2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« DNAすいすい-Sの活躍 | トップページ | 高機能交配袋を「発芽袋」に使ってみた »

2013年3月13日 (水)

黄金ヒカリメダカの雌雄判別

久しぶりの、生き物の話題です。

 

リーゾでは現在、「幹之メダカ」と「黄金ヒカリメダカ」の2種類を飼っています。

冬の間は、いっしょくたに水槽に入れて保温していたのですが、

急に暖かくなってきたので、産卵の前に分けることにしました。

 

ついでに、雌雄も見てみようと、小さなビーカーに入れて観察。

Photo

メダカの雌雄は、ひれの形で見分けるそうです。

背びれに切れ込みがあるのがオス、ないのがメス。

しりびれが平行四辺形なのがオス、台形がメス。

はらびれが短いのがオス、長いのがメス。

しりびれに乳状突起があるのがオス、ないのがメス。

・・・などなど。

ということは、背びれに切れ込みなく、はらびれが長く、しりびれが台形に見えるので、

たぶんこれはメス?

 

比較対象がないとわかりにくいので、もう1匹観察してみました。


Photo_2


しりびれが平行四辺形で、はらびれが短い点では、この子はオスでしょうか・・・?

背びれに切れ込みがないので決め手に欠けますが。

 

せっかく繁殖させるのなら、きれいな個体の雌雄を選んで、と思ったのですが、

いまひとつ自信がもてないので保留中です・・・。

 

普段は水槽にいて、美しさが良く分からないでいたのですが、

このように光を当ててみると、金色で、透き通っていて、とてもきれいです。

写真ではわかりにくいですが、体側に光を反射する部分(「ヒカリ」の名の由来)もあります。

 

・・・遊んでてすいません。仕事に戻ります。

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

 

« DNAすいすい-Sの活躍 | トップページ | 高機能交配袋を「発芽袋」に使ってみた »

生き物たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄金ヒカリメダカの雌雄判別:

« DNAすいすい-Sの活躍 | トップページ | 高機能交配袋を「発芽袋」に使ってみた »