2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月の1件の投稿

2021年11月 4日 (木)

すいすい通信 vol.128

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆ すいすい通信 ☆ vol.128 2021年11月4日配信

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。リーゾの門奈です。いつもご愛読ありがとうございます。

今月は第一水曜日が祝日になったため、1日ずらしました。それでは、今月のすいすい通信をお届けします。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_//_/_/_/_/_/_/_/

・特集・・・・・・・・・・・久しぶりに「すにっぷすいすい」
・零細起業のあれこれ・・・・・・・・・・・note始めました
・コーヒーブレイク・・・・・旧リーゾのお部屋が肉料理店に!
・リーゾからのお知らせ

■ 特 集 ━━━━━━━・・・・‥‥‥………………………

久しぶりに「すにっぷすいすい」

ゲノムDNA塩基配列上にわずかに存在する塩基種の違いを手軽に判定できるPCRマーカー(DNAマーカー)に変換するサービス「すにっぷすいすい」。久しぶりにご紹介します。

「すにっぷ」とは、ゲノムDNAの塩基配列上にわずかに存在する、塩基種の違いのことで、英語表記はSNPs(single nucleotide polymorphisms)、日本語で言えば「一塩基多型」です。

例えばおなじみのお米どうしでも、あきたこまちとコシヒカリでは、1万文字に2文字程度の違いがあります。ただ、違いがどこにあるかがわかっても、どちらのタイプなのかを調べるのは意外とやっかいです。

専用の高額機器が必要だったり、委託をすると結構な金額を取られる上に時間もかかったり。予算が取れて機器が買えても、マーカー化には設計・合成などの手間がかかりますし、高い保守費用もかかります。

そこで登場するのがすにっぷすいすいです。

原理は、「アレル特異的PCR法」。1980年代に同時多発的に論文発表されたため、誰も特許を取っておらず、誰でも自由に使える手法です。

なので、当然ながら研究者さんご自身でもできるのですが、シンプルな手法だからこそ、実際にうまく作るにはコツと経験が必要。うまく行かない時の、設計変更の方向性が無限に近く、途方に暮れてしまうことも・・・。

研究者さんが、そんなことに貴重な時間を浪費してはいけません。

リーゾにご依頼いただきますと、

(1)お客様から、「どこにSNPがあるか?」という情報と、鋳型となるDNA(少量)を提供していただき、
(2)SNP部分の塩基種のどちらかのみが増幅するプライマーセットを、両塩基種について別々に設計し、
(3)グラジエントPCRで特異性と最適な条件を確かめる、

という作業を行います。設計だけでなく、PCR条件検討まで行うのがこのサービスのポイントです。
OKであれば、配列や実験結果を記載した作成報告書とプライマー原液の残りを納品します。

すにっぷすいすいで作成したマーカーのメリットは、

(1)初期投資が不要(PCR装置と電気泳動槽はどこのラボにもあります)
(2)ランニングコストも極めて安く(一番安いTaqでOK)
(3)機動力のあるタイピングができる(PCRと電気泳動だけ)

と、3拍子そろったSNPタイピングが可能になることです。

さらに、お客様とのやりとりのなかで、

・酷似した遺伝子を個別に発現解析するプライマーはできないか?
・3つ以上のアレルの識別はできないか?
・マルチプレックス化(共優性マーカー化)はできないか?
・形質転換体のホモへテロ判定はできないか?
・CAPsをより使いやすく改造できないか?
・SNPsを探すところからできないか?
・InDel(挿入/欠失)をマーカー化できないか?

・・・といったご要望があり、全てお応えしてきております。

生物種も、イネはもちろんのこと、果樹、昆虫、家畜、マウス・・・と、多岐にわたっています。どんな生物でも、DNAはDNAですから。ちなみに、ゲノム解析が終わっていない生物種でも、SNPsは使えます。

ここで一句。「SNPs(すにっぷす)、使いこなせば百人力。」

もっともっと、自由自在に活用していただきたいです。ご要望があれば、遠慮なくご相談ください。

ちなみに、すにっぷすいすいのアルファベット表記は「SNPs-ici!」です。iciはフランス語で「ここ」。「ここにあるSNPを」「お客様のラボで」タイピングできる、という意味を込めています。(変な綴りのため、英語論文でご紹介いただく際に毎回校閲でひっかかり、ご迷惑をお掛けしております・・・)

ご依頼の際は、直接リーゾ、または研究機関出入りの業者さんへ。業者さん経由の場合も、学術的なやり取りは研究者さまと直接させていただきます。

すにっぷすいすいのご案内はこちらにもございます↓

http://rizo.co.jp/SNPs-ici.html

ちょっと変わった用途でのご使用例↓(メルマガ過去記事)

https://rizo.co.jp/suisui38.html


■ 零細起業のあれこれ  ━━━━━・・・・・・・‥‥………

note始めました

起業を志す研究者さんに、リーゾの経験をお伝えしているコーナー、今回は「note」を使った情報発信の話題です。

その前に、先月号で報告した美食同玄米インスタグラムお百度参りのその後のご報告です。現在、60投稿台まで進んでいます(三日坊主にはなっていません!)。また、懸案だった「ショップとの連携」も、「プレゼンスの不足」が解消したと判断されたようで、承認が下りて使えるようになりました。フォロワーはようやく3ケタ、というところでまだまだ少ないです。

では、今回の本題「note」の話です。noteとは何か?といいますと

<noteとは>(オフィシャルサイトより)
noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。https://note.com/

とのことで、SNSの一種です。

きっかけは、たまりにたまったすいすい通信の過去記事の有効活用ができないだろうか?と、茨城県のよろず支援を通じてお世話になっているコンサルさんに相談したことでした。

有効活用とはつまり、

・過去記事を読みやすく整理して、情報が欲しい人に届きやすくすること(世のため人のため)
・これまで縁のなかった新しい読者と顧客を獲得すること(リーゾのため)
・あわよくば、出版や執筆のお声がかかったりするチャンスを得たい(自分のため)←まあ、ないでしょうけど・・・

ということです。

そしたらそのお答えが、
『それならnoteに投稿したらいいんじゃないですか?』。

noteって、文筆業を目指すような人たちが、書いた文章を公開しているサイトで、時々Facebookから面白そうなリンクがあると読みにいったりはしていましたが、自分が投稿するという意識はありませんでした。

でも、考えてみれば上記3つの目的にはまさにぴったりです。その手があったか!とさっそく始めることにしました。

まずは、過去記事のタイトルをエクセルに書き出してジャンル分け。過去記事は、先月号までに126号×3記事=378個。カテゴリとしては、

・商品、サービスの宣伝(「特集」)126個
・貧乏ラボの実験裏ワザなど 20個
・起業、経営関係 90個
・子どもと楽しめるサイエンス関係 54個
・実験補助者育成講座関係 18個
・その他(コーヒーブレイクなど) 70個 (※カテゴリの重複あり)

・・・やはり結構な数で、ちょっとひるみましたが、まずは読みたい人が多そうなカテゴリとして、起業、経営関係の記事から着手しようと決めました。

アカウントを作ってさあ投稿!と思ったら、「タイトル画像があった方が良い」とあって足踏みしましたが、無料で使える写真がたくさん用意されていてそこから選ぶこともできるし、連携している「Canva」というアプリで作ることもできるとわかりました。それからはタイトル画像づくりでひとしきり遊んでから投稿しています。

noteの良いところは、まず何といっても「書きやすい」こと。

ブログやウェブサイトに文章を入力するときって、入力画面と実際に公開される画面が違いますよね。あたりまえだと思ってましたが、noteでは公開される画面のまま入力を進められるんです。これが、思いのほか快適です。

そして、「なんだかんだとほめてもらえる」こと。何か設定したり、記事を投稿したりするたびに、ほめてくれます。システムが自動でやってることだとわかっていても、ちょっとうれしくてやる気が出ちゃいます。

あとは、わりと簡単に「お金を稼ぐことができる」というのも利点だと言われています。「ここから先は有料(○○円)」みたいな設定をしたり、有料のマガジンを発行したりもできるようです。

ちょっと違和感があるのが、Facebookやインスタグラムの「いいね!」にあたる「スキ」で、「スキ」されるとハートマークが増え、『スキのお知らせ』というメールが届きます(最初は、へんなスパムメールかと思ってしまいました・・・)。

読み手側の利点はやはり「読みやすい」こと。アカウントを持っていなくても自由に読めるのはもちろん、レイアウトが工夫されていてストレスなく読めるし、「目次」を使って要点だけ拾い読みすることもできます。また、読んだ後に、さらに興味のありそうな記事を表示してくれる機能もあります。

また、好きな書き手を「応援しやすい」こともあります。投げ銭のような感じでお金をあげる「サポート」というシステムが用意されています。有料記事を買うのとは違う、気持ちの良いお金の使い方ができる粋なシステムだと思います。

ちなみにこれまで30記事ほど投稿してみて、閲覧回数が380ほど、「スキ」が70ほど。少々やる気を削がれる状況ではありますが、第一の目的は過去記事の整理!閲覧数は関係ない!と自分に言い聞かせ、淡々と投稿を続けていく予定です。

こちらからご覧いただけますhttps://note.com/rizomonna


■ コーヒーブレイク━━━━・・・・・‥‥‥……

旧リーゾのお部屋が肉料理店に!

つくば市天久保2丁目、天久保公園すぐそばにある、一見廃墟みたいな(?)テナントビル「リッチモンド2番街」。その2階のひと部屋に、かつてリーゾはありました。

昨年12月に2軒隣のビル1階に移転したのち、空になったお部屋を借りてくれる人を探したところ、春には借り手がつきました(この不況時に、びっくりするほどの速さです)。

借り手さんは、日本とイギリスにルーツを持つ、つくば生まれの若者です。リッチモンド2番街に入っている他の飲食店に昔からなじみがあり、いつか自分もここでお店をやりたい・・・と夢見ていて、「テナント募集」の広告に運命を感じ、すぐに申し込んだとのこと。

低温調理でじっくり焼いた旨い肉をメインに、クラフトビールも楽しめる小さな飲食店をやる、内装もできるだけ自力でゆっくりやるので開店は9月くらい、と言うので、そんなにのんびりしていて大丈夫かしら(安いとはいえ、家賃もったいないし!)とちょっと心配していたところ、10月下旬についにオープン!

お店の名前は「Highway」。外観は、リーゾの頃とあまり変わってない感じでしたが、玄関ドアが派手に(笑)。中に入ると、あらびっくり!ここがリーゾだったとは信じられない変貌です。

部屋の奥側4割くらいが広い厨房になっていて、立派なレンジフードがつき、大きな丸い蓋つきのグリル(Weber kettle grill、通称「スモーカー大佐」)が鎮座。新しい流し台や冷蔵庫、レジを兼ねたカウンターも設置されてました。

客席側は、テーブル席が4つほどと、カウンター席。リーゾ新物件の残置物だったほぼ新品のスツール(使い道がないので差し上げました)も、ちゃんと居場所をもらっていました。

床は、クッションフロアをはがし、コンクリ地を出して磨き上げ、天井も取っ払ってわざと鉄骨を見せる感じに。さりげなく飾ってある観葉植物やハーブの鉢植えや、「使いこんだ感」のあるテーブルや椅子(実際中古品だそう)もマッチしていて、統一感のある空間になってました。

お料理の方は、長時間かけてクヌギのチップでスモークしながら焼いたビーフやチキンをメインに、ベビーリーフ、スパイシーなグリルドポテト、コールスロー、ピタパンなどが添えられたプレート仕立てで、1100円~1400円ととてもリーズナブル。学生が多い立地のため、できるだけ安くおなかいっぱい食べられるように設定しているそうです。

さっそく家族の夕飯に、テイクアウトして味わってみました。低温で長時間焼いた肉は柔らかく、水分と脂が抜けて旨味のかたまり!スモーキーなフレーバーも利いて、まるで柔らかいビーフジャーキーみたいです。

付け合わせの野菜料理も、素材をしっかり選んで手作りしていることが伝わる、いい味わいです。一緒に購入した英国製ののIPA(ビール)が進みました♪

大家さんとしては、リッチモンド2番街が大好きという借り手さんに出会えただけでも幸せなのに、こんなすてきな空間に生まれ変わらせてもらえて、大変うれしいです。かくなる上は、末永く繁盛していけるよう、応援していきたいと思っています。

ということで、ささやかな宣伝を兼ねて、旧リーゾのお部屋のその後のご報告をいたしました。つくばにお住まいの方、つくばにご用のある方、ぜひお立ち寄りを。なお、営業時間は夕方17時半からです。

お店のインスタグラムはこちら(店内内装の写真もあり。旧リーゾからどう変わったか、見てみてください)
https://www.instagram.com/highway_tsukuba/


■ リーゾからのお知らせ  ━━━━━・・・・・・・‥‥……

〇実験補助セミナー開講中

少人数で質問も実習もたっぷりできるセミプライベートレッスン。今年度は感染対策を講じた上で開講しております。

次回は11月17日(水)に「植物組織からDNAを抽出する」を行います。講習もいよいよ佳境に入り、DNA抽出、PCR、電気泳動と本格的な実習が続きます。ここからの参加も可能です。

詳しくはこちらhttps://rizo.co.jp/seminer.html


〇美食同玄米の販売サイトができました(既報)

お店の名前は「リーゾのお米」。今は美食同玄米だけですが、リーゾで開発中の他のお米がデビューする日を夢見て命名しました。ぜひ覗いてみてください。
https://rizonookome.rizo.co.jp/

インスタグラム「お百度参り(100日間毎日投稿)」継続中です。
https://www.instagram.com/rizonookome/


○交配袋、在庫あります & 特注品はお早めのご依頼を

交配袋は原則受注生産なのですが、余裕があるときに在庫を増やしています。今なら定番品各製品とも1000~2000枚の在庫があり、すぐ出荷できます。(在庫がなくなり次第、受注生産に戻りますのでご了承ください)

一方で、特注品のご注文はこれから繁忙期に入り、受注状況によっては納期をかなり長めにいただくことも予想されます。早め早めのご注文をお願いいたします。

交配袋のページはこちらです
http://www.rizo.co.jp/crossingbag.html

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━・・・・‥‥‥…

○旧リーゾの作業場だったもうひとつのお部屋は、「ノスタルジア」というカフェ&バーとして営業中です。コロナ下でわざわざ飲食店を開業するところに、大不況下で貧乏起業したかつての自分が重なります(彼らの方が若いけど)。儲けより自分らしい商売を、というしなやかな姿勢が頼もしいです。

「ノスタルジア」さんのツイッター
https://twitter.com/TKB_Nostalgia

○1歳9カ月になった我が愛犬、マルチーズ女子のラテ。できる芸は、お座り、お手、伏せ、バーン(死んだふり)に加えて、右回り、左回り、ジャンプができるようになりました。ハウス(ケージに戻る)も呼び戻しもできます。ただし、すべて『おやつがあれば』。無駄なことはしない賢い子だと解釈してます。

○最近、YouTubeを見ながら行う脂肪燃焼ダンスとキックボクササイズを始めました。もちろんヨガやピラティスも続けていて、さらに10月は3週続けて泳ぎ、最終週は久々にランニングも。にもかかわらず、じわじわと上昇する体重と体脂肪率・・・。食欲の秋、恐るべしです。

○最後までお読みいただき、ありがとうございました。これからもリーゾとすいすい通信をどうぞよろしくお願いいたします。

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

すいすい通信は、「株式会社リーゾ」のお客様、および関係者の皆様にお送りしています。この号は997名様に配信しました。お知り合いで、「すいすい通信」の配信を承認していただける方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介くださいますよう、お願いいたします。配信登録はこちらからできます。
http://rizo.sakura.ne.jp/vd/entry/e/bS8PtaC5kPRXp3iy/

-----------------------------------------------------------

【すいすい通信】

 発 行 日:月1回・第1水曜日(予定) 発行開始日:2011年4月7日

ご意見ご感想、および本メールマガジンの解除はこちらまで
info(at)rizo.co.jp

【発行元】

 株式会社リーゾ
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-9-5-A03 
TEL:029-852-9351 FAX:020-4623-5611 
MAIL:info(at)rizo.co.jp HP:http://www.rizo.co.jp/

 ※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

===========================================================
Copyright(C) Rizo Inc. All rights reserved.

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »