2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の8件の投稿

2013年3月29日 (金)

働く女性の時間術④

メルマガ「すいすい通信」の企画で、働く女性の皆さんに「時間術」をお聞きしています。

その第4弾です。

今回のコメントは、牛久市で研究専門の翻訳会社を経営しながら、二人のお子さんを子育て中の柳澤奈津子さんです。

ワールド翻訳サービスさんのウェブサイトはこちらです。

http://www.worldts.com/

 

年下ながら、経営者としては先輩。よく勉強されていて、いろいろ教えていただいてます。

では、コメントをどうぞ!

 

【時短術】

・仕事は徹底的に振る(社内のスタッフだけでなく、外注さんをフル活用)

スタッフにはほぼ丸投げで仕事を任せ、質問や相談があったときだけ対応
 (細かなことは全部本人の裁量で任せ、多少の失敗やトラブルがあっても
  想定内と考える。報告をすれば怒る必要もないので、ラクです。)

悩まない(迷っている時間が一番仕事のロスなので。判断を早くする。)

・後回しにできることは後に回す
 (そして、さっさと帰ります。忘れても支障のないものはそのままフェードアウトすることも。。。)

 

【メンタルケア】

・湯船につかりながら半身浴&読書、ついでにコーヒーやお茶も持参。
 かなりいい気分になれます。

朝、早起きして1時間読書or勉強
 こどもが小さいと自分のための時間を作るのが大変ですが、
 自分のためだけに使う時間を作ることで気持ちに余裕がもてる気がします。

・買い物
 夫やこどもに内緒で自分の好きなものをたまに買います
 モノだけでなく、セミナー代や勉強費など内面的なことにも使ってしまってます。

こどもと同じレベルになって遊ぶ
 こどもと一緒に思い切り体を動かして遊ぶと本当に楽しいと思います。
 おバカな歌を一緒に歌うのも楽しかったりします。

割り切る

 

【家事】

 
・謝って済むものはあやまって終わらせる(要は最低限しかやらないってことですね)

ムリしすぎずに、外食も楽しむ
 (がんばりすぎて体調を崩すよりは、外食を楽しんでラクするのもよいと思います。
  ぜいたくではなく、体調管理と思うように切り替えてます。)

休日はこどもを外で遊ばせて、その間にまとめてがんばる

なんでもとりあえず放り込めるスペースを作る

 


「出来る女性」らしいくふうの数々、ありがとうございます

やはり、働きたい盛りなのに子どもが小さいと、「勉強の時間をどう捻出するか」が悩みどころですよね。

子どもを寝かしつけていると、自分が先に寝ちゃったりします。そのあともう一度起きて活動するのはかなりツライ。

なので、夜は子どもと一緒に寝てしまい、朝早く起きて自分の時間を作る、というのは合理的ですね。
 

仕事も家事も子育ても、全てに100点をとろうと思わず、ぎりぎり合格点でクリアしていけばいいということだと思います。

子育ては長丁場ですから、途中で破綻しないことがいちばん大事なんですよね。

そのためには、短期的には「もったいない」「むだ」「ぜいたく」「わがまま」と思われることも、

「お母さん(主婦)の笑顔という、家族にとっていちばん大切なものへの投資」

と思って割り切ること、大賛成です。

 

柳澤さん、ありがとうございました。

改めて、ワールド翻訳サービスさんのウェブサイトです

http://www.worldts.com/

 

リーゾのサイトはこちらです(「すいすい通信」のバックナンバーもあります)

http://rizo.co.jp/

 

 

2013年3月28日 (木)

働く女性の時間術③

リーゾのメルマガ、「すいすい通信」の企画で、

子育てしつつ、仕事もがんばる女性の皆さんに、「時間術」についてのコメントをいただいています。

その第3弾です。

今回のコメントの主は、お菓子教室を主宰しつつ、実験補助セミナーを受講してさらりと就職を決め、

現在もお仕事を続けながら、なんとお菓子工房の開業準備中・・・という、

スーパーマルチなお母さん(しかも美人!)、赤塚有美さんです。

お菓子教室&工房のURLはこちら

http://sweetsweet-s.blogspot.jp/

 

 

彼女ならではの、オリジナリティーあふれるくふうは、目から鱗です。

では、コメントをどうぞ!

私が実践したのは子供の塾を辞めさせて家庭学習を重視したこと
そしてテレビの使い方を改めたことです。

子供の成績を考えると塾に通わせたくなるもの。
しかも塾に子供が行っている間は自分の手も空く。
一石二鳥に見えるのですが、想像以上に塾の都合に合わせて親が動くことが求められます。
実際、送り迎えに時間が取られ、近くの塾に鞍替えしたものの塾前に食事準備、学校の準備、etc…
子供が家にいる時間のほとんどを塾にコントロールされました。
仕事と家事をなんとかこなすだけで精一杯で、疲れきってしまいました。

そこで、思い切って二人の子供の塾を辞めさせて、読書や書店で購入できる参考書を子供たちにやらせてみました
実際にそれだけで自由な時間が2時間ほど増えました
子どもたちとの会話も増えましたし成績も何故か伸び ていいこと尽くめでした。


うちの子供達はテレビの虜、画面を見ている間はとてもおとなしいのですが、テレビを止めることができない。
テレビを止め ろと怒鳴る毎日でした。
子供の寝る時間も遅くなっていましたし、このままではいけないなと思っていました。
いっその事ということでアンテナを取り外してテレビを観られないようにしてしまおうかとも考えましたが、
抵抗勢力(こどもたち)が黙っているわけもない。
子供が学校で話題についていけなくなってイジメられても困る。

そこでHuluという月980円定額で好きなだけ映画を見られ るサービスに入ってみました。
PS3やApple TVがあればテレビでHuluを楽しめます。

今ではHuluのほうが面白いと地上波を見なくなってしまいました
今の子たちはあまりテレビの話を学校でし ないみたいで、ずいぶん時代が変わったなと実感。
レンタルビデオ屋に行くことも無くなったので思わぬ時間の節約にもなりました。

私の時間の使い方というよりは子供の時間の使い方になってしまいました。
黙らせておいたほうが楽だからと、ついつい子供の好き勝手にさせてしまいがちです。
でも、母親は子どもと一緒に過ごす時間が多くなります。
もう一度子どもの時間の使い方を見なおしてみると自分の時間も作り出せるかもしれません。

 

子供の習い事は確かに、送迎の負担が意外と大きいものですが、

やめさせちゃうとは思い切った作戦です。

買って来た問題集を素直にやってくれる子供に育ててきたこと自体の勝利、とも言えますね(我が家では無理?)。

テレビとのつき合い方(つき合わせ方)も、頭を痛める親は多いと思います。

くだらないテレビ番組が多い中、CMも入らず、映画が見放題、というのは、

親にとっても魅力的かもしれません。

赤塚さん、ありがとうございました!

 

リーゾのHPはこちらです(「すいすい通信」もよろしくお願いします)。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

2013年3月27日 (水)

働く女性の時間術②

仕事やプライベートを通じてつながりのある、身近な「働く女性」に、

子育てしながら仕事をするうえでの時間のやりくりのくふうをお聞きしています。

その第2弾です。

コメントの主は、私のママ友であり、仕事をしながら3人のお子さんを育てていらっしゃる研究者(匿名ご希望)。

とても有能でパワフル、かつとってもきさくでコミカル(失礼!)な女性です。

では、コメントをどうぞ!

 

・冷凍食品、乾麺などのストックは必須。

(震災時も役立ちました)

 

・時間がないときは気にせず外食やお惣菜を利用する。

 

・Yシャツは旦那も子供も形態安定。

(ちょっと高いけどアイロンの手間いらず)

 

・子供に一つは仕事をさせる。

(さくら組*頃から郵便物をポストからとって家に運ぶことから始めてます)

*つくば市の保育所では年中さんのことを「さくら組」「さくらさん」と呼びます

 

・洗濯物や洗い物を出さないときは本人が出すまでガマンする。

(剣道着だけは限界を超えていたので洗っちゃいましたけど(^^;;)

 

・弁当の日も疲れていたり体調不良なら「ブルジョア弁当(冷食三昧)」や

 「詰め替え弁当(コンビニ弁当を弁当箱に詰め替えるだけ)」。

手ヌキですみません。(^^;;; 

 


なるほど~・・・。うなずけるワザばかりですね。

洗濯物は本人に出させる、は当たり前に思えると思いますが、

「出すまでガマンする」というのがリアルです・・・。

かえって面倒なのでちゃっちゃとやってしまいたくなるところ、

ぐっとガマンして本人に不都合を実感してもらうことが大事なんですよね。

そうしないと「どうせ母親がやってくれる」とたかをくくられますからね~。

(夫も同じかも?)

 

「ブルジョア弁当」というネーミングがすばらしい!

これで後ろめたい思いは払拭できますよね。

子供は冷凍食品、意外と喜んでいるものですし。

 

いつもお世話になってますが、今回もありがとうございました~。

 

リーゾのHPはこちらです(「すいすい通信」のご案内もあります)。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 



2013年3月26日 (火)

働く女性の時間術①

リーゾのメルマガ「すいすい通信」の「すいコム!」コーナーでは、
すいすい通信読者のみなさんに、いろいろなお尋ねをしています。
最近ママになったばかりの女性研究者の読者様から、「ぜひこれを聞いて!」とご要望を受け、
子育てしながら働く女性がどんなふうに時間をやりくりしているのか、
いろいろな方にコメントをいただきました。
その第1弾です。
 
コメントの主TSさんは、金融業界の会社員を経て、現在はコンサルタントとして起業し活躍中の女性経営者さんです。
お子さんが生まれたときには都心の会社勤めで、時間のやりくりは大変だったようです。
ではコメントをどうぞ!
 
 


①まず保育園のほぼとなりに引っ越した。
5分が惜しい時期だったので、これはそれなりの効果発揮。
ただし引っ越しのコストや苦難を考えると???コスト面でも合理性が見つかるときのみオススメ。
 
②そうじや洗濯、片づけを外注した。 
近所にフィリピン人のヘルパーさんに毎日来てもらっている友人がいたので、
その人の空き時間を週に1~2回。2時間程度。時給1500円。
だんだん慣れてくると料理までお願いしたりしてました。カレーやチキン料理ですが。
子供が小さいと外食も厳しいので助かりました。
 
③子どもと離れている時間を満喫すること。
???と言われそうですが、この感覚が重要。
何というか、家に帰っていろいろなことに向かうための英気を養ってる感じです。
 
 
職場と自宅、さらに保育所が近くにあることは、幼児を育てながら仕事するうえでかなり重要・・・。
つくばならともかく、都内だと電車通勤だったりしますから、赤ちゃんを抱えて満員電車に乗ることは避けたいですよね。
保育所の近くに引っ越す、というのは荒ワザに見えますが、実はすごく合理的な選択です。
家事の外注は、「自宅に(それも留守中に)他人を家に入れるなんて!」と、最初は心理的な抵抗がありますが、
思い切って頼んでみると、意外と大丈夫で役に立つものです。
疲れて帰宅して、家の中がキレイだと、それだけで元気になりますし、
こどもと笑顔で向き合う余裕ができることには、お金には換えられない価値がありますよね。
そして③!すごくよくわかります・・・。
育児休業を経験すると、復帰時に、「仕事ができる幸せ」がしみじみ味わえるもの。
仕事で育児のための充電、育児で仕事のための充電、どちらも元気の素になると思えば、
ハードなワーキングママライフも、ちょっと得した気分になれるかも?
 
TSさん、ありがとうございました~。
 
ご研究&ワーキングライフに役立つ(かもしれない)情報をお届けしている、
「すいすい通信」のバックナンバーと配信お申込みは、リーゾのHPまでどうぞ!
http://rizo.co.jp/
 
 
 
 











			

2013年3月24日 (日)

高機能交配袋を「発芽袋」に使ってみた

リーゾのヒット商品「高機能研究用交配袋」はもうお使いですか?

薄くて軽くて丈夫で、しかも花粉を通さない、不織布製の交配袋です。

http://www.rizo.co.jp/crossingbag.html

 

基本的に受注生産、全て手作りで製作していますので、サイズはぴたりとは揃いません。

検品時に、「ちょっとこれは小さすぎ」というものは、残念ながら規格外としてはねています。

・・・が、やっぱりもったいない。

何かに使えないかなあ、と考えて、イネの発芽時の袋として使ってみることにしました。

 

Photo

まずは、交配袋(ムギサイズ、の規格外品)に、種籾を入れます。

そのままだと長すぎるので、縦半分の長さにカット。

上半分がもったいないので、シーラーで底を作り、そちらも利用。


Photo_2

種籾を入れた袋を束にしたところ。

研究用の種籾は、混ざってしまうのが一番怖いのですが、

これなら絶対に混ざりません。

Photo_4

つぎに、水につけて催芽します。

この写真では、束の上部をステープラーでとめてありますが、催芽の途中で外しました。

(とめなくても、種が外に出ることはまずないようです。)

最初は水に浮きますが、数分で水が浸透し、沈みます。

水が浸透しても、紙のようにぐにゃりと曲がることなく、しゃんと立っててくれるのが頼もしい・・・。

落ち着いたら、1cmくらいの深さに水を減らし、暖かい場所に置いて、ときどき水を替えてやります。

 

そして数日後。

Photo_5

袋の口から覗いて芽が出ていることが確認できたので、開封しました。

(横からも透けて見えないこともないですが、ちょっと見ずらいです)

 

開封は、開口部に指を入れて力を加えれば、ぴりぴりと小気味良く、

シール部がはがれて簡単に開封できます。

この場合は、底辺が開封できないので、この状態でピンセットで種を取り出します。

ピンセットがないと、ちょっと取り出しにくいのが難点。

ところが・・・


Photo_6

・・・交配袋の上半分を再利用した袋の場合、底辺も開くので、種が取り出しやすい!

発芽袋に使うなら、こっちのほうが便利かも。捨てなくてよかった。


Photo_7
 

というわけで、無事に播種終了。

写真のように並べたあと、きれいな土を数ミリの厚さで振りかけ、種籾を軽く埋めます。

水は土の面より下になるようにキープしておけばOKです。

(写真では、栓のできるプランターに水を張り、黒丸ポットを並べて播種しています。)

播種後の袋はもちろん捨てますけど、捨てるときもゴミが散らばらず、手が汚れず、快適でした。

 

ちなみに今までは、ペーパータオルを折りたたみ、種子を入れてステープラーでとめる、

というやり方をしていました。

このやり方で嫌だったのは・・・

・ペーパータオルをカットして折りたたむのに、結構手間がかかること、

・催芽の途中で発芽状態を確認しにくいこと

(めくろうとすると破けて元に戻せない、袋同士がくっついて目的のものを探しにくい)、

・播種時に破いた部分がじっとり濡れていて、指にくっつき、ゴミになってちらばること、

・濡れたペーパータオルに土がくっついて汚くなること、

でしたが、それはすべて解決できました。

 

規格外の交配袋がたくさんあることだし、今年度はこれで行こう!と思います。

交配袋が余ったら(あるいは再利用で)、こんな使い方もできますよ~。

 

高機能交配袋の販売ページはこちらです。

(第二期販売分は2万枚程度の予定で、残り枠は8千枚程度となっております。)

http://www.rizo.co.jp/crossingbag.html

 

2013年3月13日 (水)

黄金ヒカリメダカの雌雄判別

久しぶりの、生き物の話題です。

 

リーゾでは現在、「幹之メダカ」と「黄金ヒカリメダカ」の2種類を飼っています。

冬の間は、いっしょくたに水槽に入れて保温していたのですが、

急に暖かくなってきたので、産卵の前に分けることにしました。

 

ついでに、雌雄も見てみようと、小さなビーカーに入れて観察。

Photo

メダカの雌雄は、ひれの形で見分けるそうです。

背びれに切れ込みがあるのがオス、ないのがメス。

しりびれが平行四辺形なのがオス、台形がメス。

はらびれが短いのがオス、長いのがメス。

しりびれに乳状突起があるのがオス、ないのがメス。

・・・などなど。

ということは、背びれに切れ込みなく、はらびれが長く、しりびれが台形に見えるので、

たぶんこれはメス?

 

比較対象がないとわかりにくいので、もう1匹観察してみました。


Photo_2


しりびれが平行四辺形で、はらびれが短い点では、この子はオスでしょうか・・・?

背びれに切れ込みがないので決め手に欠けますが。

 

せっかく繁殖させるのなら、きれいな個体の雌雄を選んで、と思ったのですが、

いまひとつ自信がもてないので保留中です・・・。

 

普段は水槽にいて、美しさが良く分からないでいたのですが、

このように光を当ててみると、金色で、透き通っていて、とてもきれいです。

写真ではわかりにくいですが、体側に光を反射する部分(「ヒカリ」の名の由来)もあります。

 

・・・遊んでてすいません。仕事に戻ります。

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

 

2013年3月 7日 (木)

DNAすいすい-Sの活躍

DNAすいすい-Sをご利用いただいている、

静岡大学の大橋和義先生より、うれしいお知らせをいただきました。

 

昨年の9月に、静岡大学で行われた、

「ダヴィンチ・キッズ・プロジェクト」の「基本概念習得プログラム」②「お米のDNA鑑定」にて、

弊社の「DNAすいすい-S」をご利用いただいたそうです。

 

対象は、小学校高学年&中学生。

お米からDNAを抽出して、PCRをかけ、電気泳動して品種を鑑定する。

わお!本格的ですね~。

 

フェノクロなど危険な試薬が不要で、子供でも安全に抽出できる点でご評価いただき、

採用に至りました。

お役に立ててなによりです!

大橋先生、ありがとうございました~。

 

静岡大学工学部・大学院工学系研究科様のHPはこちらです。

http://www.eng.shizuoka.ac.jp/

右下の方に、ダヴィンチ・キッズ・プロジェクトのバナーがあります。

 

ダヴィンチ・キッズ・プロジェクトのHPはこちらです。

http://train1.eng.shizuoka.ac.jp/dvkproject.php

「活動報告」の2ページ目に、「お米のDNA鑑定」の報告記事があります。

(商品名は、出てませんけど・・・。)

 

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

2013年3月 6日 (水)

すいすい通信 vol.23 2013年2月号

リーゾの研究者向けメールマガジン「すいすい通信」のバックナンバーです。

(最新号を配信後、前回号をバックナンバーとしてアップしております)

☆  すいすい通信  ☆ vol.23  2013年2月6日配信 


━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○「研究用交配袋」の第2期販売を開始しました(2月1日~)
  ⇒詳しくは下記「リーゾのニュース」およびウェブサイトにて。
   http://rizo.co.jp/crossingbag.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

厳しかった寒さがふと緩む瞬間に、春が近いことを感じる季節になりました。
・・・と書こうと思ったら、本日の関東地方は雪景色!
ジェットコースターのような気温変動のなか、「すいすい通信」2013年2月号、
張り切ってお届けします!

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ /_/_/

 ・特集・・・・・・・・・・・・・・・・・・・DNAで、日本の畳を守る
 ・コーヒーブレイク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「キャズム」
 ・すいコム!コーナー・・・・・・・・・・・・ 仕事の効率アップ【回答】
 ・リーゾからのお知らせ
 ・編集後記 

■ 特 集  ━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

DNAで、日本の畳を守る

日本人にとってなじみの深い「畳」。
日本の畳文化を守るために、DNAが一役買っていることをご存知でしょうか。

畳の材料は、「イグサ」と呼ばれるイネ科の植物です。
イグサにも、いろいろな品種があります。また、在来種を交配して、新しい品
種も作られています。その中でも特に優良とされているのが、熊本県で開発さ
れた「ひのみどり」という品種です。
茎が細く、花芽が少なくなめらかで、きめの細かい高品質の畳を作れます。

ところがこの「ひのみどり」の種苗が海外に持ち出されて大量に栽培され、安
く日本に輸入されるようになりました。困ったのは、熊本のイグサ農家。収穫
したイグサが売れなくなって経営が困窮する、深刻な事態になったそうです。

現在の法律では、種苗を海外に持ち出して栽培すること自体を禁止することは
できませんが、国内に持ち込むことは禁止できます。輸入されたものが「ひの
みどり」だと判明すれば、輸入した者はかなり重い刑罰を受けることになるん
です。

となると不安に襲われるのは、イグサ製品を輸入する善意の業者。
うっかり「ひのみどり」を輸入してしまったら一大事です。

というわけで、イグサ製品の原料が「ひのみどり」ではないことを確認するた
めのDNA検査の需要が急増し、(独)種苗管理センターでの対応が困難にな
ったことから、平成21年の秋から、リーゾで鑑定を引き受けることになりま
した。

実際には、「ひのみどりではない」ことを低コストで確認したいというケース
(主に畳表・乾燥イグサの輸入・製造・販売業の方など)と、育成者権を守る
ため、怪しいイグサについてしっかり検査したいというケース(主に日本国内
の生産者や税関関係者の方など)と、需要は大きく二つに分かれるので、それ
ぞれに合う検査メニューを提供しています。

とはいえ、大いにお役に立てる事態はあまりないに越したことはない事業。こ
ういう検査があること自体が、不正輸入の抑止力になっていればそれが一番で
す。
それでもたまにご依頼があると、畳表のいい香りを楽しみつつも、真剣に鑑定
に取り組んでいます。

日本の伝統のひとつである畳、その原料となる優良品種を次の世代に受け継い
でいくために、微力ながら貢献できればうれしいです。

(イグサのDNA鑑定法は農研機構が特許出願しており、リーゾでは農水省の
TLOよりライセンスを受けて実施しています)

イグサのDNA鑑定については、①背景②原理③サービスの3回に分けて、ブ
ログ記事でご紹介しています。
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/dna-7d41.html
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-b27d.html
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/dna-78d6.html

鑑定サービスのサイト(リーゾHP)はこちらです。
http://www.rizo.co.jp/igusa-DNAkantei.html

■ コ ー ヒ ー ブ レ イ ク ━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「キャズム」

研究分野でベンチャーを起業しようと考えたことのある方なら、この言葉をも
しかしたらご存知かもしれません。

キャズムとは「深い溝」のことですが、どこにある溝かというと、テクノロジ
ー製品がマニアに売れてから、一般の多くの人々に売れるようになるまでの間、
にある溝なんです。
すなわち、技術系ベンチャーの成否は、このキャズムを乗り越えられるか否か
にかかっている、といっても過言ではありません。

先日、日経新聞の用語解説コラムにこのキャズムの話が載っていました。その
中に、

『上手にキャズムを乗り越えるいちばんよい方法は、アーリーマジョリティ(一
般顧客の中で比較的早く購入する層)の、非常に少数の顧客でよいから「完全
な製品」を提供し続けるることだ』

と買いてありました。

ごく初期に買ってくれる顧客は「マニア」とか「ビジョナリー」と呼ばれ、不
完全な製品でも将来性で買ってくれる場合がありますが、マジョリティーはそ
うはいかず、完全に満足できるものしか買わないためです。

そういえば、電化製品や車など、新製品が出たてのうちは「まだ欠陥がありそ
うだから様子見よう」と思うタイプの私は典型的なマジョリティー。高額でも
新しモノを買い、欠陥を見つけるとむしろ喜ぶタイプの知人Aさんは典型的な
ビジョナリー。同じAさんが買ったモノでも、私が買わなかったモノと、あと
で私も買ったモノの違いは、確かに「完成度」のように思います。

完成度とはつまり、「何の思い入れもない人が、お金に見合う満足を普通に得
られる」ということ。いい意味で、「ハイテク製品らしくない」「普通」にな
っているということ、と言ってもいいかもしれません。

身の周りにある、パソコン、ケータイ、テレビ、サプリメント、レトルト食品、
発熱繊維で出来たウエア、その他いろいろありますが、これらはみんな、かつ
て新技術を駆使して生まれたハイテク製品であり、苦労してキャズムを乗り越
えて、いまここにあるわけです。
・・・そう思うと、タダの生活用品が、不思議といとおしく思えてきたりして。

経済学という別世界の知識が、身近なところにすとんと落ちて、経済って結局
人の営みなんだなあ、と妙な得心をしてしまいました。

リーゾ製品は、もともとそんなにハイテクじゃないですけど、いつの間にか普
通にラボにあるモノに、なってくれるといいなあと思います。

キャズムについてもっと知りたい方は、
ジェフリー・ムーア著「キャズム」(翔泳社)
をどうぞ。
ブログの過去記事に、本書の情報と感想を載せてます。
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-7059.html

■ す い コ ム ! コ ー  ナー ━━━━・・・・・‥‥‥………

『すいすい通信と読者との双方向コミュニケーション』、略してすいコム。

第10回のお尋ね(9回ではなくて10回目でした)
「仕事(研究)の効率アップに、どんなくふうをしてますか?」

今回も読者コメントは特になく、インタビュー等もできず、書くことがないの
で僭越ながら筆者のプチくふうをふたつ。

☆ 同じ作業はまとめてやる

卑近な例で恐縮ですが、洗濯物を干すとき、1枚広げて、ピンチでとめる、の
繰り返しになりますが、干したい気持ちをぐっとがまんして全部広げてしまい
(このとき、ピンチではさむポイントを重ねておくと便利)、まとめて干すと
断然早いです。

実験でも、同じ作業をまとめてやると、若干効率が上がるようです(場合によ
ります)。

☆ やりたくないときは「ありがとう」とつぶやいてみる

以前、あるテレビドラマを観ていたら、清掃会社社長役の三浦友和さんが、
『掃除ってのは、場所への感謝なんだよ』
と言うシーンがあり、なぜかとても心に残りました。
掃除ってやりたくない仕事の筆頭ですが、掃除する場所に「いつもありがとう」
ってつぶやいてみてください。めんどくささが軽減してはかどります。

心理的なものですが、車や機械に名前をつけると故障しにくくくなる、という
のと似ているかも。
だまされたと思ってお試しください!

さて、「すいコム」では、10回にわたりいろいろな「お尋ね」をさせていた
だいてきました。
これまでのお尋ねをまとめますと、

第1回『学会発表やプレゼンを、あがらずに上手にやれるアドバイス、教えて
ください!』

第2回『実験で失敗しないコツ、教えてください!』

第3回『こんなのがあったら・・・という夢のキットはありますか?』

第4回『実験補助パートさん(優秀な人材)採用作戦を教えてください!』

第5回『リーゾでやったらいいと思うビジネスは何?』

第6回『Facebookって、どうですか?』

第7回『交配袋の調達、どうしてますか?』

第8回『あなたの職場にいる生き物、教えてください!』

第9回『主婦ってすごいな、と思うのはどんな点?』

第10回『仕事(研究)の効率アップに、どんなくふうをしてますか?』

皆さんにいただいたコメントは、「すいすい通信」のバックナンバーでご覧い
ただけます。
バックナンバーはリーゾのHP内にまとめてあります。

http://www.rizo.co.jp/merumaga.html

今年度最後の「お尋ね」として、、上記10個のお尋ねのどれでも結構です。
コメントをいただければうれしいです!
このコーナー、あるいは「すいすい通信」自体のご感想も歓迎です。

お気軽に、このメールにご返信ください。他の読者に送信されてしまうことは
ありません。

■ リ ー ゾ か ら の お し ら せ ━━━・・・・・‥‥‥………

○「アマゾン」でリーゾ製品が買えるようになりました

先月より、通販サイト「アマゾン」にてリーゾ製品がご購入いただけるように
なりました。

すいすい通信読者様の中には、個人でご購入になる方はほとんどいないと思い
ますが、良かったらぜひ一度、アマゾンのサイトで探してみてください。
「DNAすいすい」「交配袋」などで検索すると出てきます(写真がいまいち
ですが・・・)。

告知のブログ記事はこちら
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/amazon-d5cf.html

アマゾンのサイトはこちらです。
http://www.amazon.co.jp/

○実験補助セミナー

1月16日に実験補助セミナー「水溶液の調整法と秤量(実習)」を行
いました。
今回は2名と、前回よりさらに少人数。でも、お二人とも熱心かつ気心の知れ
た方で、話が弾み実り多きセミナーとなりました。

ブログでのご報告記事は、こちらです。
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/1-65b6.html

次回は2月13日(水)10時半~、つくば市二の宮1丁目「ワンコイン寺子
屋」にて、「応募書類の書き方と面接のポイント(ワーク有)」を行います。
専業主婦歴が長くても、職務経歴書は作れるんですよ。面接も、きっちり準備
をしておけば、魅力と能力をきちんとアピールできるものです。

優秀な受講生を推薦します。実験補助者の採用をご検討中の研究者さん、一度
お問い合わせください(推薦はボランティアでやってます)。

詳細はリーゾのHPをご覧ください。
http://rizo.co.jp/

○交配袋の販売について

本号の初頭にありますように、休止中だった交配袋の販売を、2月1日より再
開いたしました。
少量の場合の流通コストを勘案して、販売単位と価格を一部改定しました。

今回は2万枚程度を目安に終了を予定しております。また基本的に「受注生産」
となりますので、お急ぎの場合は早めにご注文ください。

交配袋販売ページはこちら
http://rizo.co.jp/crossingbag.html

○「第6回つくば産産学連携促進市inアキバ」に出展します

平成25年2月19日(火)13:00~17:00
秋葉原ダイビル2階コンベンションホールにて。6つの公的研究機関、12の
技術系企業の皆様と共に、リーゾ製品とサービスをご紹介するブースを出展い
たします。

今回のご来場者プレゼントには、「招き猫消しゴム」をご用意しています。
誰でも何かしら「招きたい」福があるはず・・・小さなご利益、期待してくだ
さい。
お近くの方、よかったら覗きに来てくださいね!
(秋葉原ダイビルは、秋葉原駅のすぐ近くです)

招き猫消しゴムの写真入りブログ記事はこちら
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/in-c454.html

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○1月21日に、筑波大の「先導的研究者体験プログラム」の研究発表会に外
部評価委員として参加させていただきました。3年前から関らせていただいて
いるこのプログラム、学部1~3年生が、約1年かけて本格的な研究に取り組
む体験ができるもの。レベルの高さもさることながら、研究内容の面白さを伝
え共有しようとする学生さんたちのエネルギーが頼もしく、毎回元気をもらっ
ています。
筑波大にはこんなプログラムがありますよ!と、全国の理科好き高校生に伝え
てあげたくなります。
ご紹介のブログ記事はこちらです。
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-b982.html

○去る2月3日は節分。節分といえば恵方巻き。丸ごと食べないといけないら
しいですが、幼児もいてちょっと無理だなあと思いカットしちゃいました。
気持ちだけ南南東(今年の恵方)を向いて食べてみました。ご利益ないかな? 
とりあえずおいしかったです。

○次号24号目で丸2年になりますが、継続か否かでまたまた悩んでいます。
「書くの大変でしょう?」とよく言われますが・・・その通り! 
でも一方で、お客様とつながれる貴重な手段でもあり、また楽しいのも事実。
なんだかんだ言ってたぶんやめられないだろうなあと、他人事のように予測し
ています。
皆さまには、くだらない雑文を送りつけられてご迷惑かと思いますが・・・。
おつきあいくださり、改めて心より感謝です。

○最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからも、リーゾと「すいすい通信」をどうぞよろしくお願いいたします!
                                   (も)

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

すいすい通信は、「株式会社リーゾ」のお客様、および関係者の皆様にお送り
しています。この号は270名様に配信しました。
お知り合いで、「すいすい通信」の配信を承認していただける方がいらっしゃ
いましたら、ぜひご紹介くださいますよう、お願いいたします。

----------------------------------------------------------------------

【すいすい通信】

発 行 日:月1回・第1水曜日(予定)
発行開始日:2011年4月7日

ご意見ご感想、および本メールマガジンの解除はこちらまで
info@rizo.co.jp

【発行元】

株式会社リーゾ
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-9-2-B201
TEL:029-852-9351 FAX:020-4623-5611
MAIL:info@rizo.co.jp
HP:http://www.rizo.co.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

======================================================================
Copyright(C) Rizo Inc. All rights reserved.

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »