2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の4件の投稿

2010年9月24日 (金)

Dとれプロ⑬イチゴの葉(フェノクロなし)

DNAすいすいシリーズでこんなものからDNAがとれるかな?プロジェクト、

略して「Dとれ」プロ、第13弾です。

 

「フェノクロなしに挑戦」第3回、今回はバラ科代表の「イチゴ」の葉でやってみます。

(あるお客様からのご要望で、試してみることになりました)

 

サンプルはこちら。

Photo

バッファーはもちろん、バラ科用「DNAすいすい-R」を使います。

まずはDNAすいすい-Rと添加剤(溶解液に溶解済みのもの)を9:1で混合します。

イチゴの葉、約100㎎をチューブに入れ、混合液400μlを加えてつぶします。

 

つぶすには、やっぱりディスポのペッスルが便利です。

Photo_2

ちょっと失敗して先がつぶれてますが・・・特に問題ありません。

 

つぶした後はこんな感じです。

Photo_3

さらに混合液400μlを足してよく混ぜます。

通常はここでフェノクロを加えますが、加えずにそのまま遠心します。

Photo_4

普通に沈殿しました。

 

上清600μlを別のチューブに移します。

ここから先は、プロトコール通りに、粘性物質除去処理、イソプロ沈を行います。

(沈殿の写真も撮りましたが、何も見えないので省略します)

 

この場合、PCRに使えるレベルの品質でDNAが取れたかどうかがポイントです。

DNAに共雑物が多い場合、希釈しないとPCRがかかりません。

そこで、得られたDNAそのまま、15倍希釈、225倍希釈をそれぞれ1μl、鋳型として用い、

いつものプライマー(植物用18SrRNA遺伝子用)で、PCRを行ってみました。

 

Pcr_2

すべて増えました!

(ちなみに、この反応は、PCR用添加剤「5×PCRすいすい」を用いて行い、

泳動後すぐに、「ゲル染色なし」で撮影しました。

マーカーは、「染色なしで見える」専用マーカーです。

あまりに便利なので、自分たちだけで使うのはもったいないと思い、

商品化もしてみたのですが・・・。

この便利さがなかなかお客様に伝わらないのがもどかしいです。

本当に便利なので、ぜひ一度、試してみてください!!)

というわけで、「DNAすいすい-R」を用いることにより、

イチゴの葉からも「フェノクロなし」でDNAが抽出できることが確認できました。

 

イチゴの葉は、バラ科の中でもかなり粘性物質とポリフェノールが多く、

ハードルが高い材料です。

これがOKということは、バラ科植物の葉はほとんど同様に抽出可能、と考えられます。

また、イチゴの葉だけでなく、「ヘタ」も大丈夫なはずです。

輸入イチゴの品種確認検査にも、ご利用いただけると思いますよ~!

 

今回用いました「DNAすいすい-R」のご案内はこちらです。

http://www.rizo.co.jp/DNA-R.html

 

 

 

 

2010年9月13日 (月)

加賀野菜「金時草」からのDNA抽出に成功!

「DNAすいすい-VS」をご購入いただきました、

石川県立大学生物資源環境学部食品科学科分子生物学研究室の

海老原 充 准教授より、

加賀野菜の一種の『金時草』からのDNA抽出に成功したとの

うれしいお知らせをいただきました!

 

熊本では水前寺菜、沖縄ではハンダマとも呼ばれるこの植物の葉には、

「ムコ多糖」がたくさん含まれていると言われており、

極めて高い粘性があるそうです。

 

これまで使っていた某社のキットでは、安定した結果を得ることができなかったのに、

「DNAすいすい-VS」では、ほぼ安定してDNAを得ることができるようになった、

と喜んでいただきました。

 

海老原先生、ありがとうございました!

 

粘性物質の多い材料からの核酸抽出にお困りの研究者のみなさま、

いいバッファーがありますよ!

「DNAすいすい-VS」(VSはviscosity=粘性の略です)のご案内はこちらです。

http://www.rizo.co.jp/DNA-VS.html

   

実は東大農化の大先輩でもある海老原先生には、

かなり難しい、新たな核酸抽出のお題もいただいております。

必要性がある限り、リーゾは挑戦しますよ~!

 

リーゾのHPはこちらです。

http://www.rizo.co.jp/

  

 

 

 

2010年9月 9日 (木)

微生物のRNA抽出にも使えます!

ポリフェノールの多い植物組織向けのRNA抽出バッファー

「RNAすいすい-P」をご購入いただいたある研究者様から、

バクテリアのRNA抽出に使えた、というお知らせをいただきました!

(ご希望により、お名前は伏せさせていただきます)

  

ポリフェノールの抗菌作用のご研究の一環で、

バクテリアが死なない程度にポリフェノールを使ったときに何が起きているかを、

Real-time PCRで測定するときに、RNAすいすい-Pをお使いになったとのことです。

ポリフェノールそのものを、それなりの濃度で菌に混ぜて使うので、

普通のRNA抽出法では全くRNAが回収出来ずお困りだったとのことでした。

 

バクテリアとは・・・思ってもみなかった利用法でびっくりでしたが、

ご研究のブレークスルーのお役に立ててほんとうにうれしいです!

  

RNAすいすい-Pは、細胞の溶解作用が強いので(細胞壁の強固な植物用ですから)、

微生物の研究者の方にもお勧めです。

   

お客様に教えていただくことや、ヒントをいただくことが、

ほんとうに多いなー、と最近実感しています。

これからも、どうぞよろしくお願いします!

   

ご好評の「RNAすいすい-P」のご案内はこちらです。

http://www.rizo.co.jp/RNA-P.html

 

2010年9月 3日 (金)

「エレオカリス」からのRNA抽出に成功!

近畿大学教授の泉井桂先生より、

エレオカリス(E.vivipara)を材料にして、”RNAすいすい-P”で

良好にトータルRNA抽出を行うことができた、

とのうれしいお知らせをいただきました!

 

カヤツリグサ科のこの植物からのRNAの抽出は従来法では大変難しいのですが、

このたび生物理工学部細胞工学研究室(秋田求教授)の大学院生の原田大士朗様は、

多くの試行錯誤ののちついに”RNAすいすいーP”を用いて

良好でかつスケールアップが可能な方法を見出したとのことです。

 

この方法で、エレオカリス100㎎から、DNAの混入もRNA分解も見られない

高品質のtotalRNAが約50μg得られたそうです。

短時間で高濃度、高品質のRNAが得られ、

しかもコストパフォーマンスに優れているとの高い評価をいただくことができました。

 

原田様、秋田先生、泉井先生、ありがとうございました!

 

(なお、具体的な抽出方法については、ご本人様から学会・論文等で

公表されることと思いますので、ここには記載を控えさせていただきます)

 

ポリフェノールの多い植物組織向けRNA抽出バッファー、

「RNAすいすい-P」のご案内はこちらです。

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/RNA-suisui-P.html

 

難しい材料で核酸抽出にお悩みの研究者の皆様、

「すいすい」シリーズ、要チェックです。

リーゾのHPはこちらです。

http://www.rizo.co.jp/

 

 

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »