2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年も温室で金魚が産卵 | トップページ | ラヂオつくば「オレンジ・サタデー(仮)」にゲスト出演! »

2011年4月28日 (木)

微量の粉モノ(溶質)を測るプチ裏ワザ

ある物質の溶液を、1ml程度でいいんだけど作りたい、というときに便利な小ワザです。

 

精密天秤にマイクロチューブを置いて、細いスパーテルで中に粉モノを入れて測りとり、

そのまま溶かすと、秤量皿などに付着する分のロスがなくていいですよね。

これは、既にやっている方、多いと思います。

  

この場合、私は以前、このようにチューブを置いてました。

Photo

これで横から細いスパーテルで入れてました。

結構難しくて、こぼしてしまうことも多々ありました。

 

そこで、最近はこれを使っています。

Photo_2

PCRプレートを4×4にカットしたものです。

 

これを、精密天秤の皿に逆さにおきます。

Photo_3

そして、エッペンチューブを中央に刺します。

Photo_4

なかなかの安定感。

通常のエッペン立てと違い、チューブの底まで見通せるところもいいんです。

 

粉モノ、特にあまり水道に流したくないものを測り取る際には、

以前紹介した1秒でできるディスポのスパーテルがお勧めです。

Photo_6

シンプルなアイデアですが、こぼすことはほとんどなくなりました。

万が一こぼしても、プレートごと捨てれば掃除も楽です。

 

次にPCRプレートを捨てる時に、思い出してくださいね!

 

 

リーゾのHPはこちらです。

http://www.rizo.co.jp/

 

 

« 今年も温室で金魚が産卵 | トップページ | ラヂオつくば「オレンジ・サタデー(仮)」にゲスト出演! »

ラボマニュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 微量の粉モノ(溶質)を測るプチ裏ワザ:

« 今年も温室で金魚が産卵 | トップページ | ラヂオつくば「オレンジ・サタデー(仮)」にゲスト出演! »