2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の8件の投稿

2012年8月29日 (水)

8月の実験補助セミナー

今月の「実験補助セミナー」は、8月22日(水)に行いました。

今回の内容は、真剣に就職を目指す人のための3回シリーズその1で、

「微量の液体の扱い方実習」。

  

参加者は5名。

ピペットマンの使い方と、マイクロチューブの扱い方を学び、

1μlからの微量の液体を正確にハンドリングしたり、手際よく均一に混合したり、

といった操作を練習しました。

 

248

マイクロチューブのキャップの開閉のしかたを説明しているところ。

マイクロチューブは、1.5~2ml入りの、小さなポリプロピレン製の容器です。

何気なく開閉しているように見えて、

「開ける前に遠心する(キャップ裏の水滴を落とす)」

「キャップの裏には絶対に触らない」

「開けてる時間はできるだけ短く」

「開けてる間はしゃべらない、咳もしない」

など、ちょっとした(でも重要な)心得があります。

これを知っていれば、同じような作業をしていても、

仕事を依頼した研究者の安心感が違うのです。

  

実習後には、実際に就職に応募する際の、具体的な相談も出ました。

履歴書は「直筆」をお勧めしているのですが、

最近は「履歴書メール添付」指定の案件も多いとのこと。

その場合、作成はどうしたらいいのか・・・というご相談です。

   

可能性としては、

・直筆のものをスキャナで取り込み、データとして添付する

・エクセルなどで作成して添付する

の二つしかないように思いますが、パソコン初心者だとどちらもハードルが高い・・・。

   

勘ぐりすぎかもしれませんが、もしかしたら、「履歴書メール添付」の真意は、

「この程度のパソコンスキルがあること」を条件としたい、ということなのかもしれません。

こうなれば、履歴書をパソコンで作成する、という項目も、セミナーに入れたほうがいいのかなー・・・

というわけで、現在検討中です!

    

次回は9月19日(水)10時~「水溶液調製法&秤量実習」を行います。

場所はつくば市二の宮1丁目「ワンコイン寺子屋」さん。

受講料は教材費含め1000円です。

ご予約・お問合せは、メールにてリーゾまで。

お電話029-870-3307(ワールド翻訳サービス)でも受け付けています。

 

次々回の「応募書類と面接のポイント」は、

(10月17日は農研機構異分野融合テクノコロキウムに出展のため)

10月16日(火)10時~に開催いたします。

こちらもご予約受付中です。

(定員10名ですが、この回はいつも人気がありますので、

早めにお席を確保されることをお勧めします)

     

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

  

 

2012年8月24日 (金)

肉種(豚・牛・羊・鶏)判別キットを作ってみた

ここのところ、「すにっぷすいすい」 のご依頼が少なく、

DNAのわずかな違いを識別するプライマー設計の腕が鈍りそうだったので、

肉の種類を識別するプライマーというのを作ってみました。

(肉種鑑別キット自体は、既存品もあるので目新しいものではありませんが、

特許出願されている塩基配列を避けて、オリジナルで作成してみました)

  

作り方は、

①豚、牛、鶏、羊、鹿、ウサギ、馬のそれぞれについて、

よく読まれている遺伝子の配列をデータベースから引っ張ってくる

(ここではチトクロームC遺伝子を使い、それぞれについて別々に読まれた

3つ以上のデータを使い、種内変異を拾わないように気をつけました

②引っ張ってきたデータのアライメントをとる

③それぞれの種で特異的になる配列を見つけ、そこでプライマーを設計する

④豚、牛、鶏、羊、鹿、ウサギ、馬のそれぞれについて、

保存性が非常に高い遺伝子の配列をデータベースから引っ張ってくる

(ここではβアクチン遺伝子を使いました)

⑤今度は、すべてにおいて共通となる配列を見つけ、そこでプライマーを設計する

(DNA抽出の成否を判定するための陽性対照=ポジコン用プライマーになります)

⑥信頼できるお肉やさんで買ってきたお肉からDNAを抽出し、PCRをかけてみる

(DNA抽出は「DNAすいすい-F」で行いました)

⑦予想通りの結果になればOK!

 

今回は、(肉が入手できる)牛、豚、鶏、羊の4種類とポジコンのみ、

プライマーを合成して試すことにしました。

増幅断片長は、

 ポジコン:243bp

 牛:321bp

 豚:334bp

 鶏:531bp

 羊:331bp

です。

  

では、テストの結果です。

【お肉料理のヒントもご一緒に・・・】

まずは

材料は自家製のパンチェッタ(豚ばらかたまり肉の塩漬け)。

【カルボナーラは市販のベーコンじゃなく、これを厚くスライスしたもので作ると、

本格的な味わいのご馳走になります。

他にもいろいろな料理に使えてすごく便利なので、作っておくといいですよ~。】

1

対照と豚用だけ増えてます。

このパターンでOKです。

  

次に、牛肉

近江牛のシチュー用肉・・・ビーフシチューになる前に取り分けて抽出しました。

【ビーフシチュー、市販のルーで作る場合も、水の1~2割を赤ワインにするとぐっと深みが増します。

時間がかかる印象がありますが、圧力鍋があれば、帰宅してから作り始めても夕食に間に合います。

カレーのように、ご飯と一緒に食べてもおいしいですよ~。】

2

対照と牛用だけ増えています。

これもOKですね。

  

次にです。

ニュージーランド産の骨付きラム肉があったのでそれで。

【たたいて薄く展ばし、細かくしたパン粉で「コトレッタ」(ミラノ風カツレツ)にして、

ラタトイユをソース代わりにして食べるのが大好きです。ああ、よだれが出そう・・・。】

3

若干増幅が弱いですが、リーズナブルな結果です。

(牛用と鶏用のところに見えているバンドは、非特異的なものなので無視。)

  

次に鶏肉

うっかりサンプリングの前に料理してしまったため、「鶏そぼろ」から抽出。

【ちなみに鶏そぼろには、鶏ひき肉200グラムに対し、たたいた梅干1個分と、

九州人なら外せない「柚子胡椒」を耳かき1杯分、隠し味に入れるとおいしいです。】

調理済みの材料ですが、DNA、取れてるでしょうか?

4

おお、ちゃんと取れてました。

対照と鶏用のみ増幅で、パターンもOKです。

 

というわけで、4種類とも大丈夫なようです。ポジコン(対照)もすべて増えてます。

 

では、冷蔵庫にあるものでもう少し。

まずはウインナーソーセージ。パキッといい音がする、あの銘柄です。

5

さすがに豚肉だけ増えました。

もうひとつ、パック入りのハムです。

ドラッグストアのチルドコーナーですごく安く売っていたものなので、ちょっと不安。

6

こちらもちゃんと豚だけ増えました。

 

ちょっとつまらない結果ですね・・・。

合いびき肉で作ったハンバーグとかで試せばよかったです。

    

以上、いかにも簡単にできたように書いてますが・・・

実際には、マルチバンドになったり増幅しなかったりで、

2~3回設計しなおしたプライマーもあり、それなりに苦労しております。

  

鹿、馬、ウサギのプライマーも設計してあるので、肉が手に入ったら、

それらもやってみたい!と思います。

(その前に、ご注文がたくさんきて忙しくなる方がいいのですけれどね)

  

今夜はお肉料理で決まりですね!

リーゾのHPはこちらです

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

 

    

  

 

2012年8月21日 (火)

ゆるキャラ「ザグリン」

平成24年10月17日に開催される

農研機構「異分野融合・テクノコロキウム」。

昨年に引き続き、2回目の出展を予定しております。

 

今年は、「ゆるキャラ」を作ったとのことですので、ご紹介します。

Photo

 

名前は「ザグリン」

「異分野融合」の英語(なんだっけ)の頭文字からとって命名されたそうです。

研究者の庭で生まれ、畑いじりと機械いじりの両方がだいすきなカエルくんです!

  

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

  

2012年8月12日 (日)

起業を志す方にお勧めの本⑮その2

「ザッポス伝説」 トニー・シェイ著 

ご紹介の続きです。

Pict1394

 

クルージングで「金銭より情熱を追い求める」と決意したトニーさん。

次に始めたのがネット上の靴屋さんです。

最初はいわゆる「ドロップシッピング」方式で小規模に始め、

次第に自社在庫からの直接販売へ比重を移し、最終的にはドロップシッピングをゼロに。

実現には苦労も伴ったものの、

最高の顧客サービスを考えていくと、これは自然な流れでした。

 

そして、顧客に(社員にも)常に、

「ワオ!」(素晴らしい商品や体験を届けられたときの驚き、喜び)

を提供しつづける会社を作り上げていくのですが・・・

  

でもその道は平坦ではなく、何度も何度も、資金ショートの危機に直面して、

個人資産をつぎこんだり、経営陣の給与をカットしたり。

また、ロジスティクスを外部委託しようとして大失敗した時には、

大きな代償を払って、

「自社のコア・コンピタンスを外注してはいけない」

という、ザッポスのあり方(顧客価値重視)を決める上で、とても重要なことを学びます。

 

ちなみにザッポスを立ち上げてからしばらくの間は、

投資とかデイトレードとか映画への出資とか、他の事にも手を出しては失敗して、その代わりに

「自分がコントロールできない、影響力の及ばない企業、

知らない人や信用できない人に投資するのは間違ったことだ」

という、経営者としてこれも大事なことを、学んだそうです。  

  

トニーさんは、ポーカーとビジネスは似ている、と言います。

・着くテーブル(市場)を選ぶことの重要性

(ビジネスの場合は、着くテーブルを自分で「作る」こともできる)

・とにかく好きになることが上達の早道

・他人と差別化することが勝利につながる

・そもそもルールを理解するまでは賭けてはいけない

・金銭を得ることよりも楽しむことが重要

などなど。

(・・・たぶんこの方は何事もビジネスに結びつけて、何かを学べる方なんでしょうね。)

  

あとは本書を読んでいただくとしまして(今回はついつい内容を紹介しすぎました)、

最後に引用されている言葉が、トニーさんの経営姿勢をよく表しています。

  

「1本のろうそくは何千本ものろうそくに灯をともすことができる。

しかし、それで1本のろうそくの命が短くなるわけではない。

幸福も分かち合うことで減ることはない」

(仏陀) 

   

そしてトニーさんの言葉。

「組織の原則として「幸せ」を用いることが、道すがらあなたを導く助けになります」

(トニー・シェイ)

 

まさか、遅々として成長しないリーゾを見て、励ましてくださってるのか??

・・・と思ってしまいました。

そんなことはないのですが(もちろん)、

「ありがとうございます!」という気持ちになりました。

   

売上とか利益とかを尺度にすると、気分的に(かなり)落ち込んでしまうけど、

社員を含め、関わる人が楽しんでいるか、ということなら、

リーゾはそこそこいい線、行ってますからね。

  

ところで、顧客だけでなく社員同士でも「ワオ!」を与え合うザッポスには、

「公開丸坊主の日」という社員のイベントがあるそうです。

表紙のトニーさんが丸坊主なのはきっとこのせい・・・似合ってますけど!

   

ワクワク感満載で、心もあったかくなる、特に駆け出し経営者&予備軍にはお勧めの一冊です。

ぜひ読んでみてください。

  

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

   

   

 

  

 

2012年8月10日 (金)

起業を志す方にお勧めの本⑮

図書館で借りてきていっぱい読んでいる、起業・経営本の中から、

お勧めのものをご紹介しています。

今日はその第15弾です(久しぶりです!)。

  

Pict1394

「顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説 

アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか」

トニー・シェイ 著

ダイヤモンド社

定価1600円+税

   

久しぶりに、ワクワクできる本に出会いました! 

「ザッポス」とは、アメリカとカナダで靴・衣料・アクセサリーなどを販売している、ネット小売会社です。

顧客サービスを重視することが最大の特徴で、

2009年に12億ドルの評価額でアマゾンに買収されました。

(規模が大きすぎて正直よくわかんないですが、これは起業としてものすごい大成功らしいです。)

  

トニーさんの「自伝」なので、子供の頃の話から始まります。

この方、子供の頃からビジネスが大好きだったんですね。

例えばバッジを作る機械を通販で50ドルで買って、子供向けの通販雑誌に、

「写真に1ドル札を同封して送ってください。バッジを作って送り返します」

と広告を出して、たくさんの注文を取るビジネスに育てて、弟に譲りました。

(末の弟まで譲ったところで、後継者がなくなり、廃業したそうですが)

投資分を回収できず失敗した例もあり(マジックキットの通販とか)、

それはそれでいろいろと学ぶものもあったとか。

 

ハーバード大に進んでからもビジネス精神は健在。

試験前に「バーチャル勉強会」参加者を募り、試験に出そうなテーマ100個を参加者に3つずつ割当てレポートしてもらい、

それを冊子にして20ドルで売る(参加者限定、ひとり1冊、というところが良心的)、という企画を成功させて、

「クラウド・ソーシング」の可能性に気づいたといいます。

もちろん試験もばっちりだったんでしょうね。

在学中にはもうひとつ、学生食堂の運営を受託して、

ファストフード店から冷凍ハンバーガーを卸してもらい、利益を載せて売ったり、

貯金をはたいてピザの石釜を設置してピザを売り、投資分を上回る収益を上げたり・・・。

学生業の傍らビジネスのスキル磨きに情熱を燃やしました。 

  

「オラクル」に一度は就職するんですが、

ネット上のネットワーク構築システム「リンク・エクスチェンジ」を始め、そっちが面白くなって辞めてしまい、

最終的には2億6500万ドルでマイクロソフトに売却

ビジネスが大きくなり、人が増えて、ワクワク感が消えたように感じたそうです。

 

転機は1999年のこのとき。

卒業時、友人たちは「(トニーは)卒業後10年でミリオネアになる」に賭け、

トニーさんは「ならない」の方に賭け、

負けたほうがクルージングをおごる、という約束をしてたそうなんですが、

見事にトニーさんの負け。

で、約束どおり友人たちを招き、3日間のそれは盛大なクルージングパーティーに出かけるんです。

そのときに、ワクワクする気持ちがよみがえってきたのでしょうか、

「金銭よりも、情熱を追い求めよう」

と心に決めることになります。

  

で、次に始めたのがいよいよ「ザッポス」になるわけなんですが・・・

長くなりそうなので一回切ります。

続きは次回!

  

「ワクワク感」、いい言葉です。

・・・ほとんどそれだけでやってます。

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

  

2012年8月 6日 (月)

DNAすいすい for Kids 実演編

子供向けバイオ実験体験キット

’食べ物からDNAをとりだす実験ができる’

『DNAすいすい for Kids』 実演編です。

  

材料はタマネギ

約5グラムをカッターで荒く刻み、すり鉢代わりの乳鉢へ。

抽出液20mlを加えてすりつぶします。

Photo

ある程度つぶれたら、

ビーカーに、フィルターをこんな風にかぶせて・・・

Pict1390_2

ろ過します。

Photo_2

 

次に、付属の試験管に冷やした「消毒用アルコール」(別途用意)を半分くらいまで入れ、

ろ過したDNA抽出液をスポイトでぽとぽとと、10滴くらい落とします。

  

キャップをして、天地を返すようにゆっくり混ぜると・・・

Pict1388

出ました!

もやもやした白いものがDNAです。

     

消毒用アルコールではなく、99%のエタノールを使うと、もっとたくさん出せます。

ろ過した抽出液をきれいなビンに取り、

99%エタノールを、上に重ねるように加えます。

Photo_3

すぐに界面からDNAが立ち上ってきます。

   

さらに天地を返すように混ぜると、

Dna

こんなにたくさん出てきました~。

  

抽出の過程では、

(1)すりつぶすことで細胞がばらばらになり、

(2)界面活性剤を含むDNA抽出液が細胞壁を壊してDNAを溶け出させ、

(3)アルコールがDNA分子を取り囲む水分を奪うことにより、

(4)DNAが水に溶けていられなくなって「析出」してくる、

ということが起こっています。

(なので、約70%のエタノールを含む消毒用アルコールよりも、

99%エタノールの方が強力なんですね)

  

さて。

自由研究ですから、抽出できた!で終わっては面白くないですよね。

・タマネギはとれたけど、ジャガイモからはとれるのかな?にんじんはどうかな?

・お米からもとれるかな?

・お料理したあとのタマネギだとどうかな?

   

タマネギのほか、ブロッコリーからも取れますが、

・芯の部分と、花芽(ふさふさの部分)と、葉っぱの部分では、どれがいちばんとれるかな?

・ゆでたブロッコリーからだとどうかな?

  

取れたDNAについて、

・つまようじで取り出すとどんな感じかな?

・材料が違うとDNAも違うかな?

・指でさわったり、つばをつけたりするとどうなるかな?

・もういちど水に溶けるかな?

 

・・・などなど、疑問に思うことをいろいろ、やってみて欲しいです。

正解は、あるような、ないような。

研究者も知らないような、新しい発見があるかもしれません。

  

(DNAすいすい for Kidsは商品化準備中です。お問合せはリーゾまで)

                      

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

  

  

 

DNAすいすいfor Kids

先日、元リーゾスタッフ、今は遠隔地からリーゾを応援してくれている友人Yさんより、

「子供の夏休みの自由研究に使えるDNA抽出キットが欲しい」

とのご要望が来ました。

 

夏休み、もう始まっちゃってるじゃないですか!

   

大人なら誰でも経験していることですが、 

夏休みは短い(・・・しみじみ)。

    

これは急いで開発せねば・・・、と、1週間で作りました。

Pict1393_2

その名も「DNAすいすい for Kids」。

・・・ネーミング考える間もなかったので、なんのひねりもございません。

(今気づいたんですが、ルビ振るならむしろfor Kidsの方ですね・・・。) 

      

気を取り直して続けます。

  

このキットに入れたものは、

・DNA抽出液(80ml)  

・プラスチックのビーカー50ml用 2個

・プラスチックの透明な試験管(キャップつき) 3本

・スポイト 2本(アルコール用と抽出液用)

・フィルター 3枚

・試験管立て 1個

・取り扱い説明書 1冊

です。

      

加えて、自分で用意してもらうものとして、

・DNAを抽出する材料

(お勧めはタマネギ、バナナ、ブロッコリ、あとは肉とか魚とか)

・小さめのすり鉢とすりこ木

・消毒用アルコール(イソプロパノール入りの安いやつでOK)

・湯沸かしポットとカップめんの容器(肉・魚の場合のみ)

が必要です。

   

アルコールに関しては、付属品にするといろいろと面倒なので、

使う人に用意していただく形にしました。

(もし手に入れば、95%以上のエタノールだと実験がより成功しやすくなります)

  

さて、取説ですが、大人向けと同様のプロトコルに加え、こんな図も入れてみました。

  

Ccf20120726_00005

写真よりもわかりやすいのではないかと自負しておりますが、どうでしょうか?

   

やってみると、とても簡単ですよ~。

というか、簡単にできるようにするのが難しかったです・・・。

遠心機が偉大な発明だということを、再認識しました。

  

DNAすいすい for Kidsを用いた、DNA抽出実演記事は、次号にて!

    

リーゾのHPはこちらです

http://rizo.co.jp/

 

 

 

  

すいすい通信vol.16 2012年7月号

「すいすい通信」のバックナンバーです。
(最新号を発行後、前回号をバックナンバーとしてアップしております)

☆  すいすい通信 ☆ vol.15  2012年7月4日配信

蒸し暑い日が多くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
子どもが保育所で七夕飾りの短冊をもらってきたことで、「もう7月!」と気
がつきました・・・。

2年目の第1四半期を終えた「すいすい通信」、ちょっと体裁を変えてみまし
た。どう変わったか、わかるでしょうか?
相変わらず長いメルマガですが、少しでも「読みやすくなった」と思っていた
だければうれしいです。

それでは張り切って7月号をお届けします!

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・特集①・・・・・・・・・・・・・・・・ 「DNAすいすい-S」ご利用例
 ・特集②・・・・・・・・・・・・英国製の「交配袋」(プレゼントあり)
 ・コーヒーブレイク・・・・・・・・・・・・・・・玄米から始める稲作り
 ・すいコム!コーナー・・・・・・・・・・・・・・・夢のキット【回答】
 ・リーゾのニュース
 ・編集後記 

■ 特 集① ━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「DNAすいすい-S」ご利用例
 
DNA・RNAすいすいシリーズのご紹介が一巡したので、今回はDNAすいすい-Sを
こんなふうにご利用いただけたといううれしいご利用例をご紹介します。

お便りは、静岡大学技術部情報支援部門の大橋和義先生からいただきました。
中学校の理科実験で、DNAを簡単に見ることができないか?という依頼を受け、
「DNAすいすい-S」を使って、オシムギ一粒からDNAを抽出する実演をしてくだ
さったそうです。

手順としては、
1.オシムギ一粒をアルミホイルで包み、ラジオペンチでつぶす
2.チューブに入れる
3.DNAすいすい-Sと混ぜて遠心
4.上清を別のチューブに移し、同量のイソプロパノールを混合

軽くタッピングするだけで、中学生のほぼ全員、DNAを目視できたとのことで
す。

遠心せずに目視できたのは、オシムギという材料の選択の勝利だと思いますが、
あえてアルコール沈殿法を使う「DNAすいすい」なればこそ、こんな風にお役
に立つことができて、うれしい限りです。

ブログでのご紹介記事はこちらです(浜松日体中学校のブログ記事へのリンク
もあります)。
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-5cb2.html

「DNAすいすい-S」は、デンプンの多い穀物種子、芋類、マメ類のほか、メロン
やバナナなどの果肉からDNAを抽出できるバッファーです。

タンパク質の少ない組織であれば、フェノクロ操作不要で簡単・安全にDNAを抽
出でき、標準使用量(1回400μl)で1回あたり50円と破格の低コスト。
ゲノム研究や育種関係のご研究で多くご利用いただいていますが、今回のお話
で教育関係にも用途が広がりました。

DNAすいすい-Sのご案内はこちらです↓
http://rizo.co.jp/RNA-R.html
 

<<他の「DNAすいすい」シリーズのご案内>>

ポリフェノールの多い植物組織向け
DNAすいすい-P
http://rizo.co.jp/DNA-P.html

粘性物の多いバラ科植物組織向け
DNAすいすい-R
http://rizo.co.jp/DNA-R.html

バラ科以外の粘性物の多い農産物向け
DNAすいすい-VS
http://rizo.co.jp/DNA-VS.html

魚類体表粘膜、動物唾液など向け
DNAすいすい-F
http://rizo.co.jp/DNA-F.html

脂質の多い植物種子向け
DNAすいすい-L
http://rizo.co.jp/DNA-L.html

土壌・環境水など向け
DNAすいすい-E
http://rizo.co.jp/DNA-E.html

木材等の乾燥植物組織向け
DNAすいすい-W
http://rizo.co.jp/DNA-W.html

加工食品向け
DNAすいすい-PF
http://rizo.co.jp/DNA-PF.html

(RNA抽出バッファー「RNAすいすい」シリーズもございます。)
http://www.rizo.co.jp

■ 特 集② ━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

英国製の交配袋(プレゼント企画)

「交配袋」ってご存知ですか?
植物の花粉を、他の品種・系統の雌しべにかけるのが人工交配(授粉)。
その際に、目的以外の花粉がかからないように、袋をかぶせてガードするので
すが、そのための特殊な袋が「交配袋」です。

交配袋に求められる特性とは、
・ある程度光を通す(開花・結実には光が重要)
・通気性がある(蒸れると結露やカビの原因になる)
・花粉を通さない(当然ですね)
・丈夫である(紫外線による劣化、虫食い・結露による破れなどがないように)
・軽い(花を支える茎や穂首に負担がかからないように)
といった点が挙げられます。

私の知っている範囲では、「グラシン紙」というトレーシングペーパーみたい
な紙で自作するケースが多いようですが、やはり「蒸れ」と「丈夫さ」の点で
若干難があり、もっといいものはないか・・・と模索されていると聞きました。

というわけで、英国に不織布の交配袋(crossing bags)を売っているメーカー
があると知り、試しに取り寄せてみました。

サイズは2種類で、小:5cm×11cm、大:6.5cm×14cm(袋の内側)。
材質は、半紙より少し厚めのハリのある不織布で、丈夫な障子紙といった印象
です。

で、突然ですが・・・

【プレゼント企画】

リーゾの商品ではないので宣伝するのもなんですが、50枚ずつ取り寄せてしま
ったので、有効活用すべく、使ってみたい、材質を見てみたい、とにかく興味
あり、という研究者の皆さんに無料でご提供します。

ご希望のサイズ(両方でもいいです)と最大5枚の希望枚数を明記して、今週
中(7月8日まで)にinfo@rizo.co.jpまでご連絡ください。

ご連絡の際には、下記「すいコム!コーナー」(『実験補助パートさん採用作
戦』)のご回答もひとこと入れていただけるとうれしいです。

ご希望が多い場合には(そんなにないと思いますけど)、先着順とさせていた
だきますのでご了解ください。

写真をブログにアップしましたのでご参考に。
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-d83f.html

メーカーさん(PBS International)のサイトはこちらです。
http://www.pbsinternational.co.uk/category/product/

蛇足ながら念のため・・・
使い勝手、性能等、未確認ですので、「お勧めする」わけではありません。
「ダメだった」という場合もあると思いますので、重要な実験への利用は自己
責任でお願いいたします。

■ コ ー ヒ ー ブ レ イ ク ━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「玄米」から始める稲作り

すいすい通信読者には農学関連の研究者の方が多くいらっしゃいますので、
「食育」関連で子どもたちや教師への教育イベントを担当される場合も多いの
ではないかと思います。

ペットボトルやバケツで稲を育てることは、もはや当たり前となり、素人でも
ネットで情報を集めて、ベランダで稲作を楽しめます。

ここで入手がやや難しい(少量だと特に難しい)のが、「種籾」または「イネ
の苗」です。
キロ単位の種籾、あるいは苗箱単位では多すぎだし、売っているところも時期
も限られます。

そこで、入手しやすく「食べ物」として身近でもある「玄米」から、少量の苗
を作る方法をご紹介します。
(イネの研究者の皆さんは、ご存知の通りですので飛ばしてくださいね~)

まず、新鮮な玄米を入手(スーパー等で買ってきて、一握りくらい確保して、
あとは食べちゃってください)。

ちいさな容器に、ほんの少しハイターを混ぜた水道水を浅く入れて玄米数十粒
を浸し、ふたをして25℃~37℃で置きます。
1日後には「発芽玄米」程度に発芽します。
ハイターの効果で、腐敗せずにきれいに発芽します。

数日後、根と芽がはっきり形成されてきたら、ピンセットやお箸を使って、土
を入れて湿らせたポットに慎重に置いていきます(歩留まりが悪いので数十粒
全部まきます)。

雑菌にさらされるここからが試練。腐敗に負けて死んでしまう種子も多いです
が、一部分は生き残って「苗」になってくれます。
あとは、ネット情報通りにバケツやペットボトルの田んぼに「田植え」して育
ててください。

土に植えるときに、土を滅菌したり、寒天培地に植えたりすればエレガントで
すが、そういう設備がないご家庭や学校を想定してやってみました。

普段食べている「お米」から稲の苗が育つことを目の当たりにすることで、小
さな子どもでも、「お米」と「稲」の関係が、直感的にわかるのでは・・・?

もう今年は間に合わないかもしれませんが、機会があればお試しください!

写真入りのブログ記事はこちらにあります。
 
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-dc1d.html

■ す い コ ム ! コ ー  ナー ━━━━・・・・・‥‥‥………

『すいすい通信と読者との双方向コミュニケーション』、略してすいコム。

第3回のお尋ね
「”夢のキット”はなんですか?」

今回は、読者の皆さんからのご回答は残念ながらありませんでした・・(涙)。
読者の皆さんは、現存のキットに満足されているのですね。
(・・・忙しくてそれどころではない!という方も多いでしょうが・・・)
「めんどくさいは発明の母」をモットーに、めんどくさいなーという気持ちが
生む後ろめたさを感じつつこれまでやってきた筆者としては、頭が下がる思い
です。

ご紹介するコメントがないので、恥ずかしながら「めんどくさい」から生まれ
た過去のプチ発明、
【PCR産物を高効率で回収できる泳動ダイ兼エタ沈補助剤】(長いですね)
というのをご紹介します。

ライブラリ作って、インサートチェックして、OKのものをもう一度PCRしてハ
イブリ用プローブとして回収、とやっていたのが面倒で、泳動した後のわずか
な残りから高収率でエタ沈回収できるダイ、を作りました(正確には、手持ち
の中からそういうふうに使えるものを見つけた、という感じですが。比重増加
剤として「フィコール」を使ったダイだとうまくいきます。)。

ちょっとしたことですが、ものすごく手間・時間・試薬が節約できて、我なが
らいいことを考え付いたものだと感心したのを覚えています。

蛇足ながら、主婦をやっていると、料理・掃除・洗濯・育児などのグッズで、
「こういうのがあればいいのにな」と思うものは大概すでに存在していて驚き
ます。
試薬やキットのメーカーも、もっとニーズを汲み取る努力をしないといけない
ですよね。一方で、研究者の皆さんも、もっとワガママを言っていいと思いま
すよ!
 
さて、すいコム!コーナー、気を取り直して、続いてのお尋ねです。
第4回のお尋ね
「『実験補助パートさん採用作戦』を教えてください!」

・募集をかけるならこういう時期がねらい目だ、とか、
・募集記事の文言にこのセリフを入れるといい、とか、
・締切を入れる方がいい/入れない方がいい、とか、
・面接ではこの質問をするといい、とか
苦労して編み出した採用作戦、ちょっとだけ教えてもらえませんか?
 
あるいは、すでに採用されてラボのメンバーになっている実験補助者にインタ
ビューしていただいて、

・応募しよう!と思ったポイントはなんだったか、とか、
・ここが気に入ったからこのラボにいる、とか
そういうお話も歓迎です。

「ラボのボス」ではない、ラボのメンバーの皆さんには、

・こういう人に来て欲しい、いっしょに働きたい
・こういう人はちょっと困る、困ったことがある
といったコメントもいただきたいです。

もちろん、研究分野以外の、人を採用する立場の方にも、
・優秀な人を採用する極意
を教えていただければうれしいです。

実験補助を目指す主婦の皆さんにも、大いに参考になることと思います。
このアドレスに、お気軽にご返信ください。
(他の読者に送信されることはありません。ご紹介は匿名でいたします。)

・・・今回は、ゼロではありませんように・・・!

■ リ ー ゾ の ニ ュ ー ス ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○「経営革新計画」の承認を受けました

実験補助者育成事業を軌道に乗せるため、経営革新計画の立案に挑戦し、先日
めでたく承認をいただきました。
研究者・主婦・運営者がwin-win-winの関係になれる事業を目指します。

ご紹介のブログ記事はこちらです↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-308e.html

○実験補助セミナー

6月20日に「応募書類と面接のポイント」のセミナーを行いました。

6月のセミナー報告のブログ記事はこちら↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-ea2e.html

7月からは、新クール。7月18日(水)に、実験補助の仕事の概要をお話す
る「ガイダンスセミナー」を行います。
受講生さんとの新たな出会いに、ちょっとわくわくしています。

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○「リーゾのニュース」、たいしたことがないなあーと思い、最後にもってく
ることにしました。
ご報告する価値のあるニュースが毎月あるのがいちばんなんですが、なかなか
そうはいかないのがつらいところです。

○内臓が透けて見える「透明金魚」をご存知ですか? 
黒目がちのつぶらな瞳が、とてもかわいい金魚です。
今年、卵から育てていますが、先日縁あって、近所の小学校の理科の授業に登
場しました。解剖しなくても魚の体の構造がわかると好評でした。

ご報告のブログ記事(写真入り)あります。
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-60b8.html

○実験補助セミナー受講生で、お菓子教室を主宰されているyumiさんより、焼
き菓子の一日店舗を開催するとのお知らせをいただきましたのでご紹介します。
実験補助の仕事は洋菓子店の独立資金を貯めるため、と明確な目標をお持ちの
素敵な方です。
日時:7月8日10時~15時 場所:さくら坂ビバーチェ(守谷板戸井1751-1)
主催者URL:http://www.sakurazaka-vivace.com/
yumiさんのお菓子教室案内:http://cookingschool.jp/school/serendipity

○最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからも、リーゾと「すいすい通信」を、よろしくお願いいたします!

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

すいすい通信は、「株式会社リーゾ」のお客様、および関係者の皆様にお送り
しています。この号は214名様に配信しました。
お知り合いで、「すいすい通信」の配信を承認していただける方がいらっしゃ
いましたら、ぜひご紹介くださいますよう、お願いいたします。

----------------------------------------------------------------------

【すいすい通信】

発 行 日:月1回・第1水曜日(予定)
発行開始日:2011年4月7日

ご意見ご感想、および本メールマガジンの解除はこちらまで
info@rizo.co.jp

【発行元】

株式会社リーゾ
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-9-2-B201
TEL:029-852-9351 FAX:020-4623-5611
MAIL:info@rizo.co.jp
HP:http://www.rizo.co.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

======================================================================
Copyright(C) Rizo Inc. All rights reserved.

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »