2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の4件の投稿

2009年7月22日 (水)

DNAすいすい-S

リーゾのオリジナル研究試薬第一弾「DNAすいすい-S」のご紹介です。

Pict8676

********************

DNAすいすい-S

DS-0001N

170ml(420回分)入り

定価 21000円(税込)

********************

 

「DNAすいすい-S」の「特長」は3点あります。

  

① お米など、デンプンが多い試料からDNAが取れます!

穀類の種子(食べる部分)やお芋など、デンプンが多く含まれる植物組織から

DNAを抽出するのは難しいとされています。

なぜなら、細胞の中からDNAを溶かしだそうとすると、

デンプンも溶けて糊のようになってしまう(糊化する)からです。

糊化したデンプンはDNAと似た挙動を示すので、最後まで一緒に残ってしまい、

ねとねとのDNA溶液が取れてしまうのですね。

ねとねとを取り除こうとがんばればがんばるほど、DNAもなくなってしまいます。

「DNAすいすい-S」では、デンプンの糊化を抑えつつ、DNAを溶かしだすことに成功。

デンプンが多い試料からでも、十分にきれいなDNAが抽出できます。

  

② ステップ数が少なく、迅速で手軽です!

溶液に、ペンチなどでつぶして粉にした試料を入れ、遠心して、

上清をエタ沈すれば終了。

思い立ったら1時間以内にDNAを手にできるので、

フットワークの軽い実験ができます。

もちろん、96ウェル形式での多検体処理も簡単です。

  

③ 炊飯米など、加工品からもDNAが取れます!

加工条件や試料の状態にもよりますが、

多くの穀類加工品からのDNA抽出に成功しています。

遺伝子組換え検査、品種特定検査など、食の安全のためのDNA検査に利用できます。

この「DNAすいすい-S」420回分、170mlで定価21000円(税込)で販売しております。

  

また、「DNAすいすい-Sで、こんなものからもDNAが取れる?」

といったご質問・ご相談も歓迎しています。

試料が入手できる限り、リーゾの研究員が代わりに試してご報告いたします。

どうぞよろしくお願いします!

 

DNAすいすい-Sのご案内はこちらにございます↓

http://rizo.co.jp/DNA-S.html

   

リーゾのHPはこちらです↓

http://rizo.co.jp/

 

 

 

2009年7月17日 (金)

お仕事してます

リーゾでお借りしている温室の、植物育成用のプールで、「ぼうふら対策」のお仕事を担当している仲間をご紹介します。

Nec_0045 Nec_0047

らんちゅう(左)とオランダ獅子頭(右)です。

計200匹くらいいます。

天然のえさ(コケ、藻、ぼうふらなど)だけを食べて

健やかに成長しています。

もちろん蚊の発生はゼロ。しっかりお仕事してくれてます。

ただいま色変わり中。今後が楽しみです。

大きくなったら、ご希望の方にお分けしますね。

会社のHPはこちら↓

http://rizo.co.jp

2009年7月13日 (月)

すにっぷすいすい

リーゾの最初のビジネス、「すにっぷすいすい」についてご紹介します。

「すにっぷ」とは、ゲノムDNAの塩基配列上にわずかに存在する、塩基種の違いのこと。

例えばおなじみのお米どうしでも、あきたこまちとコシヒカリでは、

10000文字に2文字程度の違いがあります。

この「すにっぷ」、英語で書くと「SNP」ですが、

違いがどこにあるかがわかっていても、

どちらのタイプなのかを調べるのは意外とやっかい。

そこで登場するのがこのサービスです。

①お客様(研究者のみなさま、研究対象の生物はいろいろ)から、

「どこにSNPがあるか?」という情報と、扱っている生物のDNAを提供していただき、

②SNP部分の塩基種(だいたい二者択一)のどちらかのみが増幅するように

マーカーを設計し、

③ほんとにそうなるかどうかを実験で確かめる、

という作業を行います。

OKなら、設計したマーカーをお客様にお届けして、ご研究に使っていただきます。

研究者の方にはきわめて身近な「PCR」と「電気泳動」で判定できるマーカーを

お届けするこのサービス、たいへんご好評をいただいています。

大量にSNPをタイピングする系は、お金さえかければいくらでもありますが、

小回りよく低コストで使える方法は意外とありません。

研究者の方にもなんとなく敷居が高いSNPsですが、使いこなせれば百人力。

もっともっと、自由自在に活用していただきたいと思っています。

蛇足ながらすにっぷすいすい、アルファベット表記では SNPs-ici! です。

iciはフランス語で「ここ」。

「ここにあるSNPを」「ここ(お客様のラボ)で」タイピングできる、

という意味を込めています。

すにっぷすいすい、どうぞよろしくお願いします!

すにっぷすいすいのご案内はこちらにもございます↓

http://rizo.co.jp/SNPs-ici.html

 

2009年7月 8日 (水)

こんにちは

こんにちは。

つくばの小さなバイオベンチャー「株式会社リーゾ」のスタッフブログです。

イネゲノム関連の研究に携わってきた、まだ若い?女性研究者が

2009年1月に立ち上げた小さな研究開発会社です。

なにしろお金がない!中でのスタート。

起業に関わるほとんどすべてを自力でこなしながら、

初めての会社経営に奮闘の日々です。

小さな会社の内外で起こるドタバタや、

超貧乏ラボだからこその実験裏テクなど、

気軽に読めるエピソードをご紹介していけたらと思います。

お暇なときに、ときどきのぞいていただけたらうれしいです。

どうぞよろしくお願いします!

*会社のHPはこちらです↓

http://members3.jcom.home.ne.jp/rizo.inc/

 

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »