスさんから、カラムの試供品、もらえますよ~。

(RNAすいすい-Pの試供品は、リーゾから差し上げます)

 

ご参考までに、RNA抽出用単品売りミニカラムのご案内はこちらです↓

http://www.chiyoda-s.jp/extraction-column.html#genomecolumn

(チヨダサイエンスさんのHP)

 

リーゾのHPはこちらです。

http://www.rizo.co.jp/

 

2010年11月15日 (月)

茨城県新分野開拓商品事業者認定制度

うれしいお知らせです。

 

リーゾの核酸抽出試薬

「DNAすいすい/RNAすいすい」シリーズが、

『平成22年度茨城県新分野開拓商品事業者認定制度』で認定されました!

Photo

 この制度は、

「新商品の生産により新たな事業分野の開拓を図る者(新分野開拓商品事業者)」を

県が認定する、という制度です。

 

認定されますと、どんな特典があるのか?といいますと・・・

・県との「随意契約」(一般競争入札が不要)が可能になる

・県のHP、県が主催するイベントなどで、新商品を広くPRしてもらえる

・同様の制度を持つ他の都道府県にも情報発信してもらえる

ということです。

 

県庁舎の2階の「物産展示コーナー」に、12月3日から来年2月末まで、

現物の展示もしてもらえるんですよ!

研究者はともかく、金融機関、商社、公的機関、その他一般の方への、

知名度向上に一役買ってくれるのでは・・・?と、期待しています。

 

申請にあたっては、茨城県内で完成する製品であって、新分野を開拓するものであることはもちろんですが、

「他者の特許を侵害していないか?」「会社の資金繰りは大丈夫か?」「法令遵守はOKか?」

その他もろもろ、いろいろなことを審査されました。

さらに茨城県庁まで出向いて、たった「2分」(!!)で内容を説明しなくてはなりませんでした。

(時間制限つきで話をする場合、短ければ短いほど、準備は長くかかります・・・。)

 

というわけで、結構たいへんでしたが、がんばった甲斐がありました。

 

これからも、農産物に特化した核酸抽出試薬シリーズ

「DNAすいすい/RNAすいすい」

どうぞよろしくお願いします!

 

リーゾの新HPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

2010年10月21日 (木)

RNAすいすい-F(新製品)

リーゾの核酸抽出試薬「すいすい」シリーズの新製品、

「RNAすいすい-F」のご紹介です。

Rsf

「RNAすいすい-F」は、魚の体表粘膜から簡単な操作でRNAを抽出できる試薬です。

(「DNAすいすい-F」の、RNA版です。)

 

魚の体表粘膜は、このようにして採取します。

Photo

スワブ(綿棒)で、頭から尾に向けて、体表を軽くこすります。

魚体を傷めず、簡単に採取できます。

 

操作は他のシリーズとほぼ同様、

1.チューブにバッファーを入れて氷上に準備

2.粘膜を採取した綿棒の頭を浸す(軸はカットします)

3.酸性フェノールとクロロホルムを混合

4.遠心

5.上清を回収してイソプロ沈

と、非常にシンプルです。

 

金魚の粘膜の場合、綿棒の頭1個分の粘膜から、

およそ5μgのRNAを得ることができました。

 

なお、ゲノムDNAの残存は、組成の工夫でかなり抑えることができますが、

完全に除去する必要がある場合には、DNase処理を行ってください。

 

魚類体表粘膜における遺伝子発現研究のほか、

体表に寄生する病原微生物の挙動のご研究などにも、

お使いいただけると思います。

  

魚を材料としている研究者の方、面倒なRNA抽出プロトコルをお使いではありませんか?

簡単で、値段も安い(1回あたりのコストは600円)「RNAすいすい-F」を、

ぜひお試しください。

(もちろん、粘膜だけでなく、組織からのRNA抽出にも利用できます。)

 

<製品情報>

商品名 RNAすいすい-F

Cat.No. RS-0005

内容量 21ml(50回分) 

 (10mlの99.5%エタノールを添加してからお使いください)

 酸性フェノールが簡単に作れる「酸性フェノールすいすい」20mlつき

価格 31,500円(税込)

  

5回分入りの試供品をご用意しています。

お気軽に、ご請求ください。

 

RNAすいすい-Fのご案内はこちらにもございます。

http://rizo.co.jp/RNA-F.html

  

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

2010年9月 9日 (木)

微生物のRNA抽出にも使えます!

ポリフェノールの多い植物組織向けのRNA抽出バッファー

「RNAすいすい-P」をご購入いただいたある研究者様から、

バクテリアのRNA抽出に使えた、というお知らせをいただきました!

(ご希望により、お名前は伏せさせていただきます)

  

ポリフェノールの抗菌作用のご研究の一環で、

バクテリアが死なない程度にポリフェノールを使ったときに何が起きているかを、

Real-time PCRで測定するときに、RNAすいすい-Pをお使いになったとのことです。

ポリフェノールそのものを、それなりの濃度で菌に混ぜて使うので、

普通のRNA抽出法では全くRNAが回収出来ずお困りだったとのことでした。

 

バクテリアとは・・・思ってもみなかった利用法でびっくりでしたが、

ご研究のブレークスルーのお役に立ててほんとうにうれしいです!

  

RNAすいすい-Pは、細胞の溶解作用が強いので(細胞壁の強固な植物用ですから)、

微生物の研究者の方にもお勧めです。

   

お客様に教えていただくことや、ヒントをいただくことが、

ほんとうに多いなー、と最近実感しています。

これからも、どうぞよろしくお願いします!

   

ご好評の「RNAすいすい-P」のご案内はこちらです。

http://www.rizo.co.jp/RNA-P.html

 

2010年9月 3日 (金)

「エレオカリス」からのRNA抽出に成功!

近畿大学教授の泉井桂先生より、

エレオカリス(E.vivipara)を材料にして、”RNAすいすい-P”で

良好にトータルRNA抽出を行うことができた、

とのうれしいお知らせをいただきました!

 

カヤツリグサ科のこの植物からのRNAの抽出は従来法では大変難しいのですが、

このたび生物理工学部細胞工学研究室(秋田求教授)の大学院生の原田大士朗様は、

多くの試行錯誤ののちついに”RNAすいすいーP”を用いて

良好でかつスケールアップが可能な方法を見出したとのことです。

 

この方法で、エレオカリス100㎎から、DNAの混入もRNA分解も見られない

高品質のtotalRNAが約50μg得られたそうです。

短時間で高濃度、高品質のRNAが得られ、

しかもコストパフォーマンスに優れているとの高い評価をいただくことができました。

 

原田様、秋田先生、泉井先生、ありがとうございました!

 

(なお、具体的な抽出方法については、ご本人様から学会・論文等で

公表されることと思いますので、ここには記載を控えさせていただきます)

 

ポリフェノールの多い植物組織向けRNA抽出バッファー、

「RNAすいすい-P」のご案内はこちらです。

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/RNA-suisui-P.html

 

難しい材料で核酸抽出にお悩みの研究者の皆様、

「すいすい」シリーズ、要チェックです。

リーゾのHPはこちらです。

http://www.rizo.co.jp/

 

 

2010年4月26日 (月)

仕様変更のお知らせ(DS-P/R、RS-P/R)

農産物やその加工品に特化した、これまでにない核酸抽出試薬として

ご好評いただいている「DNA/RNAすいすい」 シリーズ。

DNAすいすい-S、RNAすいすい-Sに引き続き、残り4製品も仕様を変更しました。

 

☆ポリフェノールの多い植物組織向けDNA抽出バッファー「DNAすいすい-P」

容量 従来品 40ml(110回分)

 ⇒ 変更後 85ml(230回分)

価格 従来品 税込 10,500円

 ⇒ 変更後 税込 21,000
Cat.No. 従来品 DS-0002

 ⇒ 変更後 DS-0002N(Nがつきます)

 

☆粘性物質の多いバラ科植物組織等向けDNA抽出バッファー「DNAすいすい-R

容量 従来品 40ml(50回分)

 ⇒ 変更後 85ml(110回分

価格 従来品 税込 10,500円

 ⇒ 変更後 税込 21,000

Cat.No. 従来品 DS-0003

 ⇒ 変更後 DS-0003N(Nがつきます)

☆ポリフェノールの多い植物組織向けDNA抽出バッファー「RNAすいすい-P」

容量 従来品 40ml(80回分)

 ⇒ 変更後 85ml(170回分)

価格 従来品 税込 10,500円

 ⇒ 変更後 税込 21,000

Cat.No. 従来品 RS-0002

 ⇒ 変更後 RS-0002N(Nがつきます)

 

☆粘性物質の多いバラ科植物組織等向けRNA抽出バッファー「RNAすいすい-R」

容量 従来品 45ml(70回分)

 ⇒ 変更後 90ml(150回分)

価格 従来品 税込 10,500円

 ⇒ 変更後 税込 21,000
Cat.No. 従来品 RS-0003

 ⇒ 変更後 RS-0003N(Nがつきます)

 

価格は2倍ですが内容量は2倍以上になり、

抽出1回当たりの価格は従来品よりもお得!になっています。

品質・機能は従来通りです。

RNAすいすいシリーズには「酸性フェノールすいすい」*が付属しておりますが、
こちらも、倍量の40mlになります。

(*RNA抽出に必要な酸性フェノールが簡単に作れるバッファーです。)

これからも「すいすい」シリーズをどうぞよろしくお願いします。
 

弊社HPにもご案内がございます↓

DNAすいすい-P (DS-0002N)

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/DNA-suisui-P.html

DNAすいすい-R (DS-0003N)

http://www.rizo.co.jp/DNA-R.html

RNAすいすい-P (RS-0002N)

http://www.rizo.co.jp/RNA-P.html

RNAすいすい-R (RS-0003N)

http://www.rizo.co.jp/RNA-R.html

 

 

2010年4月19日 (月)

仕様変更のお知らせ(DS-S、RS-S)

農産物やその加工品に特化した、これまでにない核酸抽出試薬として

ご好評いただいている「DNA/RNAすいすい」 シリーズ。

その仕様が一部変更になりました。

 

☆澱粉の多い植物組織向けDNA抽出バッファー「DNAすいすい-S」

容量 従来品 80ml(200回分)

 ⇒ 変更後 170ml(420回分)

価格 従来品 税込 10,500円

 ⇒ 変更後 税込 21,000

Cat.No. 従来品 DS-0001

 ⇒ 変更後 DS-0001N(Nがつきます)

 

☆澱粉の多い植物組織向けRNA抽出バッファー「RNAすいすい-S」

容量 従来品 40ml(100回分)

 ⇒ 変更後 85ml(210回分)

価格 従来品 税込 10,500円

 ⇒ 変更後 税込 21,000

Cat.No. 従来品 RS-0001

 ⇒ 変更後 RS-0001N(Nがつきます)

 

価格は2倍ですが内容量は2倍以上になり、

抽出1回当たりの価格は従来品よりもお得!になっています。

品質・機能は従来通りです。

 

すいすいシリーズの他の製品についても、順次仕様変更する予定です。

 

弊社HPにもご案内がございます↓

DNAすいすい-S (DS-0001N)
http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/DNA-suisui-S.html
RNAすいすい-S (RS-0001N)
http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/RNA-suisui-S.html

  

   

   

  

 

より以前の記事一覧