2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の4件の投稿

2012年12月26日 (水)

パックご飯

リーゾ開発によるお米の新品種「コシヒカリつくば黒1号」100%の、

高圧加工パックご飯の「試作品」が届きました!

 

Pict1625


さっそくチンしてみました。

Pict1627
  

いかにもおいしそうじゃないですか?

味は、うすい塩味だけがつけてあります。

 

どきどきしながら、スタッフと試食してみました。

「あ、玄米ご飯ですね~」

「もちもちしてません? これもち米じゃないですよね?」

「パックご飯の薬臭さがない」

「独特のにおいがありますね。香ばしくていいですけど」

「塩気もちょうどいいかんじですね」

「ちょっと多めに口に入れてみよう」

「うん、おいしいおいしい」

「これだけでおかずいらなさそう」

「甘くないおはぎみたいで、おやつにもいいかも」

「これ、あと引きますね~」

「もうひとくち食べてみよう」

「冷めてもいけますね」

 

などといいながら、ひとり1本もったスプーンが何度も何度も往復・・・。

いつの間にか完食してしまいました。

 

塩気については、「なしがいい」という意見もありました。

今回のは、新品種のお米の販路開拓のための、試食提供やマーケティング用、

という位置づけなので、おかずが要らない味にしてあります。

カレーやスープ、おかずと一緒に食する場合には、塩気なしがいいと思います。

(塩分取りすぎはよくないですからね)

 

<このパックご飯の成り立ち>

・新品種の開発、品種登録、種籾準備まで・・・株式会社リーゾ

・お米の栽培・収穫・脱穀・もみすりまで・・・株式会社つくばヤーコン 石島さん

・高圧加工パックご飯の技術開発・・・農研機構食品総合研究所&中山環境エンジ株式会社

・高圧加工パックご飯の製造・・・越後製菓株式会社総合研究所

・つくばヤーコンさん、中山環境エンジさん、越後製菓さんとリーゾのご縁・・・つくばエンバイロフォーラム

・必要な費用の助成・・・いばらき産業大県創造基金(茨城県中小企業振興公社)

 

 

ほんとに不思議なご縁がつながって実現したコラボです!

面白がってくださるみなさまのおかげでできあがった、約140食の貴重な試作品、

事業化実現のために、最大限有効に活用させていただきたいと思っております。

 

関係者「以外」の皆様、商品化はまだまだ先ですが・・・、

来年の秋には、何らかの形でリリースできると思います。

どうぞ楽しみに待っていてくださいね!

 

リーゾのHPはこちらです。

(お米のページはまだありません)

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

2012年12月25日 (火)

交配袋の試験販売を終了しました

平成24年12月21日をもちまして、高機能不織布製・研究用交配袋の試験販売を終了いたしました。

 

研究者のお客様からの声がきっかけとなり、

たくさんの研究者の皆さんにご意見をいただきながら製品化した交配袋です。

・試験販売期間中のご注文総数:12,600枚!

・研究対象となる植物種の数:7種類!

ぽち袋のような可愛らしいものから、すっぽりかぶれるくらいの大型のものまで、

いろいろなサイズと形状のものを、たくさんご注文いただきました・・・。

ほとんどイネしか知らないリーゾスタッフにとって、他の植物種の研究のお話はとても新鮮で、

研究現場で使っていただくシーンを想像しながら、楽しく製作して参りました。

 

サイズの異なる大量の袋を製作する中で、各種のノウハウも蓄積できました。

その一方で、人件費や流通コストを含む「原価」の見積もりが甘い部分があり、

一部の関係者から「価格が安すぎる」とお叱りを受けました・・・。

 

とは言うものの、「安いからこそこれだけ売れた」とも考えられるわけですから、

価格を大幅に上げるつもりはありません。

ただ、少数のご注文であってもスムーズに流通できるように、

また、たくさん使ってくださる方にメリットがあるように、

ラインナップと価格を少し、工夫してみようと考えています。

 

2013年3月頃に販売再開を予定しております。

それまでの間も、「試供品」の提供は続けて参ります。

また、「どうしても急いで欲しい」というお客様には、柔軟に対応いたしますので、

お気軽にご相談ください。ご予約も承ります。

 

交配袋のHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/crossingbag.html

 

 

 

2012年12月 5日 (水)

すいすい通信vol.20 2012年11月号

研究者向けメールマガジン「すいすい通信」のバックナンバーです。
最新号を配信後に、前回号をアップしています。
配信ご希望の方はinfo*rizo.co.jp(*を@に変えて)までお知らせください。

☆  すいすい通信 ☆ vol.20  2012年11月7日配信
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ご愛読感謝セールのお知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

DNAすいすい-P 大容量版(450ml入)
添加剤10本 添加剤溶解液60mlつき
型番:DS-0002B 価格:70,000円(税別)
すいすい読者さま限定(HPには出しません)、12月末までの限定販売。
5本分以上入り、かなりお得。ヘビーユーザー様にお勧めです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ようやく秋になったなあと思うまもなく、ハロウイーンが終わり、11月になっ
てしまいました。冷え込みもだんだん厳しくなり、節電はどうしたと思いつつ、
がまんせず暖房&加湿器を稼動させているリーゾです。
皆様も風邪などひかないよう、元気にお仕事&ご研究を進めてくださいね。

それでは「すいすい通信」11月号、張り切ってお届けします!


_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ /_/_/


 ・特集・・・・・・・・・・・・・晴れて新商品になりました!「交配袋」
 ・コーヒーブレイク・・・・・・・・・・・高機能ヨーグルトを自作しよう
 ・すいコム!コーナー・・・・・・・・・・・・・・交配袋の調達【回答】
 ・リーゾからのお知らせ
 ・編集後記 


■ 特 集  ━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
晴れて新商品になりました!「交配袋」

10月22日に、リーゾオリジナル「研究用交配袋」をリリースしました!
 交配袋販売ページです↓
 http://www.rizo.co.jp/crossingbag.html

「交配袋」とは、植物の育種研究で、人工授粉をするときに、目的以外の花粉
が入り込まないように花や穂にかぶせておく封筒状の袋のことです。いろいろ
な植物種のご研究で使われています。

研究者の多くは自作されているのですが、作るのに手間がかかったり、紙と糊
で作ると質的に問題があったり、苦労されているそうです。

そこで、「リーゾで商品化してくれないか」というお話が舞い込み、すいすい
通信前回号でもご意見を募集しました(下記、「すいコム!」コーナー参照)。
と前後して、展示会(テクノコロキウム)にもこの夏に作ってみた、国産の高
機能不織布製の試作品を持参して、イネの育種研究者のみなさんに見ていただ
きました。

いろいろなご意見を伺った結果、「質的にはよい」「コストが見合えば欲しい」
というお声を多くいただきました。
そこで、必要としている研究者がいらっしゃる可能性があるならばと、新商品
としてリリースすることになり、10月22日にHPにアップしました。

ところが・・・
数日のうちに、ぽんぽんと試供品請求のメールが入り(出来立ての「お問合せ
フォーム」が機能することがわかりました)、いろいろな植物種でいろいろな
サイズの需要があるものだなあと思っていたら、瞬く間に数千枚のご注文が入
ってしまいました。

・・・正直、びっくりです。
リーゾ始まって以来最大の、ヒット商品かもしれません。

今回の販売は試験的なもので、調達した高機能不織布原反(500m巻き×2本)
がなくなるまで、とする予定です。
すでに受注枠はあとわずか。ご好評、心より御礼申し上げます。

さて、研究者の皆さん、心の中に「こういうものが売っていればいいのにな」
というものはありませんか?
もしありましたら、お気軽にリーゾまでお知らせください。
声を出す方がひとりいれば、出さないけれど欲しがっている方が100人くら
いいる・・・ということが今回よくわかりました。
喜ぶ人は他にもいるはず。「人助け」にもなるかもしれませんよ!

交配袋の販売ページはこちらです。
http://www.rizo.co.jp/crossingbag.html

こんな感じで製作してます。ちょっとした工房?のブログ記事はこちらです。
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-087a.html



■ コ ー ヒ ー ブ レ イ ク ━━━━━━・・・・・‥‥‥………

高機能ヨーグルトを自作しよう

インフルエンザの季節が近づいてきました。予防接種はもちろん、加湿したり
マスクをしたりビタミンCを取ったりと、自衛策はいろいろあると思いますが、
免疫力を高める機能を持つ乳酸菌を使ったヨーグルトを食べるのもそのひとつ。
ただ、市販のプロバイオティクスヨーグルトを毎日家族全員でたっぷり食べる
のは、経済的になかなか難しいものです。

そこで、(乳業会社さんには申し訳ないですが)高機能プロバイオティクスヨ
ーグルトを自宅で量産しちゃう方法をご紹介します。

用意するものは、市販のヨーグルトメーカー(あるいは恒温装置)。牛乳1L
(低温殺菌はダメ)。お好みのプロバイオティクスヨーグルト(ハードタイプ
またはドリンクタイプ)。砂糖。以上です。

<作り方>
1.ヨーグルトを作る容器を消毒する(水少々を入れてレンジでチンする)
2.砂糖30グラムに牛乳を1カップほど入れてレンジでチンする(砂糖を溶
かす)
3.容器に種となるヨーグルトと冷たい牛乳(2で用いた分の残り)を入れて
良く混ぜ、最後に2.で加熱した砂糖入り牛乳を入れて混ぜる
4.ヨーグルトメーカーにセットして醗酵させる
5.冷蔵庫で冷やす

<ポイント>
・低温殺菌牛乳は固まらないので避ける。使う場合は一度沸騰させてから。
・種となるヨーグルトは、ハードタイプなら1個丸ごと使うが、ドリンクタイ
プなら30ml程度でOK。1本で3回作れます。
・醗酵温度は乳酸菌の種類によって異なる。「R-1」「LG21」の場合は
43℃で8時間~12時間。40℃だと酸っぱくなる(経験済み)。
・最後の「冷蔵庫で冷やす」も大事な工程。ここで酸味が落ち着き、クリーミ
ーでマイルドな味になる。

お好みかもしれませんが、出来上がりのハードな状態より、ぐるぐるかき回し
てトロトロにしたほうがおいしいです。
4人家族なら、4人×2回でだいたい1Lなので、製造は2日に1回ペース。
ドリンクタイプ1本で3回分の種にできるので、費用は2日分で200円程度。
これなら家族全員で、無理なく続けられそうですよね~。

何より、生乳100%の新鮮なヨーグルトはやはりおいしいです。
家庭で眠っているヨーグルトメーカーがありましたら、ぜひお試しください!
(新たに購入されるのでしたら、タニカ「ヨーグルティア」という機種がお勧
めです。43℃の保温は、他の機種では少々難しいようです)



■ す い コ ム ! コ ー  ナー ━━━━・・・・・‥‥‥………

『すいすい通信と読者との双方向コミュニケーション』、略してすいコム。

第6回のお尋ね
「交配袋の調達、どうしてますか?」

まず、「交配袋って売っているのだろうか?」と思い、ネットで検索をかけた
のですが、ほとんどヒットしませんでした。英語で検索すると、バックナンバ
ーでお伝えした「英国製の交配袋」に当たりましたが、それ以外にはほんとに
ないんですね。

研究者の方の声を、このコーナーへのお返事や、テクノコロキウムで試作版を
見ていただいた際のインタビュー、それに直接メール等でお尋ねして集めてみ
たところ、

・グラシン紙で自作している(パートさんに作ってもらっている)

という方がほぼ100%でした。
グラシン紙を購入して必要な大きさに裁断し(または大きめの薬包紙をそのま
ま使う)、封筒のように折りたたんで糊づけして作るのがスタンダード。
糊は、水がかかってもはがれないよう、非水溶性の接着剤を使うようです。
パートさんの人件費がかかりますが、冬季など、暇になりがちな時期の時間つ
ぶしとして格好の作業になっている、という声もありました。

グラシン紙で自作する場合、困っている点としては、

・めんどくさい、時間と手間がかかる
・昔は1枚数円で外注できたが、今は請け負ってくれるところがなく、あって
も高額になる
・糊が内側にくっついて、封筒にならないものがたまに出る
・グラシン紙は濡れると穂に密着して空間が保てない
・濡れると乾きにくく、蒸れてカビやすい
・長期保存すると劣化する(細かい穴があく)

などの声がありました。

ついでにわかったことは、使いたい交配袋の「サイズ」が実に様々であること。
同じイネの研究者の間でも、使っている交配袋のサイズは微妙に違っています。
さらに、封筒タイプではなく「筒型」を使う(最初の数日だけ先を折ってクリッ
プで止め、受粉終了~登熟期は先を開放する)、というお話も。
植物種が小麦、大麦、ソルガム、トウモロコシ、牧草、樹木・・・
と変わってゆけば、交配袋のサイズも形状も使い方も使う場所も、変わってゆき
ます。
株全体を覆うような大型の交配袋だと、グラシン紙ではなく、合繊の布をミシン
で縫って作るそうです。

植物種によって違うのは、当然といえば当然のことなのですが、イネしか知らな
い身にはとても新鮮でした・・・。

植物の育種研究に、非常に重要な役割を担っている交配袋。研究者の皆さんが知
恵を絞り、工夫されている(苦労もされている)ことがよくわかり、大変参考に
なりました。

ご協力いただいた研究者の皆様、ありがとうございました!
 
さて、すいコム!コーナー、続いてのお尋ねは・・・
第8回のお尋ね
「あなたの職場にいる生き物、教えてください!」

今回はぜんぜん研究と関係ないお尋ねのように見えますが・・・。
営業で回っていると、意外とラボに「水槽」があることに気づきました。
(ペットではなく、研究材料、という場合もあるかと思いますが。)

リーゾにも成り行きで「金魚」と「メダカ」がいます。
部屋に生き物がいるというだけで、ほっとするものです。金魚相手にグチをこぼ
したりはしてませんが、孤独やストレスを軽減する効果は感じます。

ラボで生き物を飼うなんて非常識!と思う方もいるかもしれませんが、ラボのメ
ンバーの心の平穏のためにも、研究機関はは積極的に導入してもいいかもしれま
せん。

一方で、やはり生き物を飼うのは責任もあるしめんどくさいもの。こうすれば楽
に共生できるよ、というアイデアや工夫も知りたいです。

というわけで、公認・黙認、研究用・ペットを問わず、ラボや職場(あるいはご
自宅でも)で飼っている生き物について、実態、経験、ご意見等、よろしくお願
いします!

お気軽に、このメールにご返信ください(他の読者に送られてしまうことはあ
りません)。お待ちしております!


■ リ ー ゾ か ら の お し ら せ ━━━・・・・・‥‥‥………

○実験補助セミナー

10月16日に実験補助セミナー「応募書類作成と面接のポイント」を行いま
した。
ブログでのご報告記事はこちらです
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/10-d401.html

(先週、受講生からまたひとり就職者が出ました。民間の研究所だそうです)

次回は11月14日(水)10時半~、「ガイダンスセミナー」を行います。
場所はつくば市二の宮1丁目「ワンコイン寺子屋」です。
駐車場確保の都合上、今回より開始時刻が30分遅くなります。

詳細はリーゾのHPをご覧ください。
http://rizo.co.jp/


○「異分野融合・テクノコロキウム」に出展しました

平成24年10月17日(水)10時30分~16時30分、農林水産省農林
水産技術会議事務局筑波事務所にて開催される表記展示会に、昨年度に引き続
き出展し、オリジナル試薬、SNPマーカー作成サービス、実験補助者育成講座、
交配袋などをご紹介しました。

出展企業対抗「名刺交換コンテスト」で、リーゾは見事第3位に入賞!
かわいい粗品(スイーツ消しゴム)つきアンケートという作戦?が功を奏しま
した。もちろん、アンケート結果はマーケティングと商品開発に活かしたいと
思っております。

ご来場・アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
ブログでのご報告記事はこちらです
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/2012-6f0f.html


○リーゾのホームページが新しくなりました

10月9日にホームページを全面リニューアルしました。会社らしいデザイン
で、コンテンツも充実!使い勝手も良くなりました。「すいすい通信」バック
ナンバーもまとめて読めます。
お暇なときに覗いてみてください!
http://www.rizo.co.jp/


○茨城県「ハーモニー功労賞」を弊社代表・門奈が受賞いたしました

主婦の社会復帰をお手伝いし、研究機関で生き生きと働いていただこう!とい
う趣旨で始めて1年半になる、実験補助者育成セミナーの活動が、男女共同参
画社会の実現にお役に立っていると認められ、茨城県より表記の賞をいただけ
ることになりました(表彰式は11月30日)。

実験補助者育成は、研究者の皆さんのご協力、主婦の皆さんの参加があってこ
そ成り立つ活動です。
これからも細く長く地道に活動していきます。どうぞよろしくお願いいたしま
す。


■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○階下のレンタルビデオ店が閉店して1年。階下が空室だと底冷えがひどく、
去年は出勤したら室温が零度!という日もありました。冬本番が怖いです。
ちなみに向い側の1階にはラーメン店が開業準備中。そちらはちょっと楽しみ
です。

○コーヒーブレイクでご紹介したヨーグルトの活用法。流行りの「パンケーキ」
の種にひとすくい混ぜるとふっくらしっとりグレードアップ。ビーフストロガノ
フに添えて風味をプラス。カレー粉を混ぜて鶏肉を漬けて焼けばタンドリチキン。
マンゴジュースと混ぜてマンゴーラッシー。
などなど、自家製だと、もったいないと思わずふんだんに使えるのが利点です!

○最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからも、リーゾと「すいすい通信」を、よろしくお願いいたします!


/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/


すいすい通信は、「株式会社リーゾ」のお客様、および関係者の皆様にお送り
しています。この号は232名様に配信しました。
お知り合いで、「すいすい通信」の配信を承認していただける方がいらっしゃ
いましたら、ぜひご紹介くださいますよう、お願いいたします。

----------------------------------------------------------------------

【すいすい通信】

発 行 日:月1回・第1水曜日(予定)
発行開始日:2011年4月7日

ご意見ご感想、および本メールマガジンの解除はこちらまで
info@rizo.co.jp

【発行元】

株式会社リーゾ
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-9-2-B201
TEL:029-852-9351 FAX:020-4623-5611
MAIL:info@rizo.co.jp
HP:http://www.rizo.co.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

======================================================================
Copyright(C) Rizo Inc. All rights reserved.

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

2012年12月 4日 (火)

ハーモニー功労賞

平成24年11月30日(金)、茨城県市町村会館(水戸市、県庁隣)で行われた、

「ハーモニートップセミナー」の中で、

「ハーモニー功労賞」の授与式が行われました。

 

ハーモニー功労賞は、男女共同参画の推進に功績のあった県民や団体、事業所に対して

茨城県から贈られる賞です。

今年は、個人の部・3名、団体の部・2団体、事業者の部・2事業者が受賞しました。

個人の部において、弊社代表の門奈が受賞の栄誉に与りました。

 

受賞の理由は、研究者としての経験を基に起業し、

理系分野において女性の社会参画の道を広げた、ということだそうです。

個人的には、優秀な専業主婦を、実験補助者として研究業界に送り出す活動が、

評価していただけたならとてもうれしいと思っております。

 

市町村会館ってこんなところでした。

Pict1618


セミナー会場となった講堂もすごくきれいでした。

賞状と記念品のプレゼンターは茨城県の山口やちゑ副知事。

とても素敵な女性(仕事もめちゃめちゃできそうな方)です・・・。

 

いただいた記念品はこちら。
Photo_2

かなりずっしり。クリスタルガラスのトロフィーです。

下部に名前入りのプレートがはめられています。

 

表彰状はこちら。

Pict1630


買ったらかなり高そうな「額縁」もいただきました~。

 

集合写真です!

2

前列中央が副知事。右端が私です。

 

実は、起業にしても実験補助者育成にしても、

女だからどうこうということを意識したことはなかったのですが・・・

いただいた賞に恥じないよう、これからも男女共同参画の推進に、

尽力していきたいと思っております。

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »