2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« すいすい通信 vol.79 2017年10月4日配信 | トップページ | 理工系女子応援シンポジウム »

2017年10月25日 (水)

美食同玄米の甘酒

「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高い甘酒が、

昨今ブームとなりました。

ブームは落ち着きつつありますが、

スーパーの甘酒コーナーはほぼ常設化していて、

日常的に摂る人が増えているんだなあと感じます。

 

かく言う私は、甘酒を飲んだことはほとんどありませんでした。

かすかに記憶にあるのは、どろどろして甘く、

後味がへん(醗酵してますからね)な飲み物だよね、

という程度だったんです。

 

美食同玄米の美味しい食べ方をいろいろ考えるようになった今、

甘酒ブーム到来で、

「美食同玄米で甘酒を作ったらどうなるかな?」

と思い至ったのは、まあ自然な流れではありました。

 

玄米なら、白米で作るよりさらに豊富な栄養分が取れますし、

しかも美食同玄米ならポリフェノールも上乗せできます。

何より色がきれいなはず。

苦手だった醗酵臭も、もともと香りがあるお米なので、

あまり気にならないかもしれません。

これはいけそう!

 

それでいろいろ調べたところ、

「玄米は果皮が固くて麹菌が入り込めないため、

玄米で甘酒を作るのは無理」

という情報が。

そうかあ、無理なのかあ、と、一度は諦めました。

 

ところが!

レシピ考案でお世話になっている料理研究家の金理順先生に相談したところ、

いとも簡単に解決してくださったんです。

その作り方でさっそく試作してみたところ、

びっくりするほど甘く、

きれいなラベンダー色の美食同玄米甘酒ができました。

 

先生のご了解が得られましたので、作り方をご紹介します。

 

(1)美食同玄米200gを洗い、適当量の水に一晩つける

(2)ミキサーで粉砕する ← ここがポイント!

(3)水を足して650gにする

(4)玄米モード(土鍋でも可)で炊飯する

(5)荒熱を取り(65℃以下に)、米麹300gを混ぜる

(6)60℃で12時間保温する

できあがり!

この状態で、おかゆのような外観の甘酒ができます。

これでも十分ですが、私はこのあとさらにミキサーにかけて、

トロトロにしています。

Photo

こんな感じ!

 

お湯や牛乳で割って飲んでもよし、

パンケーキやトースト、ゆでたおもちにかけてもよし、

凍らせてあずきバー風アイスにしてもよし、

牛乳と卵を混ぜて蒸し、プリンにしてもよし、

たぶん、調味料としても使えるんじゃないかな?(やってないけど)

甘くて美味しくヘルシーなスーパーフードとして、いろいろ楽しめます。

ぜひお試しを~。

 

今年の美食同玄米も、美味しくできてますよ♪

ご購入はこちらから。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00R12LEV4

 

« すいすい通信 vol.79 2017年10月4日配信 | トップページ | 理工系女子応援シンポジウム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230464/71932853

この記事へのトラックバック一覧です: 美食同玄米の甘酒:

« すいすい通信 vol.79 2017年10月4日配信 | トップページ | 理工系女子応援シンポジウム »