2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 9月の実験補助セミナー | トップページ | バイオ専門カタログサイトのご紹介 »

2011年9月20日 (火)

少量の稲の脱穀作戦

最近では、食育の一環で、「稲の栽培」を行う学校が増えているそうです。

一粒の籾を植えるところから始めて、苗作り、田植え(ペットボトルやバケツ)、

害虫対策、水遣り、中干し、出穂と開花の観察、すずめ対策・・・

と、丹精込めて育てていって、今まさに収穫の季節を迎えたところですね。

 

収穫したら、乾燥させて、脱穀、もみすり、精米、炊飯、試食、と進むわけですが、

いちばん大変なところはやっぱり「脱穀」じゃないかなあ・・・?と思います。

何しろ飛び散るので、そこそこの量を上手に脱穀するのは難しいのです。

 

イネの研究者でも(注:研究材料としての稲はカタカナで「イネ」になります)、

個体別に収穫した穂から種(籾)をはずして収納するところ(いわゆる「種おとし」)の作業は、結構大変。

混ざってはいけないので、ひとつひとつ、手作業で行っていきます。

飛び散らず、手が荒れず、混ざらず、効率的でラク、という決定版はまだないようで、

いまでも研究者ごとにいろいろな工夫をしているようです。

 

という長い前置きをしてしまいましたが、リーゾでもいろいろ考えては試しています。

で、今年はこれ!

Photo_2

ペットボトル(底を切り落としたもの)と割り箸、それにバットです。

 

まず、イネの穂の軸を束ねた手をペットボトルにいれ、口から軸を出します。

Photo

入れたらペットボトルを立てます。軸は飛び出したままです。

(ペットボトルが長すぎる場合には、高さを調整します)

 

割り箸で軸を1本はさみ、指で押さえて軸を引っ張ります。

Photo_3

指の押さえ加減と、引っ張り出す速度にはちょっとコツが要ります。

一本引き出したら、次のを挟んでまた引っ張ります。

ペットボトルの高さは、穂が下に落っこちない程度にしておくとやりやすいです。

 

途中まで終わったところ。

Photo_4

 

ペットボトルのドームで守られているので、籾が飛び散らず、安心して脱穀できました。

難点は、たまに割り箸に籾が挟まると、隙間ができて穂のまま出てきちゃうことですね・・・。

あとは、ペットボトルの口を、指でうまくガードする必要もあります。

(隙間があると籾が飛んでしまうので・・・)

 

最後まで終わったら、軸を捨てて、バットから封筒などに籾を移しておしまいです。

   

リーゾの場合はここまででOKなんですが、さらにもみすりが必要な場合には、

「すりばち+野球の軟球(ゴムボール)」がいいらしいですよ・・・。

うーん、やってみたい。

  

食育にもお役に立つ・・・?

リーゾのHPはこちらです。

http://rizo.co.jp/

 

 

« 9月の実験補助セミナー | トップページ | バイオ専門カタログサイトのご紹介 »

ラボマニュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少量の稲の脱穀作戦:

« 9月の実験補助セミナー | トップページ | バイオ専門カタログサイトのご紹介 »