2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« すいすい通信 vol.21 2012年12月号 | トップページ | 1月の実験補助セミナー »

2013年1月22日 (火)

先導的研究者体験プログラム 研究発表会@筑波大

平成25年1月21日、

筑波大学の、

「平成24年度先導的研究者体験プログラム 研究発表会」

に行ってきました。

このプログラムは、学部生を対象に、少しでも早く本格的な研究活動を体験してもらい、

優秀な研究者を育成していこう、という趣旨で平成21年度から24年度まで4年間行われた、

理系学生応援プロジェクトです。

外部評価委員として参加させていただくのももう何度目かになり、

だいぶ慣れてきました(最初はドキドキでした!)。

 

今回は、1年生から3年生まで、口頭4件、ポスター34件、

生物学を中心に、物理学や情報工学までいろいろな分野の研究課題の発表がありました。

 

続けて参加していて感じるのは、「洗練されてきたなあ~」ということ。

プレゼンが、みんな、とても上手!!

自分が学部生のときにこんなにできたか・・・?と思うと、えらそうなことはとても言えません。

研究の中身も、(専門外のことはよくわかりませんが)立派なものだと思います。

 

何より、いつも「いいなあ」としみじみ思うのは、

説明する学生さんの顔が、とても生き生きしていることです。

自分で考えて、研究するのが、ほんとうに好きで、楽しくてたまらないんだろうなあ、というだけでなく、

さらに、「この楽しさを人にも伝えたい!」という気持ちが感じられるわけですよ。

研究者はこうでなくちゃ、と思ってしまうのは私だけでしょうか・・・?

 

残念なのは、このプログラムのことが、地元つくばの中高生にすら、あまり知られていないことです。

大学に入ってすぐに、こんな風に研究を体験できるプログラムがある、と分かれば、

理科好きの高校生がもっともっと筑波大に集まるはずなのに・・・。

もったいないです!!

この点は、今後力を入れていこうというポイントのひとつになっているようですが、

ぜひがんばって、宣伝していただきたいと思います。

(ここでもささやかながら、宣伝しちゃいます)

 

来年度以降も、予算の出所を変えて、続いていくそうなので、

これからも発展を見守らせていただきたいと思っています。

 

「筑波大学 理数学生応援プロジェクト 先導的研究者体験プログラム」

のホームページはこちらです。

http://www.esys.tsukuba.ac.jp/AC/RS/index_pc.php

 

リーゾのHPはこちらです。

http://www.rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

 

« すいすい通信 vol.21 2012年12月号 | トップページ | 1月の実験補助セミナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230464/48887099

この記事へのトラックバック一覧です: 先導的研究者体験プログラム 研究発表会@筑波大:

« すいすい通信 vol.21 2012年12月号 | トップページ | 1月の実験補助セミナー »