2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 筑波大「先導的研究者体験プログラム」研究発表会 | トップページ | 【特別企画】DNA/RNA抽出のオリジナルプロトコル作ります »

2011年2月24日 (木)

土壌向け「DNAすいすい-E]

リーゾの農産物・植物向けオリジナル研究試薬の新製品、

「DNAすいすい-E」のご紹介です。

Photo

 

  

******************************************

DNAすいすい-E

DS-0008

90ml(100回分)入り 

定価 21000円(税込)

******************************************

「農」に関わる研究のお役立ち試薬を作り続けている弊社の新製品は、

もちろん「農」に深~く関わる材料向けです。

それは、「土」。

 

土、土壌、と一口に言っても、その性質はさまざま。

土の中には、バクテリア、センチュウ、節足動物、菌類、植物などの生物とが、

多種多様に入り混じって生活しています。

 

このような、土壌を始めとした環境材料中の豊かな生物相を、

そのまままるごと、あたかもひとつの生命体のように研究する、

「メタゲノム」という考え方が、環境関連研究の主流になりつつあります。

  

しかし、土壌生物のDNAを、土壌そのものから抽出するには、いろいろな難関があります。

火山灰のような物質が混ざっていると、DNAを吸着してしまいます・・・。

植物の残骸は、酵素反応を阻害する「腐植酸」というやっかいな物質のもとになります・・・。

リーゾの新製品DNAすいすい-Eは、組成とプロトコールの工夫により、

火山灰の多い土壌、腐植酸の多い土壌からも、

PCRに耐えるレベルのDNAを簡単な手順で回収することができます。

 

実際の操作は、

1.DNAを抽出したい土壌とバッファーをよく混合する

(できればビーズなどで叩き潰す)

2.軽く遠心して上清を回収する 

3.フェノクロ抽出する

4.上清にイソプロパノールを加え、遠心回収する

で終わりです。

 

思い立ったら1時間足らずでDNAを手にできるので、フットワークの軽い実験が可能です。

ステップ数が少ないため、96ウェル形式での多検体処理にも向いています。

   

これまでに、

 火山灰の多い土壌(人工水田の土)

 腐葉土の多い土壌(家庭菜園の土)

などから、良好にDNAが抽出できることを確認しています。

さらに、食品製造施設の排水処理用の「活性汚泥」のような液状材料からも、

簡単にDNA抽出ができました。

  

土壌中の生物機能を研究されている方、

面倒なDNA抽出プロトコルを使っていませんか?

簡単で、しかも値段も安い、「DNAすいすい-E」をぜひお試しください!

  

「DNAすいすい-E」のご案内はこちらです。↓

http://rizo.co.jp/DNA-E.html

 

本ブログの過去記事に、土壌・活性汚泥からのDNA抽出実演がございます。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/d-7c80.html

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/d-e50f.html

   

リーゾのHPはこちらです。

http://www.rizo.co.jp/

 

 

« 筑波大「先導的研究者体験プログラム」研究発表会 | トップページ | 【特別企画】DNA/RNA抽出のオリジナルプロトコル作ります »

おすすめ商品」カテゴリの記事

「DNAすいすい」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土壌向け「DNAすいすい-E]:

« 筑波大「先導的研究者体験プログラム」研究発表会 | トップページ | 【特別企画】DNA/RNA抽出のオリジナルプロトコル作ります »