2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

「DNAすいすい」

2016年10月20日 (木)

BMSさんのサイトに載りました

バイオメディカルサイエンスさんのウェブカタログに、

「DNAすいすい」「RNAすいすい」シリーズが載りました。

 

商品名は、

「DNA簡易抽出バッファー」

「RNA簡易抽出バッファー」

に、「S」とか「P」とかがつく形になります。

 

なので、「DNAすいすい-S」なら、

「DNA簡易抽出バッファーS」。

 

BMSさんは、「セルデストロイヤー」「シェイクマン」などの、

研究用破砕装置などを中心に、いろいろと面白い実験機器を販売していらっしゃいます。

 

破砕装置は、核酸抽出用であることが多いもの。

核酸抽出が、もっと低コストにスピーディーになるように。

DNAやRNAが取れないものからも取れるように。

リーゾの試薬がお役に立てるはず!!

破砕装置のお客様に、こんなチラシを作ってご案内いただいています。

http://www.bmsci.com/topics/new.php

 

BMSさんのお客様、

もしもお役に立ちそうでしたら、

ぜひ一度、試供品を取り寄せてみてください。

 

リーゾのウェブサイトはこちらです。

http://rizo.co.jp/ 

 

 

 

 

2016年5月25日 (水)

DNAすいすいfor Kids 2016

例年、夏休み時期を中心にお出ししている子ども向けの実験キット「DNAすい
すい for kids」を、
今年も20セット限定で製造することにしました。
Forkids2016

Photo

http://www.amazon.co.jp/dp/B01EMFBHCS

このキットは、ブロッコリーやバナナなど、身近な食べ物から、
目に見える形でDNAを取り出す実験ができる、子ども向けのキットです。

これを作ることになったきっかけは、
『子どもの夏休みの自由研究に、DNAを抽出する実験をやりたいので、
子どもと一緒にやれるセットが欲しい』、
という、リーゾスタッフからのリクエストでした。
やり方は調べればわかるけれど、必要なものを一から揃えて、
理屈を説明してあげながら実験させるのはハードルが高いとのこと。

そんなニーズがあるならキットにしてしまおう!と思いさっそく作り始めまし
た。
プロの研究者さん向けのキットを作っているリーゾです。
子ども向けなんて簡単だろうと甘く見ていたのですが、
やってみると意外と難しいことがわかりました。

使いやすさ、取説のわかりやすさはもちろん、安全面にも十分に気を使わなく
てはなりません。
ビーカーや試験管、スポイトなどひととおり入れると原価が跳ね上がるし、
かといって高価格になってはいけないし。
試行錯誤を繰り返して初回版が出来たのが4年前でした。

前述のスタッフのお子さんは喜んで実験してくれて、
自由研究の宿題は県の表彰を受けたそうです。
ちょっとはお役に立てたかなとうれしくなり、
「こうしたらもっといいんじゃないか」
というフィードバックをいろいろな方からもらいながら、毎年少しずつ進化してきました。

昨年度のキットに入っていたものは、
(1)DNA抽出液 1本 (100mlのプラスチックボトル入り)
(2)50mlのプラスチックビーカー 2個
(3)スポイト 2本
(4)キャップつき試験管 3本
(5)フィルター 3枚
(6)試験管立て 1個
(7)子ども向けの取説
(8)大人向けの取説
でした。

リーゾならではの工夫をあげますと、

まず「フィルター」は、袋状の不織布(交配袋用ではありません)で、
プラスチックビーカーにかぶせてふちを折り返せるサイズになっており、
漏斗がなくてもろ過ができます。

大人向けの取説は、最初はなかったのですが、
「実験や研究のまとめ方を教えるために、大人用のあんちょこ本が欲しい」
という声に応えて作りました。
実験の原理や流れは、あらかじめ知っておくとスムーズに教えられますし、
うまくいかないときにも、「原因はこれじゃないかな?」と推理できると、
ちょっとかっこいいですよね。

そして試験管立て。市販のものはどれもお高くて付属品にするのは無理、
だけどないと不便・・・。
いろいろ考えて、厚紙を加工した折りたたみ式のものを手作りすることで原価を抑えました。
シンプルなものですが、キット部品の中でいちばん評判が良いのが実はこれです。

使い方は、端折って言えば、
「抽出液の中で材料をすりつぶしてろ過し、
ろ液にアルコール(キット外)を入れてDNAを析出させる」
以上!と簡単です。

(写真入りの実演が過去記事にあります)
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/for-kids-a680.html

実は、食品からのDNAの抽出は、台所用の洗剤と塩とエタノールがあればできます。
やり方もネットを検索すればいろいろ出てきます。

なので、こんなキットはなくてもできるのですが・・・
ホンモノの試験管やビーカー(でも樹脂製なので割れたりしません)を使って、
科学実験の気分を味わうことで、
研究の世界にちょっとでも魅力を感じてもらえたらうれしいなあと思っています。

さて、「DNAすいすい for Kids」、今年はどこが進化したのでしょうか?

なんとなんと!
抽出したDNAを入れて持ち歩くことができる、ミニチュアの小瓶がつきました。
「なーんだ」と言うなかれ。この小瓶、DNAの形をしているんです!
(・・・まあ、ねじれた形=二重螺旋型になってるだけですけど。)

Forkids_necklace

さらにこの小瓶、ふたにひもを通して、ネックレスにもできるんです!!
(・・・してどうする?と言われそうですけど。)

ビーズなどを入れたくなるかわいい小瓶型ネックレスモジュール、女子ならと
きめくこと間違いなし。
要らない男の子は、気になる女子(お母さんでも可)
にプレゼントすると喜ばれそう。
お値段はもちろん据え置きです。

ご注文はAmazonにて。

http://www.amazon.co.jp/dp/B01EMFBHCS

(昨年は7月中に完売しました。
自由研究用でしたら、早めのご注文をお勧めします。)

2015年7月22日 (水)

DNAすいすい材料別選び方ガイド

リーゾのホームページ内に、

『DNAすいすいシリーズ 材料別 選び方ガイド』

を作りました。

 

DNAを抽出したい材料が当てはまるカテゴリをクリックしていただくと、

リーゾでこれまでに試したことのある材料と、

それぞれに対するお勧めのバッファー名が表示されます。

バッファー名をクリックすると、製品のページが開きます。

 

「どれを使ったらいいのだろう?」とお悩みの研究者さんにとって、

必要な情報に最短でたどり着けるように、

いろいろ考えて結局、シンプルな構造になりました。

 

使いやすいガイドになっているでしょうか?

ご意見をいただければ幸いです。

RNA版はこれから作成します。

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

2013年8月30日 (金)

DNAすいすいfor Kids 追加販売のお知らせ

「DNAすいすい for Kids 2013版」、夏休み向けに作った20個は完売しましたが、

Amazonより「閲覧回数が多いのに品切れになっている商品があります」

とご連絡をいただきましたので、

急遽、10個を追加することにしました。

(夏休みも終わってしまいますし、もうそんなに需要はないと思うのですが・・・)

 

ご購入はこちらからお願いします(Amazonのサイトへ)。

   

実は、Amazonの出品者のページからは、閲覧回数はわからないため、

見にきてくださる方が多くいらしたとは知りませんでした。

夏休みの宿題に、と思って見つけてくださったにもかかわらず、

売り切れでがっかりさせてしまった皆様、申し訳ありませんでした。 

また来年、バージョンアップして出しますので、よろしくお願いします。

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

2013年8月23日 (金)

DNAすいすいfor Kids 2013 完売しました

子供向けのDNA抽出実験キット「DNAすいすいfor Kids」2013年版は、

おかげさまで完売いたしました。

アマゾンでの販売ページ

 

ご購入いただいた皆様からは、

Facebookを通じて実験結果やご感想をお寄せいただいています。

皆さん概ね、うまく抽出できているみたいです。

 

でも、うまく取れなかったからといって、がっかりしたり、結果を捨てたり、しないでくださいね!

「うまくいかなった」も、実はとても大切な実験結果です。

そこには必ず、「原因」があり、それを考えることが「研究」の第一歩になるのですから・・・。

 

このキットを使った研究の「まとめ」に際し、お困りのことがありましたら、

できるだけご助言させていただきます。

取説に記載のメールアドレスまで、お気軽にご連絡ください。

 

さて、今年ご購入くださった皆様より、

来年度版に向けていろいろとアドバイスをいただいています。

次はもっとパワーアップしたキットになると思いますので、

「DNAすいすいfor Kids」2014年版に、ご期待ください。

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

 

2013年8月 9日 (金)

DNAすいすいfor Kids2013実演(バナナ)

今年のDNAすいすいfor Kidsを使った実験をやってみました。

(今年は取説が充実しただけで、中身自体は、去年のと同じなのですが・・・)

材料はバナナ。

Photo_2


あまり熟れすぎてないやつがいいです。

皮を剥いて、端っこをもらいます。

Photo_3


抽出液に漬かってます。量はこんなもんで。液量は20ml。

Photo_5
 

つぶしてます。乳鉢+乳棒だとすべっちゃってつぶしにくい!

フォークでざっとつぶしておけばよかった・・・。

 

Photo_6


ろ過してます。

付属のフィルターは、実は「だしパック」を加工したものです。

端を折り返してうまくかぶせてくださいね。

(足りなくなったら、100均で買って来ましょう)

 

Photo_7


抽出液1mlくらいに、エタノール2mlくらいを重層したところです。

しばらくじっと置いておくと、界面にDNAがもやもや。

Photo_8
 

振り混ぜたらこんな感じに~。ちょっと出すぎ?

気泡を抱き込んでしまい、あまり糸っぽく見えませんが、DNAです。

 

Photo_9


こちらは「消毒用エタノール」を使った実験。

エタノール3mlくらいに、抽出液を10滴くらい落としてゆっくり混ぜます。

量は少ないけど、「糸状」という点では、こちらのほうが見やすいかも・・・。

 

バナナからのDNA抽出、ひとまず成功。

 

お子さんとの実験の場合、ここまでやって、

「で、これで何なの?」

と、なってしまうケースが、去年はあったようです・・・。

 

そういう場合には、今年バージョンに入っている「大人用あんちょこ」を、

参考にしてくださいね~。

抽出しかできないキットですが、

「材料を変えるとどうなるか」

「やり方を変えるとどうなるか」

など、研究っぽくまとめるアイデアが、ちょっとばかりですが書いてあります。

 

いろいろ試して、抽出液が足りなくなったら、作り方も書きましたので、

ぜひいっぱい作って、いっぱい実験してください!

(と、宣伝しておいて何ですが、今年の分は本日8月8日時点で残り4個です)

8月18日追記:今年度の残りをアマゾンに出しています。本日時点であと3個です。

 

理科好きの子供は将来のお客様!

というわけで、子供の夏休み自由研究にはDNA実験をお勧めしたい、リーゾでした。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

 

2013年8月 1日 (木)

夏休み自由研究お助けキット DNAすいすいfor Kids

昨年の夏休みに、Facebookで代表門奈の友達限定企画で出した、

「DNAすいすいfor Kids」(身近な食べ物からDNAを取り出す実験キット)。

夏休み後半になってからの呼びかけにも関らず、

多くのFB友達にご購入&応援をいただきました。

 

実際に実験した結果を自由研究としてまとめ、

県の科学コンテストで入賞されたお子さんも複数出たんですよ~。

(キットが良かったから、というわけではないんでしょうが・・・)

 

一方で、いろいろなご意見や改善案、ご要望をいただきました。

それを踏まえて、今年は特に、取説面をパワーアップしたバージョンを作りました。

子供用の取説をより詳しく、わかりやすくしたのと同時に、

要望の多かった「大人用のあんちょこ本」を作りました。

 

お子さんからの、

「ママー(パパー)、これってどうしてこうなるの?!」

「自由研究にまとめるにはどうしたらいいの?!」

という疑問に、かっこよく答えていただけるように、

かゆいところに手が届く(といいなと思う)アドバイスを盛り込んでます。

 

とはいえ、子供が使うことが前提の実験キット。

危険性が、全くないわけではありません。

なので、誰にでもお売りするわけにはいかないんです・・・。

 

大変申し訳ないのですが、

・Facebookで「友達」になっている方、

および、

・「すいすい通信」読者の方

に限らせていただきます。

 

さらに、しつこいようですが、

・実験には、大人が必ず付き添うこと

・取説をよく読み、自己責任で利用すること

をご承諾いただいたうえで、お申し込みください。 

 

ご希望の方は、

・Facebook「友達」の方は、Facebookのメッセージ欄よりお申し出ください。

・「すいすい通信」読者の皆様は、「すいすい通信」にそのまま返信する形でお申し込みください。

なお、限定数(20個)に達するか、夏休みが終わったところで、今年度の販売は終了いたします。

 

【製品情報】

DNAすいすい for Kids

価格: 2,000円(送料無料)  ※代金は商品受取後に指定口座までお振込ください

発送予定日:夏休みの自由研究に間に合うようにお送りします

個数: 20セット

(8月1日現在、残り13セットです)

 

【内容物】

・DNA抽出液 100ml

・50mlビーカー 2個

・スポイト 2本

・試験管(ふたつき) 3本

・試験管立て 1個

・フィルター 3枚

・使い方(子供用)

・使い方(大人用あんちょこ本)←2013版で新登場です

 

Photo


Photo_2

昨年度のバージョンの、実演記事はこちらです。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/for-kids-a680.html

 

8月18日追記:今年度の残りをアマゾンに出しています。本日時点であと3個です。

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

2013年3月 7日 (木)

DNAすいすい-Sの活躍

DNAすいすい-Sをご利用いただいている、

静岡大学の大橋和義先生より、うれしいお知らせをいただきました。

 

昨年の9月に、静岡大学で行われた、

「ダヴィンチ・キッズ・プロジェクト」の「基本概念習得プログラム」②「お米のDNA鑑定」にて、

弊社の「DNAすいすい-S」をご利用いただいたそうです。

 

対象は、小学校高学年&中学生。

お米からDNAを抽出して、PCRをかけ、電気泳動して品種を鑑定する。

わお!本格的ですね~。

 

フェノクロなど危険な試薬が不要で、子供でも安全に抽出できる点でご評価いただき、

採用に至りました。

お役に立ててなによりです!

大橋先生、ありがとうございました~。

 

静岡大学工学部・大学院工学系研究科様のHPはこちらです。

http://www.eng.shizuoka.ac.jp/

右下の方に、ダヴィンチ・キッズ・プロジェクトのバナーがあります。

 

ダヴィンチ・キッズ・プロジェクトのHPはこちらです。

http://train1.eng.shizuoka.ac.jp/dvkproject.php

「活動報告」の2ページ目に、「お米のDNA鑑定」の報告記事があります。

(商品名は、出てませんけど・・・。)

 

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

2012年8月 6日 (月)

DNAすいすい for Kids 実演編

子供向けバイオ実験体験キット

’食べ物からDNAをとりだす実験ができる’

『DNAすいすい for Kids』 実演編です。

  

材料はタマネギ

約5グラムをカッターで荒く刻み、すり鉢代わりの乳鉢へ。

抽出液20mlを加えてすりつぶします。

Photo

ある程度つぶれたら、

ビーカーに、フィルターをこんな風にかぶせて・・・

Pict1390_2

ろ過します。

Photo_2

 

次に、付属の試験管に冷やした「消毒用アルコール」(別途用意)を半分くらいまで入れ、

ろ過したDNA抽出液をスポイトでぽとぽとと、10滴くらい落とします。

  

キャップをして、天地を返すようにゆっくり混ぜると・・・

Pict1388

出ました!

もやもやした白いものがDNAです。

     

消毒用アルコールではなく、99%のエタノールを使うと、もっとたくさん出せます。

ろ過した抽出液をきれいなビンに取り、

99%エタノールを、上に重ねるように加えます。

Photo_3

すぐに界面からDNAが立ち上ってきます。

   

さらに天地を返すように混ぜると、

Dna

こんなにたくさん出てきました~。

  

抽出の過程では、

(1)すりつぶすことで細胞がばらばらになり、

(2)界面活性剤を含むDNA抽出液が細胞壁を壊してDNAを溶け出させ、

(3)アルコールがDNA分子を取り囲む水分を奪うことにより、

(4)DNAが水に溶けていられなくなって「析出」してくる、

ということが起こっています。

(なので、約70%のエタノールを含む消毒用アルコールよりも、

99%エタノールの方が強力なんですね)

  

さて。

自由研究ですから、抽出できた!で終わっては面白くないですよね。

・タマネギはとれたけど、ジャガイモからはとれるのかな?にんじんはどうかな?

・お米からもとれるかな?

・お料理したあとのタマネギだとどうかな?

   

タマネギのほか、ブロッコリーからも取れますが、

・芯の部分と、花芽(ふさふさの部分)と、葉っぱの部分では、どれがいちばんとれるかな?

・ゆでたブロッコリーからだとどうかな?

  

取れたDNAについて、

・つまようじで取り出すとどんな感じかな?

・材料が違うとDNAも違うかな?

・指でさわったり、つばをつけたりするとどうなるかな?

・もういちど水に溶けるかな?

 

・・・などなど、疑問に思うことをいろいろ、やってみて欲しいです。

正解は、あるような、ないような。

研究者も知らないような、新しい発見があるかもしれません。

  

(DNAすいすい for Kidsは商品化準備中です。お問合せはリーゾまで)

                      

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

  

  

 

DNAすいすいfor Kids

先日、元リーゾスタッフ、今は遠隔地からリーゾを応援してくれている友人Yさんより、

「子供の夏休みの自由研究に使えるDNA抽出キットが欲しい」

とのご要望が来ました。

 

夏休み、もう始まっちゃってるじゃないですか!

   

大人なら誰でも経験していることですが、 

夏休みは短い(・・・しみじみ)。

    

これは急いで開発せねば・・・、と、1週間で作りました。

Pict1393_2

その名も「DNAすいすい for Kids」。

・・・ネーミング考える間もなかったので、なんのひねりもございません。

(今気づいたんですが、ルビ振るならむしろfor Kidsの方ですね・・・。) 

      

気を取り直して続けます。

  

このキットに入れたものは、

・DNA抽出液(80ml)  

・プラスチックのビーカー50ml用 2個

・プラスチックの透明な試験管(キャップつき) 3本

・スポイト 2本(アルコール用と抽出液用)

・フィルター 3枚

・試験管立て 1個

・取り扱い説明書 1冊

です。

      

加えて、自分で用意してもらうものとして、

・DNAを抽出する材料

(お勧めはタマネギ、バナナ、ブロッコリ、あとは肉とか魚とか)

・小さめのすり鉢とすりこ木

・消毒用アルコール(イソプロパノール入りの安いやつでOK)

・湯沸かしポットとカップめんの容器(肉・魚の場合のみ)

が必要です。

   

アルコールに関しては、付属品にするといろいろと面倒なので、

使う人に用意していただく形にしました。

(もし手に入れば、95%以上のエタノールだと実験がより成功しやすくなります)

  

さて、取説ですが、大人向けと同様のプロトコルに加え、こんな図も入れてみました。

  

Ccf20120726_00005

写真よりもわかりやすいのではないかと自負しておりますが、どうでしょうか?

   

やってみると、とても簡単ですよ~。

というか、簡単にできるようにするのが難しかったです・・・。

遠心機が偉大な発明だということを、再認識しました。

  

DNAすいすい for Kidsを用いた、DNA抽出実演記事は、次号にて!

    

リーゾのHPはこちらです

http://rizo.co.jp/

 

 

 

  

より以前の記事一覧