2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年、明けましておめでとうございます | トップページ | 超小型の遠心機、みつけました »

2010年1月 7日 (木)

「RNAすいすい-P」(新製品)

リーゾのオリジナル研究試薬第五弾「RNAすいすい-P」のご紹介です。

Rnap

**********************************
RNAすいすい-P     Cat.No. RS-0002N
85ml(170回分)入り 
定価 21,000円
**********************************

「デンプンの多い植物組織・加工品」からのRNA抽出バッファー「RNAすいすい-S」、

農産物の研究分野でご好評いただいています。

  

植物からのRNA抽出でデンプンと並んでやっかいなのがポリフェノール。

ポリフェノールが多いと、RNAがどんどん分解されてしまい、無事に抽出することが難しいのです。

  

リーゾの新製品「RNAすいすい-P」は、ポリフェノールの酸化に伴うRNAの損傷を抑えながら、

ポリフェノールの多い植物組織から簡単な操作でRNAを抽出することに成功しました。

実際の操作は、

1.RNAを抽出したい植物組織50~100mgを、エッペンチューブに入れた400μlのバッファー中でつぶす

2.酸性フェノール+クロロホルムを加え、混合、遠心する

3.上清をイソプロ沈する

で終わりです。

(RNAすいすい-Sと全く同じ手順です)

 
他の「すいすいシリーズ」同様、

思い立ったら1時間足らずでRNAを手にできるので、フットワークの軽い実験が可能です。

ステップ数が少ないため、96ウェル形式での多検体処理にも向いています。

  

これまでに、

バジル、ローズマリー、レモンバーム、アシタバ、紫チコリ、紫稲、ラベンダー、レンコン、紫ブロッコリー、ゴボウ

などの、ポリフェノールを多く含む植物組織から、

良好にRNAが抽出できることを確認しています。

ポリフェノールの多い植物組織を材料にされている研究者の方、

面倒なRNA抽出プロトコルを使っていませんか?

簡単で、しかも値段も安い、「RNAすいすい-P」をぜひお試しください!

 

「こんなものからは取れないの?」というご相談も歓迎です。

超ニッチでも、必要とされるご研究がある限り、開発に挑戦してみます。

  

RNAすいすい-Pのご案内はこちらにございます↓

http://rizo.co.jp/RNA-P.html

  

試供品請求・ご注文は、

お電話:029-852-9351

またはメール:info@rizo.co.jp

までお気軽に! ぜひお試しください。

  

【お知らせ】

ブログに写真を大きく載せる方法がやっとわかりました!

(今まで「どうしてうちのブログは写真が小さいんだろう?」と思っておりました・・・)

過去の記事の写真も順次大きく直して行きますので、

既読の記事もどうぞもう一度チェックしてみてくださいね!

  

  

 

« 2010年、明けましておめでとうございます | トップページ | 超小型の遠心機、みつけました »

おすすめ商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「RNAすいすい-P」(新製品):

« 2010年、明けましておめでとうございます | トップページ | 超小型の遠心機、みつけました »