2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の5件の投稿

2010年7月27日 (火)

暑中お見舞い申し上げます

1

とんでもなく暑いこの頃、温室での作業は早朝(といっても9時ごろ)と夕方に、

段取りを決めて一気に片付けるようにしていますが、

それでも数分で汗が噴き出してきます。

 

「農」に関わるご研究者の中には、日中の外作業が避けられない方も多くいらっしゃいます。

くれぐれも熱中症にならないよう、十分に対策してくださいね。

 

勝手ながら、8月11日~13日はお盆休みとさせていただきます。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

2010年7月22日 (木)

Dとれプロ⑫水産乾物

DNAすいすいシリーズでこんなものからDNAがとれるかな?プロジェクト、

略して「Dとれ」プロ第12弾です。

先日発売になりました「DNAすいすい-F」を使って、

水産乾物からDNA抽出を試みます。

 

材料は、桜海老、削り節、じゃこ(乾燥シラス)です。

・・・どこのご家庭にもありそうなものですね。

Photo 桜海老

Photo_2 削り節

Photo_3 じゃこ

 

それぞれ少量(数㎎)と多め(10~30㎎)をチューブに入れました。

Photo_7

ここに「DNAすいすい-F」400μlを加え、60℃で15分。

Photo_8

あえてすりつぶさずに進みます。

フェノクロを混合して遠心。

Photo_9

ぎょ・・・(注:しゃれではありません)。

やはり少しはつぶすか、カットしてから入れたほうがいいようですね。

(上清が取りにくいことを我慢できればとくに問題ないですが)

 

上清を取り、イソプロ沈して50μlの水に溶解し、DNA量を測定。

桜海老

・5㎎⇒2.5μg

・10㎎⇒22.7μg

削り節

・4㎎⇒9μg

・16㎎⇒24.6μg

じゃこ

・7㎎⇒2.6μg

・27㎎⇒14.6μg

取れていました。

260/280比は1.74~1.9程度で、波形もOKでした。

Photo_10

念のため泳動してみたところ、

Photo_11

乾物なので全体的にサイズは小さいものの、ちゃんと取れているようです。

 

この製品は生きた魚の粘膜向けということで開発したのですが、

環境調査などのフィールドワーク時に、サンプルを採取して持ち帰るのに、

「一時保存液」として使えそうだ、というご意見をいただきました。

なるほど! 

粘膜採取した綿棒(の頭)をバッファーと一緒にチューブに入れて持ち帰り、

後日DNAを抽出するというわけですね。

成分から見て問題ないはずですが、さっそく試してみたいと思います。

 

今回使いました「DNAすいすい-F」のご案内はこちらです。

http://rizo.co.jp/DNA-F.html

(HP)

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/dna-f-93cb.html

(ブログ)

2010年7月 8日 (木)

「DNAすいすい-F」(新製品)

リーゾの核酸抽出試薬シリーズの新製品

「DNAすいすい-F」のご案内です。

2

DNAすいすい-Fは、魚類の体表粘膜から簡単な操作でDNAを抽出できるバッファーです。

もちろん、体表粘膜だけでなく、ヒレ、筋肉、内臓、エラなどの組織からも良好にDNA抽出できます。

 

体表粘膜は、魚の体を清潔な綿棒で軽くこするだけで採取できます。

生きている魚から、魚体を傷めずに採取できるので、高級観賞魚など傷つけては困る個体にも使えます。

また、病気の魚の場合は、病巣部分から採取することで、

病原微生物のDNAを同時に抽出することができます。

 

抽出の手順は、

1、バッファー400μlをチューブに入れる

2、粘膜を採取した綿棒を入れ、軸を切り落として蓋をする。組織の場合は1~50㎎を入れる。

3、60℃で15分保温する。

(4、必要に応じ、フェノール・クロロホルムを加えて混合する。)

5、遠心して上清をとり、イソプロ沈する

と、他のすいすいシリーズとほぼ同様です。

 

面倒なホモジナイズ(粉砕処理)も不要で、思い立ったら1時間以内にDNAを手にできます。 

 

これまでに、

・体表粘膜(金魚)

・体表粘膜(フグ)

・ヒレ(金魚)

・エラ(金魚)

・腎臓(金魚)

・脾臓(金魚)

・骨格筋(金魚)

・乾燥ヒレ(フグ)

などから良好にDNAが抽出できることを確認しています。

 

魚の研究者の方、養殖関係者の方、DNA抽出でお悩みではありませんか?

短時間で、簡単にDNAを抽出できる「DNAすいすい-F」をぜひお試しください!

**************************************
DNAすいすい-F     Cat.No. DS-0005
85ml(210回分)入り 
定価 21000円
**************************************

 

試供品請求・ご注文は、

お電話:029-852-9351

またはメール:info@rizo.co.jp までお気軽に! 

(10回分の無料サンプルをご用意しています)

 

本製品のHPはこちらです。サンプリングの写真、実験例もあります。

http://rizo.co.jp/DNA-F.html

 

2010年7月 7日 (水)

「創造的研究開発補助金」採択決定!

今日はうれしいお知らせが・・・。

 

このたび、リーゾの核酸抽出試薬シリーズ開発事業が、

つくば市の「創造的研究開発補助金」の対象事業として採択されました。

 

P1050059

ばんざーい!

補助金はなんと100万円です!!

 

・・・実際には、補助金が振り込まれるのは事業終了後ですし、

補助は実際に使った経費の半額まで、ということなので、

資金繰りの苦しい身としては手放しで喜んでる場合ではないのですが、

ともかく「社会の役に立つ事業である」と認めていただけたことは非常にうれしいです。

 

これまでにも農産物を中心に、核酸抽出が難しいとされる材料向けの試薬を開発してきましたが、

この補助事業でさらに難しい材料に挑戦して、ラインナップを増やしていきます。

 

これからもどうぞよろしくお願いします!

  

リーゾのHPはこちらです。

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/

  

  

 

 

 

2010年7月 5日 (月)

幸せの仲良しさくらんぼ

幸せの仲良しきゅうり

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-beec.html

幸せの仲良しいちご

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-5386.html

に続き、このたび発見しました!

 

Photo

ちょっとピンボケですが、仲良しさくらんぼです。

 

さくらんぼはそもそも仲良しの象徴ですが、

一生添い遂げちゃう感じですね。

ご利益あるかな~。

ちなみに、種も2個ありました。

 

リーゾはここ数週間、ご依頼・ご注文が多く、かつてない忙しさです。

お客様に感謝しつつ、ブログ更新もがんばります!

リーゾのHPはこちらです。

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/

(仲良しさくらんぼといえば、大塚愛の「さくらんぼ」・・・。

どんな歌詞だったっけ? という方はこちらへどうぞ。

http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=B05879

  

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »