2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« すいすい通信 vol.111 | トップページ | 美食同玄米かわらばん Vol.5 夏号 »

2020年6月23日 (火)

暑くないマスク、作ってみました

コロナ感染対策で、日常的にマスクを着用するようになって、初めて迎える夏!
考えてみれば、夏場にマスクをすることなんて、今までありませんでした。

暑い日にマスクをすると熱中症リスクが上がると言います。
なぜマスクをすると熱中症になりやすいのか?というと、
それは、
「鼻から入る冷たい空気で脳を冷やすことができないから」
なんだそうです。

汗をかけない犬の鼻がいつも濡れているのは、
体を冷やすためだってことはよく知られてますが、
人間の鼻も、脳を冷やすための空冷装置なのですね。

ということは、鼻から冷たい空気を吸えれば、
マスクをしていても暑さをしのげるかも!

そこで、暑くないマスクを作ってみました。

Img_4283

どうでしょうか?
ちゃんとマスクしているように見えますよね。

でも、実は顎のところに、指一本入るくらいの隙間が空いていて、
そこから空気が出入りするようになってます。

吐く息は、マスク内にこもらず、下に逃げていきます。
吸う息は、マスク下から、新鮮な空気が入ってきます。

ここで気になるのが、
「(コロナ的に)このマスクでいいのか?」
ということなのですが・・・。

通常している不織布マスクや手作りの布マスクでも、
ウイルスを通過させないという効果はなく、
(仮に通過させない素材でできてるとしても、隙間から入る)
「知らずに感染してたとしても、ウイルスを含む飛沫を飛ばさないようにする」
といういわば「エチケット」としての機能と、
対面した人が感染していた場合に、
ウイルスを含む飛沫を直接吸い込まない、
「ガード」としての機能があるにすぎません。

そういう意味では、このマスクは「エチケット」機能はじゅうぶんにありますし、
外からの飛沫をブロックする程度の、「ガード」機能もあります。

素材は、研究用交配袋に使われる、高機能不織布を使用しています。
薄く、軽く、通気性が良く、水に強くかつ乾きやすく、花粉を通さず、
平均孔径(穴の大きさ)はわずか3ミクロン。
前面は二重にして、口紅などがついても透けないようにしました。

実を言いますと、このマスクは、中学生の娘のために作りました。
学校や塾の授業中、あるいは試験中、
マスクのために、頭がぼーっとして集中できないと困りますが、
かといって外すこともできません。

感染予防は大事だけれど、マスクのために実力を発揮できず、
万が一にも人生を棒に振るようなことになってはかわいそう。

周囲に迷惑をかけず、非常識だと叱られることもなく、
脳を冷やして集中力を保てるようなマスクはないか?
とずっと考えていました。

ある日、犬の散歩中にすれ違った、ウォーキング中の女性2人組が、
一見、コロナ対策用のマスクをしているように見えつつ、
実際には日焼け防止用のフェースマスクをしていたことから、
「顎の部分を密着させない」というヒントを得ました。

実際に作ってみたら、息をするのがラクだと、マスク嫌いの夫にも好評。
だったら、満員電車で通勤する人や、
暑い中、マスクをして登下校する児童生徒にも良いかも。

子供には大きすぎる場合には、サイズ調整も可能です。
紐の部分を外側からつまみ、
つまんだ部分にアイロンをかけるとくっつきますので、
紐を短くすることができます。
(内側からつまむと、くっつきません)

・・・と、宣伝めいたことを書いてきてなんですが、
このマスクは、売り物ではありません。
個人的な趣味、手作りマスクシリーズの一環です。


ご興味ある方は、リーゾまでご連絡ください。
1枚、プレゼントできるかも・・・?

http://rizo.co.jp/

 



  
  
   
 















« すいすい通信 vol.111 | トップページ | 美食同玄米かわらばん Vol.5 夏号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すいすい通信 vol.111 | トップページ | 美食同玄米かわらばん Vol.5 夏号 »