2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の6件の投稿

2012年2月27日 (月)

脂質の多い種子からのDNA抽出(続き)

前回の記事で、

菜花の種、ひまわりの種(中身)、かぼちゃの種(中身)から、

DNAすいすい-Lを使って、DNAを抽出してみました。

 

まずは濃度測定。

菜花の種(10粒からスタート→50μlに溶解)

・核酸濃度:700ng/μl

・260/280比:1.96

ひまわりの種(中身1粒分からスタート→50μlに溶解)

・核酸濃度:657ng/μl

・260/280比:1.92

かぼちゃの種(中身4分の1粒分からスタート→50μlに溶解)

・核酸濃度:202ng/μl

・260/280比:1.85

RNAも含まれる抽出法なので、「核酸濃度」としました。

ちなみに波形は、いずれも260nmにピークがあるきれいな波形でした。

 

次に電気泳動で見てみます。0.8%のアガロースゲルに、10μl分を載せて泳動。

1

左から、菜花、ひまわり、かぼちゃ。

右端は、DNAすいすい-Sで米2粒から抽出したDNAです(参考)。

米に比べると、他の種子では含まれるDNAの量がだいぶ多いことがわかります。

ゲノムDNAは一番上のバンド。

中央あたりのバンドはRNAで、最下段のバンドはおそらく多糖類かと思います。

これで、DNAが取れていることは確認できました。

  

次に、取れたDNAでPCR実験ができるかどうか?を確かめます。

プライマーは、植物なら何でも増える18S用のオリジナルプライマー(214bp増幅)です。

鋳型として、得られたDNA溶液、15倍希釈、225倍希釈を各1μl用いました。

2

どれも増えました!

原液のままだと若干弱いものもありますので、

ある程度薄めて使うのがよいようです。

  

すりつぶすと、ねっとりペースト状になってしまうような脂質の多い種子からでも、

簡単な手順で十分なクオリティのDNAを抽出することができました。

  

開発時点での確認実験では、

落花生やゴマのほか、

(焙煎して塩味をつけた)スナック用のアーモンドやピーナツ、

マカデミアナッツ、カシューナッツ、ジャイアントコーン、

それになんと「ピーナッツバター」からも、

DNAが取れています(取説にデータあり)。

  

発芽させて葉っぱからDNA抽出すれば比較的簡単ですが、

発芽には時間がかかりますし、そもそも発芽しないものもあります。

そういう材料からのDNA抽出が必要なときには、DNAすいすい-Lをお試しください。

・・・ところで、今回の結果を見る限り、プロトコルの工夫でRNAも取れそうな気配です。

いずれ検討してみようと思っています。

こちらもご期待ください。

 

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

  

  

  

2012年2月23日 (木)

脂質の多い種子からのDNA抽出

DNAすいすいシリーズを使って、こんなものからDNAが取れるかな?プロジェクト、

略して「Dとれプロ」、もう第何回だったか忘れてしまいましたが、

久しぶりの登場です。

 

今回の材料は、

・ひまわりの種(の中身)

・菜花の種(そのまま)

・かぼちゃの種(の中身)

の3点です。

Photo ひまわりの種。右上が中身です。

Photo_2 菜花の種。略してナタネ。

Photo_3 かぼちゃの種。丸で囲んだのが抽出用サンプル。

 

バッファーは、脂質の多い植物種子と加工品に向いている、「DNAすいすい-L」を使います。

DNAすいすい-Lは、80ml入りなんですが、使う前に10mlのエタノールを添加していただくことになっています。

この絶妙のエタノール濃度が、脂質を抑えつつDNAを抽出するのに有効なんです。

 

エタノール添加済みのDNAすいすい-L 450μl+溶解済みの添加剤 50μl、

合わせて500μl入れたマイクロチューブにサンプルを加えて、

おなじみディスポのペッスルでつぶします。

 

・・・のつもりだったのですが、

バッファーが多いと、材料が逃げてしまってつぶせない・・・。

急遽、バッファーを1mlのチップで吸い出し、サンプルだけの状態にしてつぶしてから、

バッファーを戻して事なきを得ました。

Photo_5 こんな感じでつぶします(菜花の種)。

Photo_6 こちらはかぼちゃ。バッファーを戻した状態。

 

プロトコルには65℃10分の加温処理がありますが、

省略しても大丈夫かどうか試すため、今回はなしで。

(抽出方法は、少しでも簡単で、短時間で済む方がいいですから・・・。)

すぐにフェノクロ処理へ進みます。

 

500μlのフェノクロを添加混合して遠心し、

上清200μlを別のチューブに移し、「沈殿補助溶液」を500μl添加混合。

再度遠心して得られた沈殿がDNAです。

70%エタノールでリンスし、軽く風乾して、50μlの水に溶解します。

  

ひまわり、菜花は透明でさらさらのDNA溶液が得られたのですが、

かぼちゃは若干粘性がある感じです。

脂質だけでなく、少し粘性物が含まれているようです。

程度によっては、VSを使う必要があるかもしれませんが、

とりあえず取れたかどうかチェックしてみます。

    

以下次号・・・!

 

リーゾのHPはこちらです。。

http://rizo.co.jp/

 

DNAすいすい-Lのご案内はこちらです。

http://www.rizo.co.jp/DNA-L.html

 

 

 

  

2012年2月15日 (水)

2月の実験補助セミナー

2月15日、ワンコイン寺子屋にて

「主婦力が活きる仕事~私にもできる実験補助~」

本気で就職を目指す3回シリーズ③

を開催しました。

 

今回の参加者は6名(予定は8名でしたが、体調不良などで2名お休み)。

まずは実験補助に求められる「主婦力」のおさらい

そして、「職務経歴書」の書き方に入りますが、その前に、

自分の職歴と、それぞれの仕事の内容の詳細と、

そのなかで得た能力とか、気付きとか、スキルとか、喜びを感じたこととか、

そういったことを書き出すワークをやっていただきました。

  

「そういえばこんなこともした」「そういえばこんなことができた」ということ、

誰にでもありますよね。

忘れていた、自分の「宝物」を探すような感じです。

その「宝物」が、就職活動時のアピールポイントになるのです。

アピールポイントというと自己主張みたいですが、

採用側は、応募者がどういう人間なのかを、できるだけ現実的なレベルで知りたいのです。

採用側が不安に思うこと、知りたいと思うことを、きちんと用意しておくことは、

採用側にとってもありがたいこと。遠慮することはありません。

(もちろん、そういう準備をしてくれる人というだけで、好印象です。

だって、仕事をするというのは、相手のニーズに応えていく作業に他なりませんから・・・。)

  

その後で、職務経歴書の一般的なフォーマットと、書き方のルールを学びます。

専業主婦歴が長い場合には、職歴の欄の下のほうに、「退職後の活動」という欄を設けて、

自治会やPTA活動、ボランティア、趣味・・・などで担当した仕事や、

そこで得たスキルなどを書くのがお勧めです。

 

次に履歴書のフォーマット選びのポイントと、書き方、写真の貼り方などの復習。

で、履歴書の「右側」のページの書き方のポイントの説明。

右側のページは、採用側が熟読するところですから、できるだけ空欄は避けて気合をいれて記入しましょう。

書く以上は、面接でつっこんだ質問をされることを覚悟して、説明する内容も用意しておきます。

志望動機でありがちなのが、個人的な都合を書いてしまうこと。

「子育てが一段落して暇になった」「夫が失業して収入が欲しいため」など、そういうことを書くところじゃないんですね。

「この人を採用するとどういうメリットがあるのか?」「採用して大丈夫か?」「すぐ辞めたりしないか?」

・・・という、採用側の不安に応える内容を書くところなんです。

  

最後に、面接のポイントを説明したのち、

面接時に研究者がよく聞く質問に対する答えを書き込んで、

「想定問答集」を自分で作る、というワークをしました。

この段階で、自分でも答えられないような質問については、

実際に応募するまでに対策を講じておく必要があります。

  

おまけとして、お勧めの履歴書と職務経歴書のフォーマット、

それに「実験補助者に求められる資質一覧」(ネット調べ)をお渡しして終了。

  

受講生の皆さんとは、このセミナーでいったんお別れです(ちょっと寂しい)。

この春の求人ラッシュに、実験補助者への応募に挑戦されるはず。

経験はなくとも、熱意のある、優秀な「主婦力」を持った人たちです。

研究者の皆さん、ぜひ温かく迎えてあげてください!

  

  

さて、来月(平成24年3月)は、ガイダンスセミナーをつくば市内の2箇所の会場で実施します。

3月7日(水) つくばふれあいプラザ茎崎 10時~11時半

3月14日(水) ワンコイン寺子屋 10時~11時半

その後、4月~6月は、3回シリーズになります。

さらにグレードアップした内容を提供したいと思っています。

実験補助の仕事に興味のある方、どうぞご参加ください!

(お申込みはリーゾ宛で大丈夫です。info@rizo.co.jp)

  

リーゾのHPはこちらです(ご案内はこちらにもあります)。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

  

2012年2月13日 (月)

児童虐待防止フォーラム

来たる2月19日(日)午後1時~4時

公開市民フォーラム『子どもの虐待にNOを!』

第3回「広げよう、地域の絆」

が、つくば国際会議場4階 小会議室401にて開催されます。

  

Pict1018_2

「オレンジガーデン」の水上ゆう子さんとのご縁で、

リーゾも協力企業に名前を連ねさせていただいております。

  

子どもの虐待のニュースが流れるたびに心を痛めているみなさん、

子どもたちを守るために、身近なところから、できることがあります。

このフォーラムに参加してみることもそのひとつ。

どうぞお気軽に参加してくださいね!

オレンジガーデンのオフィシャルサイトはこちらです。

(フォーラム詳細は「最新情報」をクリックしてください)

http://orangegarden.jimdo.com/

  

  

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

  

2012年2月 4日 (土)

第四回いばらきビジネスプランコンテスト表彰式&プレゼン

2月2日(木)、いばらきビジネスプランコンテストの表彰式とプラン発表会がありました。

リーゾのプラン

「”主婦力”活用で先端研究を推進~女性対象の実験補助者育成事業~」

は、奨励賞をいただきました。

  

昨年度、核酸抽出試薬「すいすいシリーズ」で参加したときは、

(事業開始後1年以上経過していたことから)「プレゼンテーション部門」への応募となり、

表彰もなく、記念撮影にも加われず、少々寂しい思いをしたのですが・・・

今年は晴れて賞状をいただき、集合写真にも入れていただけました!

(今年は「プレゼンテーション部門」はなくなったようです)

Photo

右から2番目です。

    

表彰式後は、優秀賞2件、奨励賞3件のビジネスプランのプレゼンテーションです。

多くの方にお聴きいただき、また温かいコメントや励ましのお言葉をいただくことができました。

Photo_2   

リーゾのプランは売上規模的にはいちばん桁が小さいものですが、

確実なニーズから生み出されたビジネスであることと、

すでに売上を計上して走り出しているという点で、

最も優秀なプランだと評価してくださる方もいらっしゃいました(うれしいですね)。

 

この事業の別名は「いきいき働くお母さん創造プロジェクト」。

3月に、つくば市内の2会場でガイダンスセミナーを開催します。

せっかくつくばに住んでいるのだから、社会復帰は知的な研究関係の仕事で・・・

と考えている女性の皆さん、文系でも大丈夫な仕事も多いですよ!

ぜひ、話を聴きにきてください。

詳細はこちらにあります(事業パートナーで運営・事務局担当のワールド翻訳サービスさんHP内)

http://www.worldts.com/ikiikimamaproject.html

  

表彰式のご案内、他の受賞者のプラン概要はこちらをご覧ください。

(茨城県中小企業振興公社HP内のチラシPDF)

http://www.iis-net.or.jp/oshirase/H23_businessplan.pdf

      

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

 

 

  

 

2012年2月 1日 (水)

すいすい通信Vol.10(H24.1月号)

すいすい通信のバックナンバーです。
(最新号を配信後に、前回号をバックナンバーとしてアップしております。)

☆  すいすい通信     ☆ vol.10  2012年1月11日配信

すいすい通信は、「株式会社リーゾ」のお客様、および関係者の皆様にお送り
しています。
お知り合いで配信ご希望の方がいらっしゃいましたら、info@rizo.co.jpまで
お知らせください。

皆様お元気に新年をスタートされていることと、お喜び申し上げます。
いろいろと大変なことがあった昨年でしたが、こうして普通に仕事を始められ
る幸せを改めてかみしめています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

「すいすい通信」平成24年1月号をお届けいたします。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・リーゾのニュース………………… 今月のリーゾ
 ・特集………………………………… 抽出法検討サービスってどんな感じ?
 ・ラボで役立つプチ裏ワザ………… 微量の試薬を量りとるには 
 ・コーヒーブレイク………………… 節分のお豆
 ・編集後記 

■ リ ー ゾ の ニ ュ ー ス ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○「常陽ものづくり企業フォーラムinつくば」でプレゼンに参加しました

平成23年12月15日午後、常陽つくばビル10階にて開催された表記イベントにて、
核酸抽出試薬「すいすいシリーズ」のプレゼンを行いました。

製造業の中でバイオはやはり異色で、残念ながらあまり反響はありませんでし
たが、得難い経験をまたひとつ積み重ねることができました。

イベントのご報告詳細ブログ記事はこちら↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/in-b2da.html

○実験補助者育成セミナー、新年も開催します

「実験補助で生き生き働くお母さんの創出」がコンセプトです。

前回は、12月14日(水)に開催し、5名が受講されました。
12月のセミナー報告のブログ記事はこちら↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/12-5724.html
12月~2月は、3回シリーズで、来年春に真剣に実験補助としての採用を目指す
主婦を応援する実践的な内容を行っております。  

3回シリーズご案内のブログ記事はこちら↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/3-62af.html

○東京農業大学大学院で「生物機能化学」の講義を行います

1月19日(木)、東京農業大学大学院で、
「生体機能化学」の講義をひとコマ、させていただくことになりました。

タイトルは、『「キットの中身を考える」という学習法』です。
 
研究者によるミニベンチャー起業の実態などを交えつつ、推理ゲームのように
楽しみながら分子生物学実験の原理を学ぶ方法を提案します。

(学外の方は参加できないと思いますので、後日ブログでご報告します。)

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
抽出法検討サービスってどんな感じ?

「DNA・RNAが取れない」とお困りの材料はありませんか?
リーゾでは、研究者のこのようなお悩みを解決する無料サービスを、昨年春よ
り行っています。

今号では、このサービスを利用するとどんな感じなのか?をお話します。
  
「DNAやRNAが取りたいのに取れない、困ったなあ・・・」
と思っていろいろ探していると、リーゾのHPとブログを発見。
「これは使えるかも?(売り込まれるかもしれないけど・・・)」
と思いつつ、メールで問合せると、
「了解です。喜んで検討させていただきます!」
と返信がきます。

ここで、取れない場合の症状や、希望事項など、実務的なやり取りを少しして、
サンプルを少量お送りいただきます。
リーゾで同等のサンプルを用意できる場合には、お送りいただく必要はありま
せん。
あとは待つだけです!

リーゾでは、サンプルを入手次第、検討を開始します。
まず、これまでの検討結果の蓄積や、お客様からの情報を見直して、どのバッ
ファーでいけそうか見当をつけます。
組成や目的の似たバッファーを複数種類選ぶ場合もあります。
お客様から、特別にご希望がある場合には、それも加味して選びます。
プロトコルは、取説通りの方法をベースに、材料に応じてアレンジして仮組み
します。

それからいよいよ実験開始。
毎回、何かが「初めて」なので、ステップごとに慎重に観察しながら進めます。

抽出が成功したかどうかは、基本的には、

●分光光度計の数値と波形
●電気泳動像

で確認しますが、
DNA抽出では目的が「PCRで増えること」である場合が多く、その場合は、

●PCRテスト

も行います。
植物の場合には、リーゾオリジナルの18SリボゾーマルRNA遺伝子用プライマー
を使います。
動物、微生物用のユニバーサルプライマーも用意しています。
その他、「このプライマーで増えるかどうか確かめて」というご希望に応じ、
プライマーを送っていただいて試すことも可能です。

これで満足の行く結果が出ればOK。出ない場合には、症状を見て、どこを変
えるとうまくいくかを考えて、再度プロトコルを組み立ててやり直します。
 
実験が終了したら、検討内容の詳細を写真入りでまとめた報告書を作成し、メ
ール添付でお送りします。
ここまでが、混雑状況にもよりますが、だいたい1ヶ月以内です。
(長引きそうな場合には、随時ご報告しながら進めます)

報告書をご覧になったら、自分の手で試してみたいとうずうずするのが人情。
その気持ちに応えるように、お勧めのバッファーの試供品もすぐに届きます。

試供品をお使いになって、うまく行って、それで実験が終わってしまうケース
ももちろんあります。
その場合は、商売にはなりません。
それでもリーゾには「この材料にはこの方法」という貴重な知見が残るので、
とてもありがたいことなんです。
それが、次のお客様の問題解決に役立つことになりますから・・・。

・・・と、こんな感じでやっております。

もしも、DNAやRNAが取れなくて困っている材料がありましたら、自力で
解決しようとあまりがんばらずに、ぜひリーゾにご相談ください!

<<「DNAすいすい」シリーズのご案内>>

澱粉の多い植物組織向け
DNAすいすい-S
http://rizo.co.jp/DNA-S.html

ポリフェノールの多い植物組織向け
DNAすいすい-P
http://rizo.co.jp/DNA-P.html

粘性物質の多いバラ科植物向け
DNAすいすい-R
http://rizo.co.jp/DNA-R.html

粘性物の多いその他の農産物向け
DNAすいすい-VS
http://rizo.co.jp/DNA-VS.html

魚類体表粘膜、動物唾液など向け
DNAすいすい-F
http://rizo.co.jp/DNA-F.html

脂質の多い植物種子向け
DNAすいすい-L
http://rizo.co.jp/DNA-L.html

加工食品向け
DNAすいすい-PF
http://rizo.co.jp/DNA-PF.html

土壌・環境水など向け
DNAすいすい-E
http://rizo.co.jp/DNA-E.html

木材等の乾燥植物組織向け
DNAすいすい-W
http://rizo.co.jp/DNA-W.html

(RNA抽出バッファー「RNAすいすい」シリーズもございます。)
http://www.rizo.co.jp/

■ ラボで役立つプチ裏ワザ ━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

微量の試薬を量りとるには

色素や、抗生物質などの水溶液を、エッペンチューブ1本分程度でいいから作
りたい・・・という時に便利な裏ワザです。

ごく少量の粉末の試薬を量り取るのに、薬包紙や秤量皿を使うと、どうしても
少しくっついてしまう分が気になります。

調製する液体の量が、エッペンチューブにおさまる程度ならば、最初からチュ
ーブで量りとってしまうのが得策です。

用意するものは、PCR用の96穴プレートを、4×4にカットしたもの、エッペンチ
ューブ、それにミクロスパーテルです。

カットしたPCRプレートを逆さにして上皿天秤に載せ、エッペンを中央にさして、
ゼロ点あわせをします。
その後、ミクロスパーテルで粉モノを入れて量り取ります。

・・・これだけです。

チューブを寝かせて横から入れる(そんなことする人いないかもですが、私は
やってました)のに比べると、必要な集中力がぜんぜん違います。
万が一こぼしても、プレートが受け止めてくれるので掃除もラクです。

【おまけ】

ミクロスパーテルだと洗浄しないといけませんが、例えばエチブロなどのよう
に洗うのに抵抗がある物質もあります。そういうときには、ブルーチップの先
を斜めにカットして使うと、使い捨てできて便利です。

試薬ビンの底まで届かないときには、もう一本挿して延長すると使いやすくな
ります。

写真入りのブログ記事はこちらです↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-a5b2.html

■ コ ー ヒ ー ブ レ イ ク ━━━━━━・・・・・‥‥‥………

節分のお豆

お正月、成人の日が終われば、次のイベントは「節分」!
節分といえば、最近はお豆より「恵方巻き」がポピュラーになりつつあります
が、お子さんのいるご家庭では特に、やっぱり「豆まき」は外せません。

ただの炒った大豆なのに、意外とおいしい節分のお豆。
・・・でも、このお豆を食べるのは、やはり1年でこの日だけ、という方、多
いと思います。
余ったお豆が出たら、お料理に生かしてみませんか?

お勧めは、「ひじきのと炒り豆の煮物」。
ひじき、こんにゃく、にんじん、油揚げなどいつものメンバーに、あまった炒
り大豆をどっさり加えて、しょうゆ、酒、みりんで煮てしまいます。
豆はほどよい歯ごたえが残るやわらかさになり、おいしいですよ~。
歯ごたえと腹持ちがいいので、ダイエットにも向いてます。
同様に、「切り干し大根の煮物」にも合います。

それもめんどくさい・・・、という方には、「豆ご飯」はいかがでしょう?
普通にお米を研いで水加減し、炒り大豆を適当量放り込んでそのまま炊飯。
炊き上がったらほぐして出来上がり。
グリーンピースの豆ご飯もいいけれど、これも香ばしくてなかなかいけます。

日本人にとって、米と並んでなじみの深い大豆。
タンパク質はもちろん、、鉄分やイソフラボン、食物繊維もたっぷり含む、
女性には特にうれしい食材です。
節分を期に、大豆とのお付き合いを深めてみるのもいいかもしれませんね。

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○今年は、すいすい通信の読者の皆様へは賀状を控えさせていただき、こちら
で新年のご挨拶をさせていただくことにしました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

○実験補助者育成事業でチャレンジした「平成23年度いばらきビジネスプラ
ンコンテスト」で、奨励賞を受賞しました(授賞式とプレゼンは2月2日)。
新年にうれしいニュースで、身が引き締まる思いです。

ご報告のブログ記事はこちら↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-04bb.html

○最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の「すいすい通信」も、よろしくお願いいたします!

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【すいすい通信】

発 行 日:月1回・第1水曜日(予定)
発行開始日:2011年4月7日

ご意見ご感想、および本メールマガジンの解除はこちらまで
info@rizo.co.jp

----------------------------------------------------------------------

【発行元】

株式会社リーゾ
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-9-2-B201
TEL:029-852-9351 FAX:020-4623-5611
MAIL:info@rizo.co.jp
HP:http://www.rizo.co.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

======================================================================
Copyright(C) Rizo Inc. All rights reserved.

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »