2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の8件の投稿

2009年10月30日 (金)

すにっぷすいすい・・・ふたたび

ゲノムDNA塩基配列上にわずかに存在する塩基種の違いを
手軽に判定できるPCRマーカー(DNAマーカー)に変換するサービス
「すにっぷすいすい」について改めてご紹介します。

  

「すにっぷ」とはSNPs(single nucleotide polymorphisms)、

日本語で言えば「一塩基多型」です。

  

SNPsのタイピングは意外とやっかい。

高額機器が必要だったり、委託をするとべらぼうな金額を取られたり。

機械があっても、マーカー化には設計・合成などの手間がかかりますし、

ランニングコストも高額なことが多いのです。

  

そこで登場するのがこのサービスです。

①お客様から、「どこにSNPがあるか?」という情報と、

鋳型となるDNAを提供していただき、

②SNP部分の塩基種(だいたい二者択一)のどちらかのみが増幅するように

マーカーを設計し、

③特異性を実験で確かめる(グラジエントPCRで最適な条件を探す)、

という作業を行います。

  

OKなら、設計したマーカーをお客様にお届けして、ご研究に使っていただきます。

設計だけでなく、PCR条件検討まで行うのがポイントです。

  

ちなみにOKですと、グラジエントPCRの泳動像はこのようになります。

Photo_3 (上段が2つ目、下段が1つ目のアレル用プライマーを使用。

各ウェルには一つおきに1つ目、2つ目のアレルを持つDNAを

鋳型として使用したPCR産物をロード。アニーリング温度は右に行くほど高い。)

  

このようにして作成したPCRマーカーなら、

①    初期投資不要(PCRと電気泳動はどこのラボにもあります)、

②    ランニングコストも極めて安く(1U=10円のTaqでOK)、

③    機動力のあるタイピングができる、

と3拍子そろったSNPタイピングが可能になります。

  

さらに、お客様とのやりとりのなかで、

・        酷似した遺伝子を個別に発現解析するプライマーはできないか?

・       「3つ以上のアレルの識別」はできないか?

・        マルチプレックス化(共優性マーカー化)はできないか?

・        形質転換体のホモへテロ判定はできないか?

・        CAPSをより使いやすく改造できないか?

・        SNPを含むDNA多型を探すところからできないか?

・・・といったご要望があり、全てお応えしてきております。

 

生物種も、イネはもちろんのこと、果樹、昆虫、家畜、マウス・・・と

多岐にわたっています。

ゲノム解析が終わっていてもいなくても、SNPsは使えるのです。

 

ここで一句。

「SNPs(すにっぷす)、使いこなせば百人力。」

  

もっともっと、自由自在に活用していただきたいと思っています。

ご要望は遠慮なく、ご相談ください。

(大概のことはお引受けできると思います!)

  

くどいようですが、すにっぷすいすい、

アルファベット表記では SNPs-ici! です。

iciはフランス語で「ここ」。

ここにあるSNPを」「ここ(お客様のラボ)で」タイピングできる、

という意味を込めています。

すにっぷすいすい、どうぞよろしくお願いします!

  

ご依頼の際は、直接リーゾへご連絡ください。

(代理店経由のご契約も可能ですが、学術的なやり取りは研究者さまと直接させていただきます。)

  

すにっぷすいすいのご案内はこちらにもございます↓

http://rizo.co.jp/SNPs-ici.html

2009年10月28日 (水)

実演「RNAすいすい-S」

デンプンや糖類の多い組織からきれいなRNAが抽出できるということで

研究へのご採用が増えている「RNAすいすい-S」。

「使い勝手はどうなのか?」「実際どんなプロトコルで取れるのか?」

気になる方も多いと思います。

そこで今日は・・・

RNAすいすい-Sでイネ種子胚乳からRNAを抽出する

の実演をご覧に入れます。

  

①まずバッファー400μlを、1.5ml(2mlでも可)のエッペンチューブに入れます。

ちょっと臭いですが、RNAの分解を防ぐため、メルカプトエタノールを

3μlほど足しておくのがお勧めです(手早くやれば、なしでも大丈夫です)。

氷の上に置いて、冷やしておいてください。

  

Photo_6 ②サンプルを用意します。

イネ種子胚乳とは、要するにお米(精米)です。

これをひと粒(約20mg)アルミ箔の上に載せ、

(中央あたりにあります)

くるくると包み、ペンチなどでつぶします。

 

 

Photo_3 Photo_4

Photo_7 (液体窒素で凍らせながら、乳鉢で粉砕するのが本式ですが、今回は略式で。

品質はやや落ちますが、これでも十分取れます。

ビーズ式粉砕機をお持ちなら、バッファーと米とビーズを入れて粉砕することもできます)

  

 

 

 

 

  

  

Photo_8 ③つぶしたお米を用意しておいたバッファーに入れて懸濁します。

本品の場合、澱粉が溶解せず、バッファー中に分散した状態に

なります。 

核酸はちゃんと溶解していますのでご安心を。

 

 

 

 

  

 

Photo_9 ④添付の酸性フェノールすいすいを使って酸性フェノールを作ると、

赤紫色の酸性フェノールができます。

酸性フェノール200μlとクロロホルム150μlを加えたところです。

氷上に15分ほど置き、遠心します。

  

 

 

 

 

 

 

Photo_10 遠心後はこうなります。

赤紫の下層はフェノクロです。

粘性のない、さらさらした上層200μlを、ピペットマンで別のチューブに

移します。ここで欲張らないのも成功のコツです。

   

 

  

  

  

  

2_2 ⑤等量のイソプロパノールを加えたところです。

通常の抽出法では、ここでデンプンの「ダンゴ」が出現して

がっかりしますが、RNAすいすい-Sなら大丈夫です。

でもまだRNAは見えません・・・。

このままフリーザーで20分ほど冷やしたのち、遠心します。

  

 

  

  

  

Rna   ⑥液体を捨て、沈殿を残します。

チップの先に小さな沈殿があるのが・・・見えるでしょうか?

これがRNAです。

70%エタノールでリンスして、DEPC処理した水に溶解して出来上がりです。

 

 

 

  

  

  

Untitled1アガロースゲル電気泳動で確認すると、こんな感じです。

DNaseは含まれていないので、ゲノムDNAが少し残存します。

DNAを完全に除くには、やはりDNase処理をしてください。

(低価格実現のため、DNaseはつけていません。ご了承ください)

  

どうです?簡単でしょう?

所要時間は抽出だけだと1時間程度でした。

  

DNAすいすい-Sもだいたい同様の操作で使えます。

(お米からのDNA抽出の場合、フェノクロが不要なのでもっと簡単です)

 

こちらの「RNAすいすい-S」のご案内はこちらです。

http://www.rizo.co.jp/RNA-S.html

   

なお、シソ科植物など、ポリフェノールがRNA抽出を阻害するような材料の場合には、

RNAすいすい-P(ポリフェノールが多い植物組織向け)

http://www.rizo.co.jp/RNA-P.html

がお勧めです。

また、DNAの抽出には、

DNAすいすい-S(澱粉が多い植物組織向け)

http://www.rizo.co.jp/DNA-S.html

DNAすいすい-P(ポリフェノールが多い植物組織向け)

http://www.rizo.co.jp/DNA-P.html

DNAすいすい-R(ゼリー状物質が多いバラ科などの植物組織向け)

http://www.rizo.co.jp/DNA-R.html

をよろしくお願いします。

 

ご注文は、茨城・つくば地区は、東新株式会社つくば営業所 029-855-7960へ

それ以外の地域の方は直接リーゾへ、ご連絡ください。

(各地方の代理店様とお取引をさせていただいております。)

  

  

 

RNAすいすい-Sのご案内はこちらです↓

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/RNA-suisui-S.html

 

  

  

  

2009年10月26日 (月)

イグサDNA鑑定始めました③サービス紹介

(イグサ鑑定の話の続きです。初めての方は①背景②原理をご覧ください。)

今回は、リーゾでご提供しているサービスを紹介します。

  

イグサDNA鑑定は2コースご用意しています。

  

<1>レギュラーコース  税込 31,500円

ゲノム上の5箇所の違い(SSR、simple sequence repeat)について、

「ひのみどり」と比較します。

  

「侵害の疑いなし(「ひのみどり」ではない)」/「侵害の疑いあり」

のいずれの場合にも、正式に鑑定報告書を発行いたします。

現存の技術では侵害の疑いを否定できないレベルまで、

しっかり調べることになりますので、

育成者権を守る立場、侵害を取り締まる立場の方にお勧めしております。

  

<2>ライトコース  税込 15,750円

ゲノム上の1箇所の違い(SSR、simple sequence repeat)について、

「ひのみどり」と比較します。

  

1箇所でも異なれば「権利侵害の疑いなし」が確実となりますので、

輸入した(輸入予定の)イグサが権利侵害していないことをチェックしたい

イグサ輸入業の方などにお勧めしております。

ただし、②でも書きましたように、ライトコースで「ひのみどり」と同じタイプとなった場合、

正式な鑑定結果報告書は発行できません(FAXまたはメールによる速報のみ)。

どうしても「権利侵害の疑いあり」の報告書が必要な場合には、

差額のみのご負担にてレギュラーコースへのご変更をお受けしております。

  

<所要日数について>

DNA鑑定の所要日数は、「開始から5営業日」とさせていただいておりますが、

結果が早く出た場合には、5営業日を待たずにお知らせいたしております。

結果が出ますと、まずご希望の方法(メール、FAX、電話)で「速報」をお送りします。

その後、報告書を郵送いたします。

  

ビジネスにはスピードが重要です。

リーゾでは、お客様のスムーズなビジネスの一助となれるよう、

できるだけ早くDNA鑑定結果をお伝えすべく、最大限の努力を行っています。

  

<ご依頼の際は>

まずは029-852-9351にお電話ください。

サービスのご案内、規約、および鑑定依頼書の書式をお送りいたします。

(メールの場合はinfo@rizo.co.jp へご請求ください)

  

以上、イグサDNA鑑定サービスのご紹介でした!

  

  

イグサDNA鑑定サービスの詳細はこちらにもございます↓ 

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/Igusa-kantei.html

  

  

  

 

2009年10月23日 (金)

イグサDNA鑑定始めました②原理

(イグサ鑑定の話の続きです。初めての方は①背景からどうぞ。)

  

今回は、DNA鑑定の原理について説明します。

  

DNA鑑定は、一般的に、ゲノムDNA配列上にあるわずかな違いを探してきて、

比較対象となる品種(あるいは個体、サンプル)どうしでその部分を比較することにより、

どちらのタイプであるのかを決定するという方法で行います。

(ちなみに「ゲノム」とは遺伝子geneと染色体chromosomeの合体語で、

ある生物が生活環をまっとうするのに必要となるひとそろいのDNA、

などと説明されます。)

  

「わずかな違い」は、例えば一塩基置換(文章で言えば誤植のような感じ)や、

繰り返し配列の繰り返し回数の違い、

あるいは一部が抜けている(逆から見れば余計なものが入っている)、

などの形で見つかります。

  

イグサの「ひのみどり」と「それ以外の品種」の間にも、このような違いが複数あるので、

その部分をコントロールと比較すれば、どちらのタイプなのかがわかります。

具体的には、polymerase chain reaction(PCR)という反応を行って、

「違い」のある部分だけを何百万倍にも増やし、

アガロースゲル電気泳動で増幅した断片の長さと本数を調べます。

「ひのみどり」では1本、「それ以外」では2本の断片が出てきますので、

それで判定できるわけです。

  

ここで難しい問題があります。

「ひのみどりではない」という判定は、たった1箇所を調べるだけで、

確実に下すことができます。

1箇所でもDNAの配列が違えば、(たとえ「ひのみどり」にものすごく近い品種だとしても)

「ひのみどりとは違う」と言い切れるのです。

  

ところが逆に、「これはひのみどりです」という判定は、

どこまで調べても確実に下すことはできません。

 

しかし、そうもいっていられないため、現実的な対応として、

ゲノム上の5箇所を調べて全て「ひのみどり」と同じタイプであれば、

「ひのみどりであると強く疑われる」という結果を報告することになっています。

  

実際には、「ひのみどりではない」ことを低コストで確認したいというケース

(主に畳表・乾燥イグサの輸入・製造・販売業の方など)と、

育成者権を守るため、怪しいイグサについてしっかり検査したいというケース

(主に日本国内の生産者や税関関係者の方など)と、

DNA鑑定が必要な立場は、大きくふたつに分かれます。

 

リーゾでは、どちらの立場のお客様にも対応させていただいています。

次回は、お客様のニーズに合わせたサービスのご紹介をします。

(以下③に続きます!)

   

イグサDNA鑑定サービスの情報がお急ぎ必要な方はこちらをご覧ください↓ 

http://www.rizo.co.jp/igusa-DNAkantei.html

  

  

  

2009年10月22日 (木)

イグサDNA鑑定始めました①背景

今月から、「イグサDNA鑑定サービス」を開始しています。

「イグサって何?」と思われるでしょうか?

イグサとは、「畳」の原料となるイネ科の植物で、漢字では「藺草」と書きます。

 

イグサでなぜDNA鑑定が必要なのか、今回はその背景をご説明します。

  

イグサの中に、「ひのみどり」という優良な品種があります。

熊本県が育成した品種で、茎が細く、着花(花痕)が非常に少なく、

変色茎もほとんど見られないという特徴があり、とても品質の良い畳ができる品種です。

熊本県にはイグサの栽培農家がたくさんあり、現在の国内生産の8割以上が、

実は熊本県内で栽培されています。

日本の畳は、熊本の品種と熊本の農家が支えてくれているのです。

 

ところが、この「ひのみどり」がこっそり外国に持ち出されて大量に栽培され、

それが日本に安く輸入されてしまう、ということが起こり始めました。

これは違法行為ですが、きちんと取り締まる体制ができる前には、

自殺者まで出る大問題に発展したそうです。

 

繰り返しますが、これは違法です。

正確には「種苗法に基づく育成者権の侵害」となり、

輸入したイグサが「ひのみどり」と判明すると、

かなり重い刑事罰を課せられることになります。

現在は、きちんと取り締まる体制が作られています。

  

ところがそうなると、今度は「善意のイグサ輸入業者」が不安に襲われることになります。

間違って(あるいはだまされるなどして)うっかり「ひのみどり」を輸入してしまうと

大変なことになってしまうからです。

法人の場合3億円以下の罰金ですから、下手をすると会社がつぶれてしまいます。

 

そこで・・・「DNA鑑定」が登場するわけです!

(以下②に続きます)

  

イグサDNA鑑定サービスの情報がお急ぎ必要な方はこちらをご覧ください↓ 

http://www.rizo.co.jp/igusa-DNAkantei.html

 

  

  

 

2009年10月15日 (木)

創業塾 修了しました

またまた早くも1週間経ちました・・・。

台風もきたし、連休もありましたしね(言い訳)。

  

さて、週1回、5日間にわたり受講させていただいた創業塾、昨日修了しました。

Photo ちゃんと5回とも出席したということで、

修了証、いただきました。

修了式では、代表して受け取らせていただいたんですよ。

(申し込みが一番早かった人、ということで・・・)

ちょっと緊張しました。

  

今回は、商工会と、日本政策金融公庫の説明を受けたあとで、

いままでの講座で学んだこと、演習の中で作成した事業計画などをおさらいし、

お互いに発表し合い、厳しいつっこみを入れあう、ということを行いました。

弱点があるなら、事業を始める前につぶしておくにこしたことはなく、

この段階での批判はありがたいことなんです。

おそらく皆さん(自分もですが)、受講前に考えていたプランが練り直され、

かなり成功率の高いプランに生まれ変わったのではないか・・・? と思います。

 

この創業塾は、主に「創業前」の方が対象で、

わたしは「創業間もない」の稀有なケースだったわけですが、

実際に事業を始めていたからこそ、講義の内容がきわめて深ーく理解できる、

といえたように思います。

  

自分たちが迷いつつ歩いてきた道が、ほぼ間違っていないと確認できたこと、

まだ知らなかったこと、するべきなのにしていなかったことが明らかにできたこと、

などなど、得たものは大きいです。

・・・というわけで、個人的には創業したての方にこそ、お勧めしたいです。

  

受講生の皆さんは、修了後に近くのファミレスで打ち上げ(雑談会)に行かれました。

子供を迎えに行かねばならぬ身、泣く泣く帰った次第ですが・・・

これから先は「経営者仲間」になる皆さん、

これからもお付き合いを続けていきましょうね! 

GOOD LUCK!

  

そして講師の先生方、茨城県商工会の皆さん、ありがとうございました!

これからもリーゾを応援してください。

   

ちなみにリーゾってこんな会社です↓ 

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/  

  

  

2009年10月 8日 (木)

創業塾 4回目

もう1週間経ってしまいました。

(ブログの更新が滞っているだけですが・・・)

 

創業塾、4回目です。

今回は、「資金繰り」と「販促」をテーマに学んできました。

  

「資金繰り」っていうと、「苦しい」と続きますよね。

あまり近寄りたくないイメージです。

が、そうも言っていられないので・・・

勇気を出して勉強してみました。

  

「資金繰り表」を、ちゃんと作れば恐れることはない、ということはわかりました。

が、作るの難しいんです!!

数字が苦手ってこともあるのですが、それだけではなくて、

「予想値」を積み重ねて計算するため、その通りになる可能性ってほとんどない・・・。

ので、「実測値」と随時置き換えて、修正しながら使うのが正しいようです。

  

企業にとっては健康状態のバロメーターともいえるものです。

厳しい経済環境下で生き残るための、頼もしいツール、といえそうです。

 

「販促」に関しては、結局のところ、

 ・相手=「必要としている人(でもそれに気づいていなかったりする)」に、

 ・情報=「あなたにはこうなるとうれしいでしょ?」というメッセージを、

 ・きちんと届けること、

それに尽きるようですね。

  

じゃあそれをどうしたらいいの?ということに関しては、

長くなるので省略します(お問い合わせ歓迎です!)。

 

休憩時間に、リーゾのチラシも見てもらい、ダメ出ししてもらってきました。

「なるほど!」とうなってしまう、プロのアドバイス。さすがです。

  

会場となっPhotoているホテルグランド東雲、帰りがけに外観を撮ってきました。

台風近づいてます(この時点で)。

雨の夕暮れも、いい感じです。

  

 

会社のHPにも、遊びに来てくださいね。

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/  

  

  

2009年10月 1日 (木)

創業塾 3回目

シルバーウイークも終わり、本格的に「秋」ですね。

日が落ちるのが本当に早くなりました。

リーゾが事業を開始してからちょうど半年になります。

あっという間だったような、でも密度の濃い半年でした。

年度の後半はさらに充実できるよう、気を引き締めて参ります。

  

さて、創業塾も3回目となりました(全5回)。

Photo 会場となるホテルグランド東雲、

今日は日本庭園を望むラウンジの写真を撮ってきました。

ランチ時にはかなりにぎわうほか、

デザートバイキングも人気があるようです。

http://www.hg-shinonome.co.jp/

  

今回は、

「マーケティング計画を作ろう!~マーケティングの基礎を学ぶ~」

「資金計画・収支計画(その1)を作る」

ということでしたが、実際にはマーケティングの講義・演習に大部分の時間を費やし、

お金については次回に詳しく、ということになりました。

マーケティングって、市場調査のこと?くらいの認識だったのですが、

実はマーケティングとは「市場創造のための総合的活動」、すなわち

「売上を上げるためのしくみ」なのだそうです。

講義内容全てご紹介したいところですが、

面白いと思ったことをいくつかご紹介します。

  

1)チラシに「気軽にお問い合わせください」と書いても問い合わせは来ない。

(確かに・・・やっちゃってました、これ。ではなんと書いたらいいのでしょう? 

その答えも聞きましたが、内緒です!)

2)ロジカルコミュニケーション(で作成した文章)が販促ツールの基本

「お客様の現状」→「なりたい将来」→「そうできない理由」→「解決策(自社製品)」

の流れで説明すると、非常にわかりやすい。

なるほど、確かにそうです(実際に二人組でやってみて実感)。

3)販促ツールのツボ

 チラシは「削る」・・・訴えたい特徴を1点に絞る。チラシの目的はHPへの誘導。

 ホームページは「加える」・・・情報をたくさん盛り込む。人は情報が多い方から買う。

 ダイレクトメールは「売らない」「ほめる」

    ・・・「あなたは特別なお客様です」とアピールする。

確かに、愛用しているサイトやお店の販促ツールはそうなっている気がします。

     

演習として、「4P分析」「マーケティング戦略書の作成」を自分の(やろうとしている)

ビジネスで行い、グループで発表、討議しました。

皆さんいろいろなビジネスアイデアをお持ちで、勉強になりました。

リーゾのビジネスについても、いろいろと参考になるご意見をいただきました。

  

次回は「収支計画」「販促」を学びます。

(次回の講師は糸井重里のお弟子さんで、コピーライティングのプロだそうです。

リーゾにも何か考えていただけるかも?)

  

会社のHPはこちらです。

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/  

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »