2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木材など向け「DNAすいすい-W」(新製品) | トップページ | メルマガ始めました »

2011年4月 5日 (火)

ご愛用者インタビュー(DNAすいすい-P)その2

ウリ科作物のご研究に、「DNAすいすい-P」をご利用いただいている、

農業生物資源研究所 遺伝子組換え技術研究ユニット

七里吉彦様に、インタビューさせていただきました。

 

 

Q:ご研究の目的は何ですか?

 

A:カボチャやキュウリといったウリ科作物の遺伝子導入法を開発し、

遺伝子組換え技術を用いた品種改良に貢献できればと思っております。

 

Q:ご研究の中で、「DNAすいすい-P」は、どのように役に立っているのでしょうか?

 

A:ウリ科作物の葉や根などから、サザン解析用に大量のゲノムDNAを抽出するのに用いています。

ウリ科作物のゲノムDNAは、一般的な抽出キットでは非常に収量が悪く、本当に困っていました。

「DNAすいすい-P」は短時間で大量、かつきれいなゲノムDNAが抽出されるので、

たいへん助かっています。

 

Q:ありがとうございます! 

ウリ科野菜は、意外と手強い材料だったのですね・・・。

ウリ科植物を研究されている方は官・民問わずたくさんいらっしゃると思うのですが、

「DNAすいすい-P」をお勧めするとしたら、そのポイントは何でしょうか?

 

A:とにかく早く、きれいなDNAが高収量で取れるというところだと思います。

また、広範囲の植物に用いることができるというのもいいと思います。

他の市販抽出キットは、煩雑な割には抽出効率が悪いので、DNA抽出に困ったときは、

一度DNAすいすいキットを試すことをオススメいたします。

 

七里様、うれしいコメントをありがとうございました!

 

七里様が最近ご発表になった論文のマテメソには、

「DNAすいすい-P」の名前を載せていただいております。

(英語では、DNAs-ici!-P kitと記載します)

カボチャの葉からのサザン解析用ゲノムDNA抽出に、ご利用いただきました。

http://www.springerlink.com/content/n11x447310t72n1w/

・・・かなり感激です。

  

ウリ科野菜のご研究、育種開発に、

農業生物資源研究所でも活躍中の「DNAすいすい-P」、お勧めです。

 

DNAすいすい-Pのご案内はこちらです。

http://rizo.co.jp/DNA-P.html

 

 

 

 

 

« 木材など向け「DNAすいすい-W」(新製品) | トップページ | メルマガ始めました »

お客様の声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230464/39409529

この記事へのトラックバック一覧です: ご愛用者インタビュー(DNAすいすい-P)その2:

« 木材など向け「DNAすいすい-W」(新製品) | トップページ | メルマガ始めました »