2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の8件の投稿

2012年5月28日 (月)

透明金魚 孵化して4週後

リーゾオフィスの「透明金魚」、孵化してから4週間が経ちました。

観察用として「ペットボトル水槽」に住む10匹は、その後も揃って元気に成長しています。

今日は、そのスケスケな姿を横から狙ってみました。

 5281

ペットボトル越しのせいか若干ピンボケですが・・・。

内臓も脳も、透けて見えちゃってます。

・・・これはすご~い!!

(「気持ち悪い」という人もいるかもですが、理系女は大喜びです)

見た目はいかにも弱そうなのに、虚弱な金魚ではないのが不思議です・・・。

現在の体長は約13ミリ。 

えさは、もう人工飼料の粉末になりました。

元気もりもりです。

 

「温室組」の透明金魚&2回目にいただいた、「何が育つかお楽しみ」の稚魚たちも、

元気に成長中です!

(早くも「アカムシ」がわきつつあるので、成長が待たれます・・・)

 

またご報告します。

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

2012年5月25日 (金)

起業を志す方にお勧めの本⑭

図書館で借りてきていっぱい読んでいる、起業・経営本の中から、

お勧めのものをご紹介しています。

今日はその第14弾です。

 

今回のは、「起業」でも「経営」でもないのですが、

頭を使う仕事=知的生産、をしている方すべてにお役にたちそうな本です。

 Image382

「イシューからはじめよ 知的生産のシンプルな本質」

安宅和人 著 

英治出版  定価本体1800円+税

ISBN978-4-86276-085-2

 

頭を使う仕事=知的生産、と言ってしまうと、なんだかハイソな感じに聞こえますが、

例えば主婦だって頭を使って家庭を経営してるわけですから、立派な知的生産。

そう考えると、ほとんどすべてのひとが、対象者になりうるのではないでしょうか?

 

さっそくですが、この本が伝えようとしていることを、例によって思い切り端折って言っちゃいますと、

「限られた時間で、本当のバリュー(価値)があるアウトプットを、効率的に生み出す方法論」

です。

(ほら、雑多な仕事で超忙しい主婦や、なんでもこなす零細ベンチャーの経営者には、絶対必要でしょ?)

 

「イシュー」とは、要するに「何に答えを出すべきか」ということです。

答えを出す価値がないもの、そもそも答えが出ないようなものにつかまっては時間の無駄。

そのような「なんちゃってイシュー」に惑わされず、本質的なイシューをつかむことがまず大事です。

課題に取り掛かる前に、「何がイシューなのか」をきっちり考えて、明確にしてから、

必要最小限の労力で、バリューのある仕事を達成する、という心構えを持つこと。

その対極にあるのが、むやみやたらに労働力を注ぎ込んで、

一心不乱に大量の仕事をすることで、なんとか仕事を完成させようというやり方。

これを著者は「犬の道」と呼んでらっしゃいます。

 

「イシューからはじめる」仕事術は、

1.イシュードリブン:イシューを見極めること

2.仮説ドリブン①:イシューを分割してストーリーの流れを作ること

3.仮説ドリブン②:ストーリーを検証してアウトプットのイメージを作ること

4.アウトプットドリブン:ここまでの部分の検証を行うこと

5.メッセージドリブン:報告書や論文をまとめること

という流れで進めていく、ということなんですが・・・。

 

ここで気づきました。

・・・これって、研究の進め方と一緒じゃないですか?

(著者の安宅さんは、ニューロサイエンスの研究をされていた経歴もある方と聞いて、納得。)

そう考えると、特に研究の経験者にとっては、非常に分かりやすい話になります。

  

ストーリーの立て方は、

・3つのWHY=「なぜ魅力?」「なぜやる?」「なぜできる?」から組み立てる

・「空・雨・傘」=「確認・深掘り・結論」で考える

ストーリーを立てる際に活躍する絵コンテは、

・「分析の設計」であり、「どんな分析結果が欲しいのか」を起点に考える

・分析の「軸」を考える、数字を入れる、方法を明示する

報告書や論文は、

・本質的かつシンプルにまとめる

・聞き手の「無知」と「知性」を前提とする

ということで、やっぱり、研究結果のプレゼンや論文を作るときとほとんど一緒ですよね~!!

研究者って、知らず知らずのうちに(大学や職場で教育されたおかげなわけですが)、

効率の良い知的生産の仕方を身につけているのだなあ、と改めてありがたく感じました。

  

さて、著者がコンサルとして修行を積んだ場であるマッキンゼーの教えに、

「コンプリート・スタッフ・ワーク」

(スタッフとして関わった仕事は完璧にやり遂げよ、という意味)

という言葉があるそうです。

仕事を完璧にやり遂げるには、命を削る思いをすることもあるけれど、

プロの仕事で命を削ること自体には何の意味もない。

プロの「努力」は一切評価されない。

過酷な事実だけれど、だからこそ「プロ」は自由になれるんですね。

 

「犬の道」は、体力があるうちはまだいいけれど、年取ると無理・・・。

自分のためにも、愛する家族のためにも、

過労で倒れないうちにこの本を読んで、効率よく「仕事」するよう、心がけたいですね。

  

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

  

  

2012年5月21日 (月)

5月の実験補助セミナー

5月の「実験補助セミナー」、16日(水)に行いました。

今回の内容は、「水溶液の調製法と試薬秤量の基礎」です。

参加者は、新規の方2名を含め6名でした(2名の当日キャンセルがありました)。

 

新規の方向けに、ガイダンスセミナーの内容をおさらいしてから、本題に入ります。

研究者のボスに、「この組成で(水溶液を)作っといて」とレシピを渡されたと想定し、

「パーセント濃度表示」の場合と「モル濃度表示」の場合とに分けて、

必要な試薬量の計算方法を学び、練習問題を解きます。

 

次に、試薬の量りとり方を、「液体の場合」と「粉末の場合」に分けて学びます。

危険な試薬の場合の取り扱い方も説明します。

 

そして最後にメインイベント?の「秤量実習」!

精密天秤は持ち込めないので、代わりに0.01gまで量れる電子天秤を使い、

2種類の粉末試薬(のダミー、安全なものです)を1.00g量り取る練習をします。

 

本物の「薬包紙」を使うのですが、エアコンの風で動いてしまうので、

ちょっと暑い日でしたが一時的にエアコンを止めました。

最初は「スパーテル」を使ってすくい取って落とすやり方で、

つぎに、ボトルから直接、手指でトントンとボトルを叩きながら微量ずつ落としていくやり方で、

練習してみました。

2種類の試薬は、ひとつは「片栗粉」、もうひとつは「粉末洗剤」。

片栗粉は微粉だけれどダマがあり、洗剤はさらさらだけれど粒が大きくて跳ねやすい。

実際の試薬も、それぞれに扱いやすさが違うので、良い練習になります。

  

受講生の皆さん、普段のお料理やお洗濯とは桁が違う精度の量り取りに、

最初は緊張して、恐る恐る、慎重に慎重に・・・という感じでした。

 

この日は、直前に通信講座修了生さんの就職報告があったので、

そのお話もさせていただいたところ、

全くの文系主婦が、一から学んで半年で就職されたとあって、皆さん興味深々!

ご参考にお渡しした通信講座のご案内資料にも、熱心に目を通してくださってました。

「通信講座ベーシックコース」、さらにパワーアップ&受講しやすいシステムになりました。

こちらから資料をご請求ください。)

 

さて、次回は6月20日(水)10時~、「応募書類の書き方と面接のポイント」をやります。

(今回はすでに定員いっぱいとなっております。あしからずご了承ください。)

 

新卒学生の就活とはぜんぜん違う、実験補助パートの応募対策。

研究者のハートに響く応募書類で、書類審査を通過して、

自分だけの「面接想定Q&A集」でスムーズに研究者の不安を解消できるよう、

万全の準備をして臨みましょう!

  

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

  

2012年5月15日 (火)

透明金魚の稚魚

「透明金魚」の稚魚、その後のご報告です。

こちらは5月1日の姿。

51

5月3日~6日は世話ができないので、オフィス外のミニビオトープに移しました。

Photo

浮いている水草は、「クレソン」です(茎の部分から再生)。

壁面にはジャングルのように藻が生えてます。

ここなら自力で食べるものを見つけられるのでは・・・?

健闘を祈って連休へ。

 

連休明けました。

暗いし藻が茂ってるしで、生存率は不明なものの、稚魚は元気そうです。

良かった!

ランダムに10匹をすくいとって再びペットボトル水槽へ。

Photo_2

大きくなってるような気がします・・・?

ブラインシュリンプを与えながらさらに1週間、

5月14日現在の様子です。

514_2

だいぶサカナっぽくなってきました(・・・しらす干しにそっくり)。

食べたえさが透けて、消化管がオレンジ色に見えてます。

体内に「泡」が光ってるように見えるのは、「浮き袋」なんでしょうね、きっと。

小学校の理科実験支援員も務めているリーゾスタッフKさんが、

子どもたちに魚の構造を教えるのにいいなあ~と興味津々でした。

      

こまめにブラインシュリンプを与えても、すぐいなくなっちゃう(食べられちゃう)んですよね。

そろそろ普通のえさ(粉末)でもいいかもしれません。

  

まったくほったらかしの、温室プールの稚魚たちも、たくましく育っている様子です。

 

またご報告します!

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

  

2012年5月14日 (月)

受講生さんからのうれしいお知らせ

通信講座ベーシックコースを修了されたばかりの受講生Tさんから、

うれしいお知らせをいただきました。

つくば市内の某独法研究機関(生物系)に、

実験補助として就職が決まったとのことです。

やりましたね~!! おめでとうございます!!

    

「勝因」を分析していただいたところ、

・履歴書、職務経歴書に力を入れたこと

・面接で、最初の挨拶からハキハキと元気よく答えられたこと

・基礎的なことは身につけている、という自信があったこと

・先方との相性が良かったこと

と、挙げてくださいました。

 

Tさん、昨年秋から半年かけて、セミナー(4回とも)、OJT、通信講座と、

リーゾで提供している講座をすべて制覇されたんですよ!

さらにワードとエクセルも勉強し、そちらの資格にも合格されたとか。

「目標に向かって努力できること」、それ自体が大切な「能力」であると思うのですが、

まさに努力できる(しかも楽しそうに!←実はこれが重要かも)、能力がある方なんです。

  

勝因と分析していただいた、「応募書類の作り方、面接のポイント」は、

セミナーの3回シリーズでお伝えしました(次回は6月20日にやります)。

実験補助の実務の基礎は、OJTと通信講座で、しっかり学んでいただきました。

フルに活かしてくださって、教える立場として、こんなにうれしいことはありません。

  

現在の受講生さんたちも、勇気づけられるのではないでしょうか?

実験補助の仕事で、社会復帰したい主婦のみなさん、どんどん後に続きましょう!

   

「何から始めたらいいの・・・?」という方は、とりあえず、

ガイダンスセミナー「主婦力が活きる仕事~私にもできる実験補助」

にご参加ください。

(次のガイダンスセミナーは7月18日(水)10時~11時半、

つくば市二の宮の「ワンコイン寺子屋」で開催の予定です。)

  

7月までなんて待ちきれない?

それなら、ガイダンスセミナーでもお渡ししている、講師・門奈が書いた特別レポート、

「実験補助パートってどんな仕事?~面接では聞けない本音のQ&A集~」

がありますので、先にこれを読んでおいてください!

(ご請求先はこちらです。無料ですから、もらわない手はありませんよ!)

  

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

2012年5月11日 (金)

記念すべき初!田植え

5月9日と10日に、「田植え」を行いました。   

おいしいお米がとれる、つくば市吉沼地区の田んぼの一画をお借りしての田植えです。

リーゾのパワフルな主婦4人(代表+新旧スタッフ3名)でがんばりました。

Photo

やる気まんまん。

31

がしがし植えてます。

植えたのは、リーゾ開業時から、乏しい設備とマンパワーで、

こつこつと交配&DNAマーカー選抜を繰り返して育種してきた、

血と汗と涙の結晶、秘蔵の「新品種」です。

(大げさな表現のわりにはどうってことないものですが・・・

どういう特徴のある品種かは、追ってご紹介しますね!)

  

・・・田んぼに植わったところを見ると感無量です。

この田んぼは「特別栽培米」認定田んぼで、しかも今年は「無農薬」で育てるとか。

除草が大変ですが、その分、すごく甘くておいしいお米が取れるそうですよ。

リーゾの品種は、去年までは炊くほど取れなかったので、味は未知数。

どんな味になるのか・・・とても楽しみです。

  

オフィスからは少々遠いのですが、ちょくちょく見に行って、

成長を見守りたいと思っています。

 

「お米」を意味するエスペラント語が社名です。

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

  

2012年5月 2日 (水)

すいすい通信vol.13 2012年4月号

すいすい通信のバックナンバーです。

(最新号を配信後に、前回号をバックナンバーとしてアップしております。

リアルタイムでお読みになりたい方は、info@rizo.co.jp までご連絡ください。)

☆  すいすい通信     ☆ vol.13  2012年4月4日配信

すいすい通信は、「株式会社リーゾ」のお客様、および関係者の皆様(この号
は194名様)にお送りしています。

お知り合いで、「すいすい通信」に興味があり、配信を承認していただける方
がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

新年度を迎え、皆さんお元気にお仕事されていることと思います。
2年目の「すいすい通信」、「もう12回」を目標に、まずは4月号を張り切
ってお届けします!

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・リーゾのニュース
 ・特集・・・・・・・・・・・・・・・・・・「5×PCRすいすい」活用術
 ・コーヒーブレイク・・・・・・・・・・・プレ起業家の学び舎「創業塾」
 ・すいコム!コーナー・・・・・・・・あがらないプレゼンのコツ【募集】
 ・編集後記 

■ リ ー ゾ の ニ ュ ー ス ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○開業4年目になりました

おかげさまで、リーゾは開業4年目を迎えました。

3年経っても相変わらずのスモールさ。手放しで喜んではいられませんが…。
ともあれ、4年目もやっていけそうなのはありがたいことです。

今年度も、研究者のお客様をはじめ、関係するすべての方々の満足を大切にし
ながら、小さな会社を切り盛りしていきたいと思います。

○実験補助セミナー

前回は、久しぶりのガイダンス(入り口)セミナーで、3月7日と14日の2
回開催し、計11名が受講されました。

3月のセミナー報告のブログ記事はこちら↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/3-b8a6.html

普通の主婦にとって、「実験補助」は夢の仕事。そこに「手が届くような気が
してきた!」と喜んでいただいています。

来月からは、真剣に就職を目指す人のための3回シリーズになります。
通信講座第2期もスタートします。
新しい受講生さんを迎え、教える側も気持ちを新たに、さらにパワーアップ。
実験補助のレベルを底上げし、研究のスピードアップに貢献したい・・・と、
大きな夢を持っています。

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「5×PCRすいすい」活用術

リーゾの試薬のなかで唯一の汎用試薬が「5×PCRすいすい」。

農学、農産物というニッチに特化したオンリーワンのものしか作らないリーゾ
のラインナップにはそぐわない・・・と思ったのですが、自分で作って毎日使
っていて、これはもうすごく便利なので、ぜひ皆さんにも使っていただきたい、
との一心で、商品化してみました。

「5×PCRすいすい」は、あえて一言で言えば、
「PCR実験を大幅にスピードアップする魔法の試薬」

もう少し説明すると、
「便利な2×のPCRプレミックスが、自分で作れる添加剤」

という感じでしょうか・・・。

使い方は、お手持ちのTaqポリメラーゼのバッファー、NTPミックス、水、本品、
それにTaqを、すべて2×の濃度になるように混ぜ合わせるだけ。
これで、冷蔵で半年以上、活性が保たれる*ことを確認しています。
(*:酵素の種類、保存条件により異なる可能性があります) 

PCRをかけなきゃ、と思ったら、上記のミックスを冷蔵庫から取り出して、水と
プライマーとDNAを加えて混ぜたら、即完成。
バッファーとNTPの融解待ちがないというのが、どんなにラクか・・・
2×プレミックスをお使いの方なら、実感されていると思います。
(終業時間ギリギリでも、5分あれば、PCRをかけて帰れるんです。)

5×PCRすいすいには、比重増加剤とBPBが配合されていますので、2×プレミ
ックスと同様、PCR反応終了後は、ダイを混合する手間なく、そのままローディ
ングに進めます。
これも、チップと手間が馬鹿にならない作業。省略できるとすごくラクです。

でも、これだけなら、普通の2×プレミックスと同じですよね。
5×PCRすいすいには、もうひとつ、PCR実験スピードアップの秘密があります。

DNA染色試薬(エチブロ)が、PCRを阻害しない濃度で、添加してあるのです
(PS-0001)。
そのため、分子量の小さいPCR産物であれば、電気泳動後の染色を省略して、
そのままトランスイルミネータに載せて増幅確認ができるんです。

エチブロが微量でも入っているのはいやだなあ、とお思いの方には、
エチブロなしのバージョン(PS-0002)もご用意してあります。
GelRed、SYBR-GreenIなど、お好きな染色剤を加えてお使いください。
(推奨濃度は取説に明記してあります)
もちろん、染色剤なしで使えば、普通の2×プレミックスが作れます。

これ1本で、PCR反応液にして100ml分の2×プレミックスが作れるので、
1回買うと半永久的に使えてしまう、(売る側としては)困った商品です。

5×PCRすいすいのご案内はこちら にあります。
http://www.rizo.co.jp/5XPCR.html

試供品ご請求はこちらへ。
(出来立てほやほやの「お問合せフォーム」です)
http://www.rizo.co.jp/request3001.html

なお、5×PCRすいすいは、PCRの特異性を高める傾向があるので、「アレル特
異的PCR」にもお勧めです。
アレル特異的PCRマーカーは、じっくりやれば自分で作れますが、お急ぎの場
合、うまくいかない場合には、「すにっぷすいすい」をご利用ください。

すにっぷすいすいのご案内はこちらです。
http://www.rizo.co.jp/SNPs-ici.html

■ コ ー ヒ ー ブ レ イ ク ━━━━━━・・・・・‥‥‥………

プレ起業家の学び舎「創業塾」
 
すいすい通信読者の中には、今は現役研究者、だけど将来、あるいは引退後、
楽しめる範囲で起業してみたい・・・なんてお考えの方、意外と多いのでは?

起業する「まで」のことなら、ネットで調べれば大概わかりますし、本もたく
さん出ているので独学も可能。

でも、難しいのは起業した「あと」なんです。
ビジネスの「血液」であるお金の流れ、特に「入ってくる方(売上)」が、計
画通りに実現することはまずないので、それを知らないと起業してから数ヵ月
後、すごく焦ります。

実際どんなリスクがあるのか、どうやって稼げばいいのか・・・など、事前に
知っておければ、精神的にずいぶん余裕を持って経営に臨めるはずです。
 
そんな、「プレ起業家」や「起業家の卵」の強い味方が、「創業塾」。
主に都道府県の商工会が主催して、プロの創業・経営セミナー会社の講師を呼
んで行われています。公的な予算で運営されているため、かなりの低料金で、
レベルの高い講座が受講できます。 

私は起業半年のときに受講したのですが、丸1日の講習を全5回とかなりハー
ドでワークもプレゼンも個別相談もある濃密な内容にも関わらず、
受講料は5,000円(全部で、ですよ!)。
セミナー会社のHPによれば、1日20万円×5日=100万円分の内容に相当
するようです。

漠然としていた事業計画を文章化できて、商売人としてもコンサルとしてもプ
ロである先生の意見ももらえて、とても勇気づけられたことを思い出します。

受講生は老若男女様々で、事業分野もプランも多種多様。グループワークで仲
良くなり、視野も人脈も広がるおまけつきでした。

定期的に開催されているはずですので、興味ある方は「創業塾」で検索してみ
てください。

「創業塾」で学んだ詳しい内容は、ブログ記事にあります。 
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/cat35953662/index.html
(かなり懐かしいです・・・)

【「ラボで役立つ(かもしれない)プチ裏ワザ」は、このコーナーで隔月でご
紹介します】

■ す い コ ム ! コ ー  ナー ━━━━・・・・・‥‥‥………

すいコム!って何?
・・・と、思われたことでしょう。

『すいすい通信と読者との双方向コミュニケーション』、のことです。

ブログで連載中の「Dとれ」(「DNAすいすいシリーズでこんなものからDNAが
とれるかな?プロジェクト」の略)と同様、かなり省略してますが、いい感じ
の語感かなと思いまして(要は、テキトウです)。

本音を申しますと、継続にあたり、いちばん頭が痛かったのは、「ネタが足り
ない」こと。
そこで、愛あふれるすいすい通信読者のみなさんに、ご協力を求めようと思い
つきました。

毎回、ちょっとしたお尋ねをしますので、それに対するお返事を、ワンフレー
ズで結構ですのでいただけないでしょうか?
みなさんのご回答をまとめて、次の号でご紹介します!
 
第1回のお尋ねは・・・
「学会発表やプレゼンを、あがらずに上手にやれるアドバイス、教えてくださ
い!」

経営者の卵は、プレゼンの機会がほんとに多くて(自分で招いてる面もありま
すが)、毎回心臓がばくばくして死にそうになります。
研究者は学会発表やセミナーで、人前で話す機会が多いですが、皆さん原稿も
見ずに落ち着いて話してますよね・・・。
どうしてそんな風にできるんでしょうか?

・「カンペ」の要らないパワポの作り方
・事前練習のノウハウ
・緊張せずに話すコツ
・時間ぴったりに収めるワザ
・・・などなど。
「自分はこうしているよ」というポイントを教えてください。

ちなみに門奈は、心臓がバクバクしてくると、「お、いい血を脳に送ろうと、
心臓も応援してくれている。これはきっとうまくいくぞ!」と自己暗示をかけ
てます(ぜんぜんコツではありませんね・・・)。

ご協力いただける方は、このアドレスに、お気軽にご返信ください。
(他の読者に送信されることはありません。ご紹介は匿名でいたします。)

コメント、お待ちしております!

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○リーゾのブログを本にするサービスの見積りを取ってみたら、400ページ以
上ある本になることがわかりびっくり。
塵も積もれば・・・とはこのことですね。
PDFを印刷して、暇つぶしにでもとリーゾの主婦スタッフに渡したら、「面白
い~」と読みふけっています。
え、そう?と読んでみると、確かに面白いかも・・・(自画自賛)。
実験の待ち時間つぶしには、リーゾのブログの過去記事発掘。お勧めです。

○ある朝出社すると、宅急便がやってきて、「?」と思ったら新鮮な大粒イチ
ゴがぎっしり! 
つくばでイチゴ農家を起業した青年からの、うれしいサプライズでした。
とてもエネルギッシュに農業と取り組んでいる姿が頼もしく、日本の農業の未
来も明るいかも・・・と思いました。

ご紹介のブログ記事はこちら(イチゴの写真で目の保養も)↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-783c.html

○最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからも、リーゾと「すいすい通信」を、よろしくお願いいたします!

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【すいすい通信】

発 行 日:月1回・第1水曜日(予定)
発行開始日:2011年4月7日

ご意見ご感想、および本メールマガジンの解除はこちらまで
info@rizo.co.jp

----------------------------------------------------------------------

【発行元】

株式会社リーゾ
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-9-2-B201
TEL:029-852-9351 FAX:020-4623-5611
MAIL:info@rizo.co.jp
HP:http://www.rizo.co.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

======================================================================
Copyright(C) Rizo Inc. All rights reserved.

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

2012年5月 1日 (火)

金魚の稚魚です

先日いただいた、「透明金魚」(と、出目金)の卵が孵化しました~。

Photo

・・・見えますか?

この写真は孵化1日目~2日目くらいで、まだ底に沈んだまま動かない子が多いです。

 

51

こちらは本日(1L→2Lのペットボトルに引越し後)。

孵化4日目~5日目くらいで、ヨークサック(卵黄嚢)の栄養を使い果たし、

えさを求めて、ひゅるっ、ひゅるっと泳ぎ回っています。

別容器で孵化させた「ブラインシュリンプ」を与えてます。

(食べる様子は目撃できませんが、たぶん食べてます)

大きくなると水が汚れやすくなり、こんな小さい容器ではダメなので、

いつまで手元に置いておけるかわかりませんが・・・もう少し観察したいです。

  

連休の合間、暇で静かな、リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »