2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« すいすい通信 Vol.6(H23.9月号) | トップページ | 「空籾」と「実の入った籾」を分ける作戦 »

2011年10月 6日 (木)

「環境経営」

昨日、オフィスで実験補助のOJTをしていたら、

水戸信用金庫さんが飛び込み営業でやってきました。

(水戸信用金庫はリーゾのメインバンクなんですが、

口座を作ったのとは違う支店の方だったそうです)

 

ひとしきりお話をした後で、「経営者応援団」という冊子をいただきました。

Photo

環境経営?

何のことやらですが、コスト削減と関係あるなら読まねばと思い、読んでみました。

 

いつものごとく勝手に要約しちゃいますと、

環境経営とは、要するに、

『「環境への配慮」と「収益の確保」を両立させる経営』

のことのようです。

これからの時代、経営の「あるべき理想の姿」という感じですね。

  

読み進めていきますと、「おお!」と思うようなコメントが。

Photo_2

「もったいないことをしない」のが資源生産性の向上であると・・・。

思わず、線引いちゃいました。  

資源生産性の向上こそが環境経営の目標であるとすると、

・・・リーゾってもしかして「環境経営」、してるんじゃないですか~♪

周回遅れで先頭に立っちゃったような気分ですね。

  

アガロースゲルの再利用の記事、正直、ちょっと恥ずかしいかなと思いつつのアップだったのですが、

「環境経営」という素晴らしいキーワードを味方に、これからは自信をもって、

「もったいない」を大切にしていきたいと思います。

  

水戸信用金庫さん、ありがとうございました!

「経営者応援団」は、水戸信用金庫の各支店でもらえるそうです(もちろん経営者でなくても)。  

  

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

   

   

  

  

   

« すいすい通信 Vol.6(H23.9月号) | トップページ | 「空籾」と「実の入った籾」を分ける作戦 »

創業・経営のこと」カテゴリの記事

コメント

「環境経営」。まさにリーゾのための言葉じゃないですか。
ふと気づいたのですが、転載された雑誌の左端に「できない理由は封じる」という言葉がありますね。
雑誌での記載内容は不明ですが、リーゾの企業活動もまた、さまざまな制約に対し「できない理由は(見た目スマートに)封じる」という点で繋がっているなと思いました。

企業家として、どんどん大きくなってください。

たかたかさん、コメントありがとうございます!

「できない理由は封じる」、まさにそうなんですよ~。
記事にもあるのですが、「アイデアには、どこかに実現の方法があるはずだ」、なんですよね。

そもそも起業前には、自己資金で実験施設を持つなんて、絶対無理だと考えられており、私自身も何百万円ものお金が要るものだと思っていました。
そんなお金はない・・・。でも実験やりたい・・・。どうしたらできるだろう・・・?
必死で考えて努力した結果、リーゾ開業までにかかったお金は80万円弱でした。
 
実験補助主婦セミナーだって同じです。
お金をかけず、主婦にも負担をかけずにやれる道はないかと、あちこちあたって玉砕しながら必死で考えた結果、ワンコイン寺子屋に出会ったのです。

本気で考えれば、どこかに道が見つかるものですよね。
問題は、「本気になれるかどうか?」、これだけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230464/42294749

この記事へのトラックバック一覧です: 「環境経営」:

« すいすい通信 Vol.6(H23.9月号) | トップページ | 「空籾」と「実の入った籾」を分ける作戦 »