2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブドウ葉からきれいなDNAが取れました! | トップページ | 交配袋、ご注文殺到中 »

2012年11月20日 (火)

11月の実験補助セミナー

ずいぶん遅くなってしまいましたがご報告です。

11月の実験補助セミナーは、久しぶりのガイダンスセミナーでした。

参加者は4名。

121114

実験補助の仕事になぜ「主婦」が求められているのか?

この不思議な事実の裏にある「主婦力」の分析から入り、

主婦の皆さんに、「自分でもいいんだ!」と自信を持って頂きます。

   

そして、実験補助で働いている先輩たちが、実際にどんな職場でどんな仕事をしているのかをお話しします。

(講師の経歴上、植物バイオ系の研究機関での例が多くなりますが)

続いて、気になる「待遇」、休みやすさ、ラボのボスや同僚との上手なつき合い方、トラブル回避&対応の仕方などの話と、

研究者のハートをとらえる「履歴書の書き方」と「面接の受け方」、

最後に「研究者=ラボのボスの本音」、と進みます。

(途中で、履歴書作成に有用な「自己発見シート」を記入する時間を取ります)   

   

今回の参加者からの質問をご紹介します。

「パソコンソフト(ワード、エクセル、メールなど)がどの程度使えますか?と聞かれたら、

どう答えるのがよいのでしょうか?」

 

このような漠然とした質問は、答えるのが難しいですよね・・・。

「一通りできます」

などと、こちらも漠然と答えてしまうのはトラブルの元。

研究で使うのと、事務や経理で使うのとでは、「一通り」の内容がぜんぜん違うので・・・。

研究者が知りたいのは、やってもらいたい仕事をすぐわかってもらえる程度の、

ITに関するリテラシーがあるかな?ということ。

・・・とはいえ、やってもらいたい仕事の内容はこちらにはわからないですよね。

 

なので、お勧めなのは、「過去にやったこと、作ったものなどを、具体的に挙げること」です。

例えば・・・

「PTA役員会の書記で議事録を担当し、ワードで作ってました」

「子ども会のイベントポスターをパワーポイントで作ったことがあります」

「家計簿をエクセルでつけてます」

「父母会の連絡係で、メーリングリストの管理をやったことがあります」

「趣味の××のブログを立上げて、運営してます」

などなど。

このような具体例があれば、「じゃあラボの仕事だとこれとこれはできるな」と考えてもらいやすくなるのではないかと思います。

  

もうひとつの質問。

「『簡単な実験操作です』など、『簡単な』という文言にはどういう意図があるのでしょうか?

ほんとうに簡単だとは思えないのですが・・・」

 

確かにありますね、そういう募集広告。

実際に入ってみたら、ぜんぜん簡単じゃない!ということもありそうです。

これは研究者の立場に立っての想像ですが・・・

たぶん、『簡単な』という言葉を付けることで、応募者の心理的なハードルを下げて、

できるだけ潜在的に優秀な多くの人に応募してもらいたい、

という意図があるのではないか?と思います。

もちろん、ほんとうに簡単な場合もあるかもしれません。

いずれにしても、『簡単な』と書いてあれば、素人歓迎と解釈して、

遠慮なく応募されたらよいと思いますよ!

  

次回は12月19日、「微量の液体の取り扱い方」。

楽しい「ピペットマン」の実習です!

空席まだたくさんあります。

ここから参加でもだいじょうぶです。

実験補助の仕事について、生の情報が得られますよ~。

ぜひご参加ください!

  

詳細はリーゾのHPにて。

 

 

 

« ブドウ葉からきれいなDNAが取れました! | トップページ | 交配袋、ご注文殺到中 »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月の実験補助セミナー:

« ブドウ葉からきれいなDNAが取れました! | トップページ | 交配袋、ご注文殺到中 »