2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 謝恩キャンペーン | トップページ | 在庫管理にカンバン方式 »

2012年1月26日 (木)

実験補助3回シリーズ②秤量

報告が遅れましたが、1月14日(水)に実験補助セミナーがありました。

  

今回は、「真剣に就職を目指すための3回シリーズ」の第2弾。

簡単な水溶液の調製法と、秤量の実習です。

参加者は6名。

(うち1名は、以前の受講生ですでに就職に成功された方のお友達です。クチコミ、うれしいです。)

残念ながら、今回は写真を撮りそびれました・・・。

 

初めての方がいらしたので、まずは「主婦力とは?」の説明から。

 

その後、ラボのボスに「この水溶液作っといて」と言われたと仮定して、

濃度と量のメモから、必要な物質量を計算する方法を2通り学びます。

一つ目は、%濃度表示の場合。

二つ目は、モル濃度表示の場合。

文系主婦は、「モルって何?」から説明します(かなりはしょって)。

分子量は、分子式と周期表から計算しなくても、1秒でわかる裏ワザを教えました。

(研究者はみんな知ってますよね!試薬のラベルにちゃんと書いてあります)

ついでに、溶液調製で重要な「メスアップ」の意味とやり方も解説しました。

 

練習問題を何問か解いた後で、試薬の秤量の仕方をまず座学。

粉末の場合と液体の場合、それぞれ注意すべきポイントを解説。

  

最後に、試薬ビン(本物)に入った「片栗粉」(!)を使って、秤量の練習です。

スパーテルを使う場合と、ボトルから直落としする場合とを練習しました。

皆さん、最初は緊張していたものの、すぐに慣れ、

目的の数値でぴたりと止められるようになりました。

重要なのは、大原則「試薬ビンの中身を汚染しない」を意識してもらうこと。

これだけでも、かなり安心してお任せすることができます。

  

シリーズ1回目からの顔なじみだけに、和気あいあいとにぎやかなセミナーとなりました。

次回は2月15日にシリーズ第3弾、

「履歴書・職務経歴書・添え状の書き方と面接のポイント」を行う予定です。

(定員10名、まだ残席あります)

その後、3月14日には、再び最初のガイダンスセミナー、

「主婦力が活きる仕事~私にもできる実験補助~」に戻ります。

  

せっかく顔なじみになった受講生の皆さん、お別れは寂しいですが・・・

実験補助で就職するのが目標ですから、しっかり送り出さねばなりません。

こちらも気を引き締めて、またがんばります。

  

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

  

  

« 謝恩キャンペーン | トップページ | 在庫管理にカンバン方式 »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230464/43880274

この記事へのトラックバック一覧です: 実験補助3回シリーズ②秤量:

« 謝恩キャンペーン | トップページ | 在庫管理にカンバン方式 »