2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ゆるキャラ「ザグリン」 | トップページ | 8月の実験補助セミナー »

2012年8月24日 (金)

肉種(豚・牛・羊・鶏)判別キットを作ってみた

ここのところ、「すにっぷすいすい」 のご依頼が少なく、

DNAのわずかな違いを識別するプライマー設計の腕が鈍りそうだったので、

肉の種類を識別するプライマーというのを作ってみました。

(肉種鑑別キット自体は、既存品もあるので目新しいものではありませんが、

特許出願されている塩基配列を避けて、オリジナルで作成してみました)

  

作り方は、

①豚、牛、鶏、羊、鹿、ウサギ、馬のそれぞれについて、

よく読まれている遺伝子の配列をデータベースから引っ張ってくる

(ここではチトクロームC遺伝子を使い、それぞれについて別々に読まれた

3つ以上のデータを使い、種内変異を拾わないように気をつけました

②引っ張ってきたデータのアライメントをとる

③それぞれの種で特異的になる配列を見つけ、そこでプライマーを設計する

④豚、牛、鶏、羊、鹿、ウサギ、馬のそれぞれについて、

保存性が非常に高い遺伝子の配列をデータベースから引っ張ってくる

(ここではβアクチン遺伝子を使いました)

⑤今度は、すべてにおいて共通となる配列を見つけ、そこでプライマーを設計する

(DNA抽出の成否を判定するための陽性対照=ポジコン用プライマーになります)

⑥信頼できるお肉やさんで買ってきたお肉からDNAを抽出し、PCRをかけてみる

(DNA抽出は「DNAすいすい-F」で行いました)

⑦予想通りの結果になればOK!

 

今回は、(肉が入手できる)牛、豚、鶏、羊の4種類とポジコンのみ、

プライマーを合成して試すことにしました。

増幅断片長は、

 ポジコン:243bp

 牛:321bp

 豚:334bp

 鶏:531bp

 羊:331bp

です。

  

では、テストの結果です。

【お肉料理のヒントもご一緒に・・・】

まずは

材料は自家製のパンチェッタ(豚ばらかたまり肉の塩漬け)。

【カルボナーラは市販のベーコンじゃなく、これを厚くスライスしたもので作ると、

本格的な味わいのご馳走になります。

他にもいろいろな料理に使えてすごく便利なので、作っておくといいですよ~。】

1

対照と豚用だけ増えてます。

このパターンでOKです。

  

次に、牛肉

近江牛のシチュー用肉・・・ビーフシチューになる前に取り分けて抽出しました。

【ビーフシチュー、市販のルーで作る場合も、水の1~2割を赤ワインにするとぐっと深みが増します。

時間がかかる印象がありますが、圧力鍋があれば、帰宅してから作り始めても夕食に間に合います。

カレーのように、ご飯と一緒に食べてもおいしいですよ~。】

2

対照と牛用だけ増えています。

これもOKですね。

  

次にです。

ニュージーランド産の骨付きラム肉があったのでそれで。

【たたいて薄く展ばし、細かくしたパン粉で「コトレッタ」(ミラノ風カツレツ)にして、

ラタトイユをソース代わりにして食べるのが大好きです。ああ、よだれが出そう・・・。】

3

若干増幅が弱いですが、リーズナブルな結果です。

(牛用と鶏用のところに見えているバンドは、非特異的なものなので無視。)

  

次に鶏肉

うっかりサンプリングの前に料理してしまったため、「鶏そぼろ」から抽出。

【ちなみに鶏そぼろには、鶏ひき肉200グラムに対し、たたいた梅干1個分と、

九州人なら外せない「柚子胡椒」を耳かき1杯分、隠し味に入れるとおいしいです。】

調理済みの材料ですが、DNA、取れてるでしょうか?

4

おお、ちゃんと取れてました。

対照と鶏用のみ増幅で、パターンもOKです。

 

というわけで、4種類とも大丈夫なようです。ポジコン(対照)もすべて増えてます。

 

では、冷蔵庫にあるものでもう少し。

まずはウインナーソーセージ。パキッといい音がする、あの銘柄です。

5

さすがに豚肉だけ増えました。

もうひとつ、パック入りのハムです。

ドラッグストアのチルドコーナーですごく安く売っていたものなので、ちょっと不安。

6

こちらもちゃんと豚だけ増えました。

 

ちょっとつまらない結果ですね・・・。

合いびき肉で作ったハンバーグとかで試せばよかったです。

    

以上、いかにも簡単にできたように書いてますが・・・

実際には、マルチバンドになったり増幅しなかったりで、

2~3回設計しなおしたプライマーもあり、それなりに苦労しております。

  

鹿、馬、ウサギのプライマーも設計してあるので、肉が手に入ったら、

それらもやってみたい!と思います。

(その前に、ご注文がたくさんきて忙しくなる方がいいのですけれどね)

  

今夜はお肉料理で決まりですね!

リーゾのHPはこちらです

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

    

  

 

« ゆるキャラ「ザグリン」 | トップページ | 8月の実験補助セミナー »

DNAがとれるかな?(Dとれ)プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肉種(豚・牛・羊・鶏)判別キットを作ってみた:

« ゆるキャラ「ザグリン」 | トップページ | 8月の実験補助セミナー »