2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の10件の投稿

2014年11月25日 (火)

起業を志す方にお勧めの本(21)

 

図書館で借りてきて山のように読んでいる、起業・経営関連本のなかから、

起業を志す方にお勧めの本をご紹介しています。

 

「リ・インベンション 概念のブレークスルーをどう生み出すか」

三品和広+三品ゼミ 著

東洋経済出版社 刊

2000円+税

Pict2971_2


「リ・インベンション」とは、直訳すれば、「(既存の製品や事業を)再び発明し直すこと」です。

ゼロから発明しなおすので、「先駆的かつ実験的な創作」であり、「前衛への挑戦」でもあります。

「規格大量生産」は、この対極にあります。

 

あれ?それって「イノベーション」とは違うの・・・?

リ・インベンションも一見似た概念ですが、筆者によればイノベーションとリ・インベンションは全く違います。

 

【イノベーションとリ・インベンションの違い】

有効なPLC期     成長期 ⇔ 成熟期

狙い          競合製品との差別化 ⇔ ニーズの変化や不合理な点への対応

差別化の手段    高機能・多機能化 ⇔ 新しい評価軸の創出

差別化の源泉    技術力 ⇔ 構想力

認知のされ方    他との違いがわかりにくい ⇔ 固有名詞で語られる

評価対象       計測可能なもの ⇔ 感性的なもの

(本書の78ページより抜粋。ちなみに本書の著者は「イノベーションじゃダメだ、限界がある」とする立場です。)

 

例えば、携帯電話の進歩はイノベーションで、スマホはリ・インベンション。

イノベーションに頼って進歩してきた携帯電話は、スマホの登場で打撃を受け、

携帯電話機同士の競争には意味がなくなってしまいました。

(ゲーム機メーカーのイノベーション競争も同じですね)

 

つまりイノベーションだけで競争していると、『勝者なき戦い』になってしまう。

変化に先んじる挑戦をしなければ、たとえ一時的な勝者になったとしても、

最終的には徒労に終わってしまう可能性が大きいのです。

 

そこで、「脱イノベーション」=「リ・インベンション」。

このためには、新しいパラメータの追加程度じゃダメで、

『全く新しい価値基準』を打ち立てることが必要です。

 

ではリ・インベンションはどのように行えばよいのでしょうか?

まず、再発明したい製品や事業について、

 「誰に」(顧客)、

 「何を」(価値)、

 「どのように」(製品/事業の設計)

届けるのか、つまりコンセプトを、根本から考え直します。

 

コンセプトが決まったら、製品化していくわけですが、

その過程にも重要なポイントがあります。

よく「神は細部に宿る」と言います。

製品自体はもちろん、名称、ロゴ、梱包形態、それに販売方法、

アフターサービスに至るまでの細かいところに、どれだけこだわれるか

そしてそのこだわりに、相互矛盾しない確固とした一貫性を持たせられるか。

本気の度合いは、仕上がりのインテグリティ(統一性)に反映されて、

製品の魅力として輝いてきます。

 

それに対して、利益だけを追求する後続の模倣者は、細部へのこだわりを貫くことができません。

ユーザーの目は鋭くそれを見抜きますから、

一見無駄なコストに見える細部の作りこみは、製品を模倣者から守る防御壁になるのです。

(スティーブ・ジョブズが作り出した製品群を考えてみると、納得行きやすいのではと思います)

 

リ・インベンションに向くのはどんな製品や事業かというと、

①作られてから概ね25年以上経っているもの(成熟期から衰退期にあるもの)

身の回りにあって、ふだん目を留めないようなもの。

②技術の進歩によって、ユーザビリティ(使い勝手)を劇的に引き上げる技術があるもの

③同じ製品に向けられる期待が変化しているもの

だそうです。

 

本書では例として、

・自転車用のヘルメット

(エアバッグ式で必要なときだけ出てくる。普段は襟巻き状で、かぶる必要なし)

・自転車のライト

(タイヤにつけられたLEDが角速度センサと連動して常に前方部分だけが光る)

・iPad

(パソコンのユーザーが一般化したこと、パソコンに期待される機能が変わったことから再発明された)

などが挙げられています。

確かに、長い間身近にあるもので、昔とは使う環境も使う目的も変化して、

今の技術を使えばずっと便利になるのに誰もやってなかった・・・というものですね。

 

もちろん、リ・インベンションとて万能ではなく、

どんなに力を注いでも、報われるとは限りません。

それでも挑戦しなければ、取り残されてしまうとすると、技術屋さんは大変です。

(他人事ではありません・・・)

 

救いは、再発明の方向性のヒントとなることのなかに、

「取り残された人々」「コアユーザー以外の層」に目を向けること、

とあることです。

結局のところ、どんな製品やサービスであっても、

ユーザー=人間に対する温かいまなざしが開発の原点になるんですね。

・・・これならむしろリーゾの得意技。

ちょっと安心しました。

 

研究分野、技術分野で起業を志している方には大変参考になる考え方だと思います。

ぜひご一読ください。

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年11月21日 (金)

「ラヂオつくば」番組収録

先日、つくばのFMラジオ局『ラヂオつくば』さんが、番組の収録に来てくださいました。

なんでも、つくば市のキャラクター「フックン船長」が、

いろいろな『つくばのホンモノ』を探してレポートするという番組だそうです。

 

この日は、リーゾの『美食同玄米』を取材してくれました。

(といっても、もちろんフックン船長そのものではなく、

インタビュアーの金子宏江さんに連れられて、ぬいぐるみが来社しました。)

 

まだ商品化できたばかりの『美食同玄米』なのに、

『つくばのホンモノ』に取り上げていただけるなんて・・・いいのだろうか?

と申し訳なく思いつつ、せっかくなので思い切りアピールさせていただきました。

(フックン船長も、「興味あるフクー!」と言ってくれてたみたいです)

 

収録終了後に記念撮影。

右手に持っているのは高圧加工パックごはんです。

Pict3016

このとき撮影された写真がこちら。
Cid_8ec55efda3624f1eb725d792e8ab2_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放送は、12月16日~18日の、18:00~18:03だそうです。

フックン船長、金子さん、お疲れ様!

(一緒に来てくださった、ラヂオつくばの岩崎社長もお疲れ様!)

 

FM 84.2MHz ラヂオつくばさんのページはこちらです!

http://radio-tsukuba.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年11月19日 (水)

実験補助セミナー(単発)受講生募集

来春の採用シーズンに向けて、1回限りのスペシャルセミナーを開催します!

実験補助セミナーは 『ワンコイン寺子屋』終了に伴い休止中ですが、

仕事復帰したい主婦の皆さんのご要望に応え、

1回限りのスペシャルセミナーを開催します。

 

これまでの受講生の4人に1人が研究機関に就職し、

生き生きと活躍しています。

その多くは子育て中の主婦であり、未経験者や文系の方もたくさんいます。

勇気を出して、一歩踏み出してみませんか?

 

<日時>

平成27年1月28日(水) 10時~12時 

<会場>

つくばカピオ 3階 中会議室 

<内容>

☆実験補助者はどんな職場で、どんな待遇で、どんな仕事をするのか。

☆よくある人間関係のトラブルと対処法。

☆研究者の信頼を獲得するための応募書類の書き方、面接時の答え方

など。  

ワンコインセミナーNo.1とNo.4を2時間に凝縮した内容になります。

就職活動はもちろん、ラボで末永く活躍するために必要な知識と心構えをお伝えします。

<参加特典>

・「実験補助パートってどんな仕事?~面接で聞けない本音のQ&A集~」小冊子を差し上げます

・優秀でやる気のある方は、研究者さんに推薦することがあります

(研究者さんからの要望があったときに随時。採用をお約束するものではありません)

<受講料>

2160円(税込)

<対象>

実験補助の仕事に興味があり、研究機関で働きたいと思っている女性

(主婦でなくても可、学歴不問、文系の方ももちろん可)

<定員>

最大24名(定員になり次第締め切ります) 

<お申し込み>

リンク先にある「実験補助セミナーお申込みフォーム」から送信してください

 ※受付の都合上、必ず規定のフォームからお申込みください

(どうしてもできない場合はご相談ください

☆受講料は、Paypal(クレジットカード決済)でお支払いいただきます

。方法は申込受付後にメールでご案内します。

☆運営の都合上、受講料のお支払いをもってお席を確保させていただきます。

☆当日やむを得ず不参加の場合にも受講料は返金できません。できるだけご参加ください。

ご不明な点はリーゾウェブサイトのお問合せフォームからお問合せください。

 

リーゾウェブサイトに詳細があります。

http://rizo.co.jp/seminer.html#ap_60

 

 

 

 

2014年11月17日 (月)

【速報】つくば経済新聞に掲載されました

『つくば経済新聞』に、リーゾのお米『美食同玄米』の記事が掲載されました。

http://tsukuba.keizai.biz/headline/551/

 

2014年11月13日 (木)

今年の『美食同玄米』販売開始します!

今年の『美食同玄米』がようやくできあがりました。

 

まずは、「里親プロジェクト2014」にご参加いただいた皆様へ。

大変お待たせしました。

ご予約分の2.5kg(500gパック=写真1枚目×5袋)をお送りします!

Pict3018

 

同時に、期間限定で通信販売します。

500g×5袋入り1セット 税込  5,400円(送料無料)

または、

1合(150g)入りテトラパック10個入り 税込 5,400円(送料無料)

Pict2256

ご注文は平成26年12月27日まで受け付けます。

ご注文順に精製・袋詰めしてお送りしますので、

納期についてはお任せください(お支払いは到着後の振込で結構です)。

 

お申込みはこちらまで。

http://rizo.co.jp/order.html

(「里親プロジェクト2014」の一環として先行販売します)

 

美食同玄米のご案内ページはこちらです。

http://rizo.co.jp/ktk1.html

 

 

 

 

2014年11月12日 (水)

リーゾの試薬販売サイトのご紹介

このたび、インターネット上のお買い物サイト

『医学・理化学専門ショップ Medister Store』にて、

リーゾの核酸抽出試薬をお取り扱いいただくことになりました。

 

こちらのサイトは、プロはもちろん、個人でDIYバイオに挑戦したい方にも、

理化学機器や試薬をご購入いただけるように・・・というコンセプトで運営されています。

Amazonでも買えますが、ヤフーショッピングの方が便利!という方はこちらをご利用ください。

 

DNA抽出試薬シリーズはこちら

RNA抽出試薬シリーズはこちら

 

2014年11月 5日 (水)

すいすい通信 vol.43 2014年10月号

リーゾの研究者向けメールマガジン「すいすい通信」のバックナンバーです。

(最新号を配信後、前回号をバックナンバーとしてアップしております)

    ☆ すいすい通信  ☆  vol.43 2014年10月1日配信 
           

すっかり秋らしい気候になりました。食欲、スポーツ、読書、勉学・・・皆さ
んはどんな秋を楽しんでいらっしゃるでしょうか。
リーゾの秋はもちろんお米の収穫!今年は残念ながら機械刈りで出番なしにも
関らず、勝手にそわそわしております。

それでは、「すいすい通信」10月号をお届けします!

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ /_/_/

 ・特集・・・・・難しい材料からのRNA抽出~「ラン藻」「ソバ種子」編~
 ・コーヒーブレイク・・・・・・・・マニア垂涎「ダルマメダカ」の作り方
 ・こどもといっしょにサイエンス・・・・・・・・高分子吸収体で遊ぼう!
 ・リーゾからのお知らせ
 ・編集後記 


■ 特 集   ━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

難しい材料からのRNA抽出
~「ラン藻」「ソバ種子」編~
   
農学研究分野では、研究対象が農産物や食品、環境材料など、ものすごく多岐
にわたっています。既存の試薬キットや、プロトコル集に記載の抽出法方では
対応しきれない材料もたくさんあります。

同じ材料を研究対象とする仲間がほとんどいないケースも珍しくなく、核酸抽
出がうまくいかなくても相談相手がいなかったり、大手試薬メーカーでは相手
にしてもらえなかったりします(・・・経験あり)。

核酸抽出は研究の入り口。決して「目的」ではないのに、うまく行かなければ
時間も労力もどんどん費やされてしまいます。

そんな問題を少しでも解決したいという思いで、『難しい材料からの核酸抽出』
に特化して開発したのが、「DNAすいすい」「RNAすいすい」シリーズです!
  
いろいろな材料についてご相談をいただいておりますが、最近解決できた事例
をふたつご紹介します。

(1)ラン藻(シアノバクテリア)

既存のキットでは抽出が難しい種類のラン藻(シアノバクテリア)で、まずは
DNA抽出のご相談をいただきました。

シアノバクテリアからのDNA抽出は、すでに他のお客様で解決済みです。、
種類が違うものの、たぶん同じ方法で大丈夫では?と考え、DNAすいすい-Fを
お勧めしたところ、予想通りちゃんと取れました。

このときの電気泳動像で、RNAのバンドが薄く見えていたことから、
『RNAすいすい-Fを使えばRNAも取れるのでは?』とお客様。

ラン藻からのRNA抽出は未経験でしたが、組成やプロトコルから、おそらく取
れるだろうと予想して、RNAすいすい-Fの試供品をお送りしたところ、こちら
も大成功! シアノバクテリアからのRNA抽出例、第1号になりました。
 
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/rna-681a.html

ちなみにDNA抽出例の第1号はこちらです。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/dna-fdna-75f4.html


(2)ソバ種子からのRNA抽出

「RNAすいすい-Sで、イネ種子からはRNAが取れるのに、ソバ種子からは取れな
い」というお悩みを、あるお客様からいただきました。

イネ種子(玄米)とソバ種子、両方とも、澱粉が多い植物組織ですが、何が違
うんでしょうか?
ソバ種子には「ルチン」という健康機能性物質が含まれていることはよく知ら
れていますよね。この「ルチン」、実はポリフェノールの仲間です。
材料中にポリフェノールが多いと、抽出の過程でRNAが分解されてしまい、う
まく抽出できません。
  
そこで、ポリフェノールに対応していて、かつ澱粉があっても大丈夫な組成の
「RNAすいすい-R」をお勧めし、試供品をお送りしました。

さっそく試してくださった結果、『28Sと18SのrRNAのバンドが綺麗に見えまし
た』と、電気泳動写真つきのご報告をいただけました。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/cat41093947/index.html


『起業して良かったと思うときはどんなときですか?』
と、聞かれることが、よくありますが・・・
まさに、【こんなご報告をいただけたとき】です♪

製品や試供品を発送するときは、「しっかりお役に立ってくるんだよ!」と、
まるでわが子を社会に出すような気分でいます。
研究者さんも、ブレークスルーができて嬉しいと思いますが、こういうわけで
リーゾはたぶんもっと嬉しく、事業継続のためのエネルギーをいただけてます。

核酸抽出がうまくいかない材料でお困りの研究者様、抽出がうまく行かないの
は、たぶん材料のせいです。そういう時は、迷わずリーゾにご相談ください。

RNAすいすい-Fの商品ページはこちらです
http://www.rizo.co.jp/RNA-F.html

RNAすいすい-Rの商品ページはこちらです
http://www.rizo.co.jp/RNA-R.html



■ コ ー ヒ ー ブ レ イ ク ━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

マニア垂涎「ダルマメダカ」の作り方
   
読者の皆さんはすでにご存知の通り、リーゾでは趣味で高級メダカを繁殖して
います。白幹之(しろみゆき)、青幹之(あおみゆき)、楊貴妃、黄金ヒカリ
の4種類がおり、うち楊貴妃を除く3種類には「半ダルマ」「ダルマ」と呼ば
れる体の短い個体が混ざっています。

「半ダルマ」「ダルマ」は、いわゆる突然変異体です(脊椎が少ない or 脊椎
骨が小さい)。
「ダルマ」は横から見ると菱形の体型をしており、メダカというよりミニチュ
アの金魚のよう。よちよちと懸命に泳ぐ姿がとてもかわいらしく、普通のメダ
カよりもかなり高額で販売されています。

ちなみに「半ダルマ」は、普通とダルマの中間の体型で、価格も中間くらいで
す。半ダルマを親にするとダルマが出やすいということで、繁殖用に購入する
人が多いようです。

で、半ダルマは、普通に飼育していても稀に出現するものらしいのですが、
「卵を28℃で孵化させると出現率が上がる」という情報を見つけました。
これが本当なら、メダカで大もうけができるかもしれません。
というわけで、さっそく実験してみました。

5月頃、普通体型ばかりの楊貴妃の産卵を待って、卵を回収し、28℃にセッ
トしたヨーグルトメーカー(実験専用です)に入れて孵化まで保温しました。

6日程度で孵化した稚魚を、携帯顕微鏡で観察してみたところ、15匹程度の
うち少なくとも1匹が、明らかに短い体型をしており、おそらく「半ダルマ」
と思われました。

・・・実験成功?!
しかしながら幸か不幸か、その後は仕事が忙しくなって遊んでいる暇がなくな
ってしまい、反復して統計を取ることができないまま、「大人の自由研究」は
終わりました。
その後採卵した卵は温室のプールに放流するのが精一杯。すっかりほったらか
しになっておりました。

ところが話はまだ終わりません。

メダカの卵をプールにたくさん投げ込んだ当然の結果として、秋にはたくさん
の子メダカが成長してました。
(温室のプールには、植物プランクトンやミジンコ、アカムシなど、メダカの
餌はいっぱいありますから、水槽で育てるよりも生存率が高いようです)

そしたらなんと、その中に、立派なダルマ体型の楊貴妃の姿があったんです!
半ダルマを通り越して、ほんとのダルマです。

この結果を考察すると、『夏場の温室プールの温度はゆうに30℃を超えてい
たため、28℃よりさらに変異が出やすく、半ダルマを通り越していきなりダ
ルマが出た』・・・のかもしれません。

魚類の中には、孵化時の温度によって雌雄が決まるものがあるといいます。
孵化時の温度によって脊椎の大きさなり数なりが変わる、というのも、ありえ
ない話ではないのかもしれません。

メダカの産卵期はそろそろ終わります。
来年、もしも余裕があれば、統計処理できるくらいのデータを取ってみたいと
思います(・・・会社としては、余裕がないほうがいいんですが)。

ブログに観察結果の写真つき記事を公開しております。お好きな方はどうぞ!

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-82c3.html


■ こどもといっしょに サ イ エ ン ス━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

高分子吸水体で遊ぼう!

児童館などで、サイエンスショーを行う活動をしているKUBOさんに、家庭でも
できるかんたんな理科実験を教えていただくシリーズ。
子供たちへの教え方のレポート&実践用アドバイスです。
7回目の今回は、暮らしの中のいろいろなシーンで活躍している「高分子吸水
体」を使って遊びます。

2本のペットボトルに、透明な玉が入っています。
それぞれに水を入れると、片方は水に玉が沈んだ状態になりますが、もう片方
は、玉が消えて水だけになってしまいました!

消えたほうが、高分子吸水体が入っていたほう。
消えなかった方は、ビー玉です。

高分子吸水体は、自身の重さの数百~数千倍の重さの水を吸収するといいます。
水をたっぷり含むと、周囲の水と同じようになって、境目がわからなくなって、
消えたように見えます。
ビー玉の方は、水に沈んでもちゃんと見えますが、それは水とガラスとで光の
屈折率が違うからですね。

次は、「逆さコップの実験」。
紙コップに水を入れて、ハガキでフタをしてひっくり返すと、大気圧や表面張
力の影響で、ハガキがコップにくっついたままで、水がこぼれない・・・とい
う実験は、ありますよね。もちろん、ハガキをとると、水がこぼれ落ちます。

でも、紙コップに、高分子吸水体の粉を仕込んでおいて、水を入れると、さか
さにしてさらに、ハガキをとり除いても、水は落っこちません!
子どもたちは、紙コップの中に、高分子吸水体が入っていることなど知らない
ので、びっくりです。

中身はどうなっているのか・・・?
コップを透明なものに変えてもう一度やってみると、ゼリーのようにぷるぷる
になっていることがわかります。

次に、水をいっぱいにとりこんだ高分子吸水体に、「塩」を混ぜたらどうなる
でしょうか?

ゼリー状になったものに塩を入れてカシャカシャかき混ぜると、高分子吸水体
から水が漏れ出てきます。 
これは、塩のために高分子吸水体が水を保持できなくなったためです。 

原理は違うようですが、ナメクジに塩をかけた時に似ていますね。 
(注:塩をかけても脱水されない特殊な吸水体もあるそうです。)

子供たちの実験は、ふたつきの透明プラスチック容器に水を入れて、ビー玉と
高分子吸水体を、ぽちょん、ぽちょん、と入れてもらいます。
消えたように見えるのがとても不思議!で、楽しそうです。

最後に、好きな香りのアロマオイルを一滴入れて、ふたをしておみやげに!
フタに穴を開けたら、いい香りが漂うことでしょう♪

こんな実験をするためのビーズ状の高分子吸水体は、100円ショップなどで
購入できます。色つきのものもあります。
たくさん必要な場合は、通販で100g単位でも買えるようです。

「おもしろ!ふしぎ?実験隊」のブログで、実験の様子が写真入りで紹介され
ています。ぜひご覧ください。
(購入についての情報もあります)

http://tsukuba-ibk.com/omosiro/2012/12/post-233.html

高分子吸水体ビーズが消える!出てくる!がひと目で分かる、秀逸な展示のア
イデアはこちら(動画つき)。

http://tsukuba-ibk.com/omosiro/2013/01/post-242.html



それでは、KUBOさんへのインタビューです!

Q:この実験を思いついたきっかけは?

高分子吸水体で、芳香剤を作る工作教室を知り、作るだけでなく、一つの流れ
となる実験教室ができたらなと思い、考えてみました。

Q:この実験教室を上手に行うコツは?

この実験教室のつかみは、最初のさかさコップの実験をマジックのように、行
うことです。
おうちでもマジックとして使えるので、その方法をご紹介しましょうね。
いかにも封を開けたばかりの様な紙コップの袋を用意しておきます。
もちろん上から2つ目のコップには、高分子吸水体の粉を入れておきます。
封を開け、一番上の紙コップを使い、普通のさかさコップの実験を行います。
次に、高分子吸水体が入った紙コップを取り出し、さかさコップの実験を行う
のです。高分子吸水体が、水を含むには、少し時間がかかるので、おまじない
は~チチンプイプイ♪なんていうと、いいでしょう。

高分子吸水体の粉は、紙おむつにも含まれています。おむつを切り裂いて中の
綿とともに、紙コップに入れておけば、マジックができますよ。
ただし、高分子吸水体の粉は、目などに入るとよくないので、注意して扱って
くださいね。

Q:子どもたちの反応はいかがですか?

高分子吸水体は、知らなくても、お祭りなどでの「ぷよぷよすくいのぷよぷよ」
と言ったら知っている子も多いようです。
ブログでもご紹介していますが、夏の暑さ対策で首に巻くリボンや熱さまシート、
コンタクトレンズなど、日常のいろいろなところに使われています。
もちろん子どもたちが一番「あぁ~!」となるのは、小さいころにお世話になっ
たであろう、オムツを見せた時です。
実際に見せるのは、あまりリアルになってはいけないので、ワンちゃんのオムツ
です。(#^.^#)
シッポの穴もあるのですよ! 


KUBOさん、ありがとうございました!


■ リ ー ゾ か ら の お し ら せ ━━━・・・・・‥‥‥………

○平成26年度 地域創業促進支援事業「つくば地域起業・創業スクール」

上記スクール『創業・起業 はじめの一歩』で、代表門奈が講師の一人を務め
ました。

起業を考えているひとが対象のセミナーで、定員40名がほぼ満員となる盛況
ぶりでした。
このセミナーは、このあとに続く本格的な創業スクールの導入編のような位置
づけで、その場でスクールに申し込まれる方も多く見られました。

「起業」は決してゴールではなく、そこから先が長くて大変・・・。でも大変
な過程そのものが、人生を限りなく豊かにしてくれるのではないかと思います。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-d831.html


○交配袋の製作状況

高機能不織布製研究用交配袋の製作が立て込み、受注から製作開始までにおよ
そ半月~1ヶ月ほどお待ちいただく状況となっております。
また、ご注文確定の順に製作いたしますため、見積段階と確定時とで納期にず
れが生じる場合があります。

品質は下げず、少しでも早く納品できるよう、スタッフ一同知恵を出し合い、
がんばっています。これからもどうぞご遠慮なくご注文ください。
(催芽袋のような特注品↓のご相談も歓迎です)

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/rna-681a.html


○朝日新聞朝刊「探求人」欄に掲載されました

9月11日(木)付け朝日新聞朝刊・科学面の「探求人」欄に、弊社代表門奈
をご紹介いただく記事が掲載されました。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-32e6.html

リーゾの理念やサービス精神、主婦ばかりで運営する楽しそうな様子等を、コ
ンパクトにまとめた素敵な記事となっています。
写真の背景には貧乏ラボを象徴する「あるモノ」もしっかり写ってました。

「記事見たよ」とご連絡いただきました皆様、ありがとうございました!


■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○朝日新聞の記事を取材・執筆された記者さんとは、ひょんなことからご縁が
つながって取材に至ったのですが、私と同じ世代の子育て中の主婦で、とても
話が弾み、楽しい取材となりました。
(全くいつも通りのテキトーな姿で写真に納まってしまったのが痛恨です。)

○筑波大出身の青年が経営する観光イチゴ園「つくばねファーム」さんのイベ
ント「いちご植え」に、娘と友達とその家族とで行ってきました。温室にずら
りと並んだ苗の根をほぐし、土に穴をあけ、手前に45度倒して植えました。
(倒すことで、イチゴが手前側に実って収穫しやすくなるんですって)。
秋晴れの日差しの下、弾き語りライブを聴きながらいただく、完熟イチゴジャ
ムたっぷりのカキ氷は絶品! 植えたイチゴには名札を立ててきたので、成長
を見に行きたいと思っています。

つくばねファームさんのウェブサイトはこちら
http://www.tsukubanefarm.com/

○交配袋の製作をもっとスピードアップするために、『すでにあるもの、安く
手に入るものを使う』を前提に全員でアイデアを出し合い、議論と試行錯誤を
重ねた結果、いかにもリーゾらしい、ちょっとしたイノベーションを行うこと
ができました。
どんなものができたのか? ぜひこちらでチェックしてみてください!

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-e774.html

○最後までお読みいただき、ありがとうございました。これからも、リーゾと
すいすい通信をどうぞよろしくお願いいたします          (も)

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

すいすい通信は、「株式会社リーゾ」のお客様、および関係者の皆様にお送り
しています。この号は472名様に配信しました。
お知り合いで、「すいすい通信」の配信を承認していただける方がいらっしゃ
いましたら、ぜひご紹介くださいますよう、お願いいたします。

----------------------------------------------------------------------

【すいすい通信】

発 行 日:月1回・第1水曜日(予定)
発行開始日:2011年4月7日

ご意見ご感想、および本メールマガジンの解除はこちらまで
info(at)rizo.co.jp

【発行元】

株式会社リーゾ
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-9-2-B201
TEL:029-852-9351 FAX:020-4623-5611
MAIL:info(at)rizo.co.jp
HP:http://www.rizo.co.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

======================================================================
Copyright(C) Rizo Inc. All rights reserved.

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

2014年11月 4日 (火)

重力を活用した?文具ラックです

牛乳パックを利用した「カルトナージュ」(紙と布を使った小物作り)にはまり、

こんなものを作ってみました。

Pict2999_2

ペンなどの文具を立てて収納するラックです。

ペン立てって、入れた文具が放射状に広がってしまいますよね。

さらに、短いものは埋もれてしまって探しにくく、事実上使われなくなってしまうことも。

消しゴムなど小さいものはそもそもペン立てには入れられず、定位置に困ります。

 

そういった問題を解決するのがこの文具立て!

高さの違う3つの箱が、斜めになっているのがポイントです。

(倒れる可能性があるので、端っこはトレイ型の小箱が支えています)

横から見るとこうなってます。

Pict2998


適当な文具を入れてみます。

Pict3000

ほら!

一定方向に寄りかかる形になるので、放射状になりません。

消しゴムとかは端のトレイに入れておけば行方不明にならなくて便利です。

写真では入ってませんが、「iPodTouch」のサイズにもぴったりです。

(自宅では、iPodTouchの指定席として利用してます)

 

「リーゾの商品にしちゃおうか?」と思うくらい、なかなか良いです。

基本的に牛乳パックと布だけで作れます。

(意外とたくさん牛乳パックが必要なので、貯めてから作るとよいですよ!)

余裕があれば作り方もアップしたいと思いますが、たぶん無理ですので、

欲しい方は写真を参考に作ってみてください。

 

ちょっと無理やりな感じではありますが・・・

「重力を使うアイデア文具」⇒理科つながりとして、

無理やりリーゾのブログに載せちゃいました。

失礼しました~。

ちなみに、「斜めに整理できる文具ケース」は、他にも考えた人がいて、

こんな風に製品化されているのを見つけました。

http://www.pen-info.jp/carl_tool_stand.html

こういう形も、便利そうです。

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

2014年11月 3日 (月)

東京農業大学大学院で講演しました

去る10月29日(水)10時40分~、

東京農業大学大学院(世田谷キャンパス)にて、

「『美食同玄米』開発物語」と題した講演を行いました。

 

ちなみにこのタイトルは、お招きくださった東京農業大学の樋口恭子教授(大学時代の学科同期です)の案によるもの。

実は講演のタイトルを考えるのがすごく苦手で、代わりに考えてもらいました。

 

イネのゲノム育種&マーカー選抜育種の方法、SNPマーカーの作成法など硬い内容を軸として、

それを貧乏ラボでいかに実現したかという体験談でくるみ、

また最近流行りつつある(?)「DIYバイオ」の観点からも参考となる内容になるように構成しました。

2年前に講義させていただいたときと同様、寝ている学生がほとんどいなくて感心しました。

(どちらかというと、前半よりも、後半の貧乏起業体験談の方が目が輝いていたような気がしますが・・・)

 

終了後、樋口教授が、『出席票の裏に感想コメントを書くように』と促してくださいました。

以下、いただいたコメントの一部を紹介します。

 

・ゲノム関連の話や商品開発の話、圧力鍋をオートクレーブの代用として

使用している話など、多くの場面で創造力の高さを感じました。

 

・普段研究室では器具は新品を使用しているので、

中古品をかき集めて使用していることに驚きました。

 

・日常品を実験器具に代用していた点、感銘を受けました。

「お金がないなら頭を使え」心に刻みます。

 

やっぱり・・・。

他のコメントも、だいたい同じような感じでした。

ゲノム育種の話よりも、貧乏ラボの話の方が、強烈に印象に残ったようです。

学生さんの将来に、妙な悪影響を与えないことを祈るのみです。

 

11月1日から『収穫祭』があるということで、

経堂駅から農大に向かう商店街にも「収穫祭クーポン使えます!」のチラシが。

地元商工会と協力し合い、地域振興に貢献する姿勢を感じました。

これからの大学には、全世代を対象に考える姿勢が必要なことは明らかですが、

地元商店街とのつながりから着手するのもひとつの手ですね。

(・・・関係ないですけど)

 

学生さんは、大切な未来のお客様。

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

 

『コシヒカリつくば黒1号』今年の稲刈終了!

つくば市内3箇所(@吉沼、@栗原@、国松)の田んぼで栽培していた、

『コシヒカリつくば黒1号』の稲刈が、ようやく完了しました。

 

Pict3004


写真は、最後まで残っていた栗原の田んぼです。

10月中旬に刈り取る予定のはずが、2度の台風と長雨でなかなかチャンスがなく、

3日続けて晴天となった10月29日にようやく刈り取ることができました。

(それでも一部、足場が悪いところがあり、コンバインが立ち往生して大変だったようです・・・。)

 

今年の栽培では、吉沼の田んぼは相変わらずの雑草に悩まされましたが、

国松と栗原は(やはり農薬を使わない栽培なのですが)、

それほど雑草が生えてなくてとても不思議でした。

除草のタイミングや頻度、土地のわずかな傾きの有無、

水管理のしやすさ、前年度の雑草の生え具合(種子の有無)、など、

いろいろなことが要因になっているのでしょう。

農薬を使わない栽培はものすごく大変で、ほとんど不可能と思っていましたが、

ポイントをきちんと押さえれば、それほど無茶なことではないのかもしれません。

今年はそういう意味でも、とてもよい経験を積むことができました。

 

まだ「籾」の段階で、収穫量ははっきりわかりませんが、

今年は昨年の100kgを大きく超える収穫量となることは間違いありません。

とりあえず、無事に収穫まで来れたことにホッとしています。

 

・・・でも、本当のところ、大変なのはこれからなんです・・・

コシヒカリつくば黒1号は、美しいツートンカラーが特徴。

この色をきれいに保つため、籾摺りでは「歩留まり」を犠牲にします。

つまり、未摺り米が一定の割合で残ってしまうので、

製品化にあたっては、これを取り除かなくてはなりません。

うまく籾だけがひっかかる篩があればいいのですが、市販のもはどれもダメ。

しかたなく、ひとつかみずつバットに広げて、ピンセットで取り除いていきます。

(コーヒー豆にも、こういう作業をする高級品があるらしいですよ)

 

このため、玄米になってから製品の形になるまでに、かなり時間と労力がかかります。

パックごはんを作るには何十キロも必要なので、気が遠くなる作業です。

ちゃんと売れるようになって、お金がかけられるようになれば、

いい機械を導入できるのではないか・・・?と淡い期待を抱きつつ、

今年も「ハンドピッキング」をがんばります。

 

リーゾの『美食同玄米』のご紹介ページはこちらです。

http://rizo.co.jp/ktk1.html

 

 

 

 

 

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »